[ばべるばいぶる]

真理子の聖書日記


このサイトを作りながら、聖書を読みながら真理子が考えたことです。
真理子修道会の修道女/修道士の方のみ書き込むことができます。

掲示板運営方針(必読)


twilog
お名前 :
メールアドレス :
題名 :
内容 :
修道会ID :
修道会パスワード :
    再表示  初期表示(最新投稿から30件ずつ)


検索語 :
検索語[] ヒット数476

[212] 知恵の書10章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/17(金) 11:44:17 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=wis&chapter=10&mode=0
 昨年度の記事は[0:703]
 ここからしばらくはイスラエルの歴史が続きますが、神と書くべきところを知恵と書いているのが特徴です。前回([191])書いたように、神様が本来持っていたさまざまな特徴のうち、男性のイメージとしてとらえられた神様のイメージからこぼれ落ちてしまった特徴を「知恵」という形で結実されているんだと思います。

[211] イザヤ書51-55章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/17(金) 11:39:39 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=isa&chapter=51&mode=0
 昨年度の記事は[0:504]
 やっぱりこの部分は、「苦難の僕」を書くしかないかしら。
 53章の苦難の僕は、別にイエス様のことととる必要はなく、一般的に他人の罪を背負って犠牲になる人の姿ととっていいと昨年書きました。もちろん、一般的に他人の罪を背負って犠牲になる人だってことは、その代表であるイエス様ととってもいいんですけどね。
 じゃもともとは誰のことを想定していたんだろうと思うんですけど、その次の54章を読むと、イスラエルの民が栄えることが書かれているので、イスラエルの民全体がそうだと言ってるんじゃないでしょうか。神に選ばれたはずのイスラエルの民がなんでバビロン捕囚のような苦しみにあうのか、それは全人類の代表として、人々の罪を背負って苦しめられているのだ、と言っているようです。

[210] 2ニフ21章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/16(木) 10:02:54 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ne&chapter=21&mode=0
 まだまだ続くイザヤ書引用。今日は11章です。エッサイの幹っていうのはダビデの家系ということ。ダビデのお父さんの名前がエッサイですから。だからここも、救い主メシアがダビデの家系から出るという予言とされ、そんなわけでイエスがダビデの家系だということをマタイやルカは捏造しなきゃいけなくなったわけです。

[209] トビト記10章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/16(木) 09:59:42 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=tob&chapter=10&mode=0
 昨年度の記事は[0:411]
 昨年も書いたけど、アブラハムのしもべといい、トビヤといい、帰りを急ぎすぎるのよね。花嫁側の事情ってもんもあるでしょ?
 まあそれにしても、昔は相手の顔も知らずに、ある日突然「お前は結婚するんだ」と言われてすぐに相手の家へ行くなんて当たり前のことだったので(日本だって戦後しばらくまでそうだったもの)、お父さんラグエルおよび花嫁サラは、相手の顔を見てからお嫁に行っただけでも有難いってとこなのかしら。花婿の家にとつぐより先にエッチをしちゃったっていうのも、今で言ったらデキ婚的なスピード違反(韓国語ではデキ婚のことを「スピード違反結婚 속도위반 결혼」)というらしいし。

[208] ヨブ記19-20章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/16(木) 09:46:53 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=job&chapter=19&mode=0
 昨年度の記事は[0:500]
 リビングバイブルのヨブ記もあわせてお読みください。
http://www.biblica.com/uploads/pdf-files/bibles/japanese/ot/job.pdf
 昨年も書いた、ヨブ19:25の「わたしは知る、わたしをあがなう者は生きておられる」という有名な言葉は、ヘンデルの『メサイア』の第三部冒頭のアリアにも使われています。
 さて今年は、ヨブ19:3
  口語訳:あなたがたはすでに十度もわたしをはずかしめ、
  新共同訳:侮辱はもうこれで十分だ。
と並べてみると、新共同訳ってけっこうリビングバイブル的に意訳をしているんですね。ちなみに、幻の共同訳でもここは新共同訳と同じです。
 「十度も」が「十分」に変わったのを見ると、十が共通してるのは日本語の事情じゃないのかって欲っちゃいますが、ここの原文はエセル・ペアーニームで、ホントに「十・回」なんです。
http://interlinearbible.org/job/19-3.htm
ただし、十という数字に意味はなく(実際ここまでで友人たちの論難は第一ラウンド3回の第二ラウンド2回で5回しかありませんから)、「たくさん、何度も」程度で使ってます。同種の使い方が、
  創31:7十度もわたしの報酬を変えた。
  創31:41あなたは十度もわたしの報酬を変えられました。
  民14:22このように十度もわたしを試みて
(いずれも口語訳)にあります。新共同訳はこの3箇所では十回/十度などとしているのに、ヨブ記だけ意訳をしています。担当者が違うんでしょう。
 なお、意訳で有名なリビングバイブルは、「もう十回も、わしが罪人だときめつけた」と、意訳してないのが面白いです。

[207] 2ニフ20章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/15(水) 09:12:14 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ne&chapter=20&mode=0
 まだまだ続くイザヤ書の引用。今日は10章です。

[206] 1マカ10章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/15(水) 09:10:07 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1ma&chapter=10&mode=0
 昨年度の記事は[0:574]。あんまり追加・変更することもないのでそのまま転載しちゃいます。
 セレウコス朝シリアのほうは新しく即位したアレキサンドルと、デメトリオとの間で内戦状態になっています。両者ともユダヤのヨナタンと友好的な関係になろうとしますが、ヨナタンのほうはアレキサンドルを選び、デメトリオと戦います。激しい戦いの末、デメトリオは戦死、アレキサンドルはエジプトと友好関係を結び、エジプト王プトレミオの娘クレオパトラと結婚をし、その宴会にヨナタンも招かれます。
 前にも言いましたけど、エジプトの王朝って、男はみんなプトレミオ、女はみんなクレオパトラという名前で、まぎらわしいですね。もっとも名前で迷うことがないのでラクかもしれませんけど。
 一方、それから3年すると、戦死したデメトリオの子のデメトリオ(こちらも同じ名前!)が挙兵。アポロニオという将軍を使ってヨナタンと戦います。これも激しい戦いの末にヨナタンが勝ち、アレキサンドルはますますヨナタンに栄誉を与えます。

[205] 詩編27-29編 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/15(水) 09:02:51 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=psa&chapter=27&mode=0
 昨年度の記事は[0:499]
 今日も動画の時間です。

●27編
 どんな不幸や苦難があっても神を信頼して恐れず進む、神様への信頼の力強い祈り。交読文にも採られています。
 まずはNava Tehila - Lach Amar Libi。これは8節前半『あなたは仰せられました、「わが顔をたずね求めよ」と』をヘブライ語で (Psalm 27)歌っています。

(http://www.youtube.com/watch?v=K8twcWsjXbI)
 Shekinah Glory Ministryという宣教団体の歌と踊り

(http://www.youtube.com/watch?v=zvCqxvZZQyU)
 kinotoriさんの動画

(http://www.youtube.com/watch?v=ojdbFw0RcIQ)

●28編
 神様に向かって、黙っていないで祈りをきいてくれと求めています。
 ヘブライ語の朗読

(http://www.youtube.com/watch?v=ROxPtS5WNlI)
 kinotoriさんの動画

(http://www.youtube.com/watch?v=1P5wlVx4iZQ)

●29編
 民に神様を拝めと呼びかけています。これも交読文に採られています。
 1-4節に独自の歌詞を加えて作った曲we fall down

(http://www.youtube.com/watch?v=bFz0cew8ths)
 Havu LaAdonai (Ascribe to the Lord)。1-2節をヘブライ語で歌っています。

(http://www.youtube.com/watch?v=oEJRlnooP2o)
 kinotoriさんの動画

(http://www.youtube.com/watch?v=6tgjV8DuI4w)

[204] 2ニフ19章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/14(火) 13:04:34 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ne&chapter=19&mode=0
 長々としたイザヤ書引用がまだ続きます。今日のところはイザヤ書9章と同じ。ここもインマヌエル予言と同じくイエス様のことを予言したところと言われています。

[203] シラ書10章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/14(火) 13:02:25 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=sir&chapter=10&mode=0
 昨年度の記事は[0:776]
 一番最後の「金持ちでも見くびられる者は貧しければなおさらだ」なんて爆笑しちゃいますよね。
 ところで3節の「教養のない王は民をだめにするが、役人が聡明ならば町は住みやすくなる」。官僚が跋扈するのもどうかと思いますが、平成のムッソリーニ橋下徹の暴れぶりを見てると、大阪はダメになるな、国政に出てくるなら日本ももうおしまいだと思います。今日のしんぶん赤旗によれば、
----------

橋下市長が思想調査

全職員対象「政治家応援活動したか」

大阪


 橋下徹大阪市長が全職員を対象に、「労使関係に関する職員のアンケート調査」という名で思想・良心の自由をふみにじる憲法違反の思想調査を実施していることがわかりました。これに対し、労組、民主団体、法律家から中止を求める声が上がっています。

「業務命令」で回答強制

 同調査に付された橋下市長名の文書は、わざわざ「任意の調査ではありません。市長の業務命令」であり「正確な回答がされない場合は処分の対象となりえます」としています。

 この文書は、9日付でだされ、回答期限は16日です。調査は22項目。氏名の記入のうえ、「特定の政治家を応援する活動(街頭演説を聞いたり、知り合いの住所を知らせるなどを含む)に参加したか」と問い、参加の場合は自分の意思か、誘われての参加か、誘われて参加した場合は誘ったのは組合か、組合以外の者か、誘った人、誘われた場所や時間帯まで記入するように求めています。

 「特定の政治家に投票するよう要請されたことがあるか」「いわゆる『紹介カード』を配布されたことがあるか」との質問も。要請や配布されたことがある場合、要請・配布した人、要請場所・時間を答えさせます。

 さらに、「紹介カード」を「受け取った」と回答した者に対し、返却したのかどうか、そのさい情報を記入したのかしなかったのか、情報を記入した人はなぜ記入したのかの理由を書かせます。

 インターネットサイトでの回答方式になっており、回答したくない項目を飛ばそうとしても、次に進めない仕組みになっています。

 橋下市長は、職員が自らの「違法行為」について真実を報告した場合、懲戒処分の標準的な量定を軽減するとして、「自白」や「密告」を強要しています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-02-14/2012021401_01_1.html
----------
 新聞のサイトってすぐに記事が消されちゃいますのでここにコピーしておきました。

[202] ルツ記 (全) 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/14(火) 12:53:42 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=rut&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:498]
 ルツ記の情報については昨年度の記事を見てください。最後のほうで「おばあさん」って書いたのは間違いで「ひいおばあさん」ですね。
 ユダヤ教聖書では諸書のメギロートに入ってるわけですが、キリスト教聖書のこの順番もあながち不当ではありません。なぜならルツ記はもともと士師記の末尾に入っていたものを分離したという説もあるからです。実際、士師記の最後は士師の話がなく、この時代の陰惨なエピソードがいろいろ掲載されています。そのうちの一つだったわけです。
 この話は昨日読んだタマルの話と同様に、レヴィラート婚、つまり子がないまま夫に先立たれた女は、夫の弟と結婚して子をもうけて、その子に死んだ夫の家系を継がせるという話がからんできますが、タマルの話と同様に、ルツの場合もレヴィラート婚になっていません。なぜならナオミの子は二人とも死んじゃったわけですから。むしろ話のポイントは、3章で強引にエッチをしてしまう相手のボアズです。ルツ3:9の口語訳聖書は「あなたは最も近い親戚です」、新共同訳は「あなたは家を絶やさぬ責任のある方です。」となっていますが、新改訳「あなたは買い戻しの権利のある親類ですから。」、新世界「あなたは買い戻しをされる方なのですから」、関根「あなたは贖い手だからです」のように、たとえば家族の誰かが奴隷となったときにカネを払って買い戻してあげるという制度があり、ゴーエル制と呼ばれます。この制度からの連想で、親戚のあなたが引き取らなきゃダメよというので、強引にエッチをさせてしまったというわけです。
 ルツ記は「非常に美しい物語」と言われていますけど、本来仲が悪いはずのしゅうとめと嫁が仲がいいからなんでしょうか。実際にやってることはかなりしたたかで、女性の強さを感じます。

[201] 2ニフ18章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/13(月) 13:27:09 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ne&chapter=18&mode=0
 イザ8と同じです。1節と4節に出てくる呪文のような言葉は、新共同訳のイザヤ書では(分捕りは早く、略奪は速やかに来る)と訳されています。つまり命名の理由が4節に書かれているわけです。

[200] 詩歌10章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/13(月) 13:19:19 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=ode&chapter=10&mode=0
 イザ5:1-9と同じです。
 ということは、先日読んだ2ニフ15:1-9とも同じです([186])。
 神様がせっかくいろいろしてくれてるのに、民が悪いもので、必ず滅ぼしてやろうと言ってます。
 7節の「公平を望まれたのに、見よ、流血。正義を望まれたのに、見よ、叫び」というところは、公平がミシュパート、流血がミスパーハ。正義がツェダーカー、叫びがツェアーカーというのでシャレになっています。新共同訳ではちゃんとそのことを書いてあります。

[199] 創世記36-39章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/13(月) 13:05:15 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=gen&chapter=36&mode=0
 昨年度の記事は[0:496]
 ヤコブの物語が一段落してヨセフの物語になりますが、ヨセフ物語の途中に強引に割り込んでいる38章の話だけします。
 ヤコブの12人の息子のうちユダは子を残すのに苦労します。ホントは他の息子もいろいろあったのかもしれませんが、北王国滅亡(10部族消滅)→南王国の存続→バビロン捕囚→実質的にユダ族のみになる、というプロセスを経て編纂された聖書はユダ族を中心に書きますので、ユダの家に起こったことを詳しく書いているのかもしれません。
 ユダには3人の子がいましたが上の2人(エル、オナン)は次々と死にます。エルの妻タマルは、エルが死ぬとオナンに嫁ぎます。
 レヴィラート婚といって、子がないまま夫に先立たれた女は、夫の弟と結婚して子をもうけて、その子に死んだ夫の家系を継がせるんですね。オナンはそれがイヤだったみたいで膣外射精して神様の怒りに触れて死にます。これがオナニーの語源ですが、もともとは膣外射精だったので自慰をしたわけではありません。だから私はオナニーって聖書をよく読まない和製語なのかと思ったら英語の辞典にもちゃんと載ってますから、キリスト教国でも間違っちゃったんですかね。
 あ、そうだわ。ひょっとしてオナンは「お前とはセックスしてやらん」と言ってタマルを抱かずに目の前で自慰しちゃったのよ。そういう生々しい話は聖書にかけないんで詳しく書いてないだけよ。そうだわ、そうに違いないわ。見せつけオナニーなんて女の気持ちがわからない最低の男ね。最近私はフェミニズム神学に傾倒してるので、こういう話は女が被害者ということにしてしまいますわ。
 元にもどります。本来ならばタマルはエルやオナンの弟シラと結婚するはずだったんですが、それはダメってことでタマルは父ユダの家で飼い殺しにされてしまいます。シラが幼いというのはたぶん口実。子作りくらいはできる年だったのでしょう。実際にはシラまで死んじゃ大変だというのでけ結婚させてもらえなかったのです。タマルは不吉な女とされたようです。
 そこでタマルは神殿娼婦のふりをしてユダを誘惑してセックスしてしまい双子をもうけます。このうちぐずぐずして出てこなかったペレヅの家系がメインになり、ここからダビデやソロモンも出、イエス様も出るわけです。
 ちなみに先に手だけ出したゼラと、全身が出たペレヅのどっちが兄でどっちが弟と認定されたかは、ヘブライ語のアハというのが英語のbrother同様に兄も弟も指すのでよくわかりません。口語訳はゼラを兄としてますが、たいていの訳はどっちも「兄弟」と書いてごまかします。韓国語もそうです。中国語(和合本)はペレヅを「哥哥」(兄さん)と書いてるので口語訳と逆ですね。代上2マタ1はペレヅを先に書いているので、たぶんペレヅが兄さんなんでしょうね。
 ところで、クル4:23によれば、息子の嫁とは結婚しちゃいけないみたいなんで、イスラム教的にはこういう結婚はダメです。もっともその前の節で「過ぎ去った昔のことは問わないが」と書いてあるので、昔はこういうのはよくあったんでしょうね。
 なお、ペレヅ、ゼラ、それから幼いという口実で結婚させてもらえなかったシラは、それぞれ子孫をもうけ、ユダ族の中のペレヅびと、ゼラびと、シラびとという支族を形成します(民26:20)。シラの妻が結局だれになったのかはよくわかりません。タマルかもしれないし、別の女かもしれないし。
 以上、娼婦に化けるという強引なやり方で自己の地位を守った強い女タマルの話でした。

 ちなみに明日読むルツ記では、この話とよく似た話が出てきます。

[198] 2ニフ17章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/12(日) 09:40:21 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ne&chapter=17&mode=0
 金土にクルアーンを読んでまたモルモン経に戻ってきました。ここまでのあらすじをまとめておきましょう。
 ユダ王国の末期に王国の滅亡を予言して迫害されたリーハイは、一族をつれて荒野に逃げます。4番目の息子ニーファイはいろいろな困難にあいながらも荒野を抜けて、船を作って約束の地(アメリカです)に移ります。ここで、ニーファイにずっと反対し続けてきた兄のレーマン率いる人々とその子孫がレーマン人となり、ニーファイの系統の人々とその子孫がニーファイ人となります。ニーファイ人は別の場所に移り住み、そこに神殿を立て、5番目の子ヤコブを祭司にします。
 このヤコブの説教が延々続いていて話が進んでおりません。しかもずっとイザヤ書を引用し続けています。今日はイザヤ書7章とまったく同じです。
 この話は「南北の王名を覚える歌」
http://www.babelbible.net/mariko/bib.cgi?doc=kings&course=bib
の表を見てください。南はアハズ王、北はペカ王。このとき北王国はスリヤ(アラム)と組んで南を攻めたのですが、その話をここでしています。8節のエフライムというのは北王国のこと。まもなく破れるというのは当たりましたが、65年どころか10年ちょっとで的中しちゃいます。もちろん北王国を滅ぼしたのはここにも書かれているアッスリヤ(アッシリヤ)です。
 ここで有名なインマヌエル予言、キリスト教によってイエス・キリスト誕生の予言とされているものもありますが、見てのとおり北王国がまもなく滅ぶというのを「子供が生まれて成長しないうちに」という言い方で表現してるだけのことです。

[197] 3イミ9章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/12(日) 09:30:43 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=3ic&chapter=9&mode=0
 3イミ(初めて読む方へ。イミタチオ=キリストにならいて=という14-15世紀ごろの本の第3巻のことです)は、キリストが直接信者に語りかけたり、それに対して信者が答えたりする形になってます。この9章は全部がキリストのセリフです。だから「わたし」と出てくるのはキリストです。
 すべてのものはキリスト=神が与えたのだから、キリストに帰しなさいと言ってます。「帰す」というのは、「キリストが与えてくださったもので、もともと自分のものではないと認識する」ということです。
 だから、これこれの能力は私が自分で努力してかちとったのだとか、だれだれ先生から教えてもらったのだと思わないこと、というわけです。もしそう思ってしまうと、自分をおごる心が現れたり、世間の人やモノやカネを追い求めるようになって心が休まらないのです。

[196] 1コリ1-2章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/12(日) 09:21:54 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1co&chapter=1&mode=0

 昨年度の記事は[0:494]
 コリントの位置について昨年は文章でいろいろ書きましたけど、聖書地図
http://www.babelbible.net/map/map.cgi
で調べてくださいね。ほら、ちゃんとボールを蹴ってるでしょ? そのボール側の町です。
 [26]でパウロの書簡の順序を書きましたが、1コリまでのパウロの歩みをまとめておきましょう。
 パウロの年表は次が便利です。
http://www.asahi-net.or.jp/~zm4m-ootk/pauronenpyou.html
 こういう年表もちゃんと自前で用意しなきゃダメね。のんびり作るわ。
 もともとパウロは熱心なユダヤ教徒で、キリスト教(ないしユダヤ教キリスト派)を迫害していましたが、劇的に回心してキリスト派になります。そしてしばらくはアンテオケの教会で活躍、先輩信徒のバルナバに連れられて第一回宣教旅行に出かけます(AD47-48)。異邦人の信者が増えてくると、正式にユダヤ教に改宗して割礼をしないと救われないと主張する人々が出てきたのでパウロとバルナバはそれに反対、48年のエルサレム使徒会議で、ユダヤ教への改宗は不要ということになります。しかし異邦人との共卓(一緒に食事をすること。なにしろ礼拝の聖餐だってそうですからね)に反対する保守派との間で煮え切らないペテロと激しく対立、これがアンテオケ事件です(AD49)。これ以後パウロは単独行動をするようになり、第二回伝道旅行に出かけます(49-52)。そこで滞在したテサロニケに伝道が終わった後に送ったのが1テサ。これが最古の手紙です。これを読むとパウロが当時何をふれまわっていたかがわかりますが、それは1テサを読むときに見ましょう。
 そして息つくまもなく第三回伝道旅行に出かけます(53-56)。ガラテヤを経てエペソ(エフェソ)へ。ここで二年間滞在します。そのときガラテヤに送ったのがガラテヤ書。
 エペソに二年間いたのは、パウロは投獄されたのです。ここで書かれたのがピリピ(フィリピ)書とピレモン(フィレモン)書。通称「獄中書簡」と呼ばれます。ただしこの投獄は使徒行伝には全然書いていないので異説もあり、第三回伝道旅行のあとのカイザリア拘置(56-58)時代という説も福音派を中心に根強くあります。福音派は聖書命ですからね、聖書に書いてないことは認めんのよ。
 そして出獄してから送ったのが1コリです。この後パウロは実際にコリントの教会に行きますが、この間のいろいろな手紙をまとめたのが2コリ。
 そのあとうじゃうじゃいろいろ回って、エルサレムに戻る寸前に書いたのがロマ書。
 これでパウロの書簡はすべてです。聖書に載ってるその他のパウロの手紙は全部ニセモノです。
 なお、みんなの反対をふりきりエルサレムに戻ったパウロはユダヤ教側から激しく攻撃されます。ローマの市民権を持つパウロは身の安全を確保されるためカイザリアに2年間拘置され、そのあとローマに護送されます。使徒行伝はそこでおしまいで、ローマでパウロは処刑されたらしいです(が、無事に生涯を全うしたのではという説もあります)。

 パウロはユダヤ教もキリスト教も知らない異邦人へ宣教したばかりか、伝統的なユダヤ教的考えをとる信徒とも対立しますので敵がいっぱいいます。パウロの伝道した教会にも別の宣教師がやってきて別の考えをふれまわったりします。ですからガラテヤや1コリを読むと、そういう分派対立の話がうじゃうじゃ出てきます。
 1コリも4章までは異なるセクトへの反論をしています。
 上で書きませんでしたが、コリントには第二回宣教旅行で行きました。コリントの教会はそのときにパウロが作ったものなんですね。その話が2章に出てきます。

[195] クルアーン18回 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/11(土) 09:52:27 コメントする ここから閲覧

 クル-18回。4章56-87節。
 クル4:86「あなたがたは挨拶された時は、さらによい挨拶をするか、または同等の挨拶をしなさい」。一見、当たり前の教えのようですけど、こういう教えがあるってことはイスラム教は都市の宗教なんですね。
 挨拶って当たり前じゃないんですよ。農村みたいにみんなが顔なじみだと挨拶なんてしなくなります。「おーい、いるか? 起きたか」「おい、メシ食ったか」「顔色悪いな、どうした」とか、状況に応じてそのつどそのつど意味のある言葉をなげかけあうのであって、状況にかかわりなく「おはよう」「こんにちは」なんていうのは実はおかしいんですよね。、出会う人が全然知らない人ばかりという都市だからこそ、状況にかかわりない無意味な挨拶言葉をかけあうんです。
 たとえばインドだと伝統的に「ありがとう」という言葉がないらしいです。親切なことをしあうのは当然のことだからです。
 日本語の「いただきます」「ごちそうさま」も、ほとんど日本独特のあいさつで、世界的には言わないようですね。
 逆にくしゃみをした人に言葉をかける習慣は、わりと多くの言語にあるのに、日本語にはない。
 そんなわけで挨拶って意外に普遍的じゃないんです。
 で、イスラム教は都市の宗教なんで挨拶を奨励する。だからアラビア語では挨拶言葉がとても発達してる。アッサラーム・アレイクムには、同じ言葉を返すんじゃなく、ワ・アレイクム・ッサラームっていうふうに必ずちょっと違う言葉で返すっていうのは、クルアーンのここの教えから来ているようです。

[194] 1イミ9章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/11(土) 09:43:12 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1ic&chapter=9&mode=0
 著者が何度も強調している謙遜の美徳を実践するなら、当然ながら、人の上に立つのは謙遜じゃないわけで、人に仕えるほうがいいというわけです。
 とはいえ、何につけてもリーダーっていうのは必要ですから、この教えは万人に通用するものじゃないですけど、ホンネを言えば、確かに人を使うよりも人に使われて生きるほうが、気楽といえば気楽ですよね。これは私たち夫婦の社会的地位が低いからそう思うのかしら。
 人を使うのは大変ですから、その苦労代として給料は高く地位も高くなるんでしょうけど、そんなお金も地位も天国に持って行くことはできないむなしいものと思えば、給料が低くても生活が苦しくても、人に使われて生きるほうが楽ですわ。

[193] マタイ23-25章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/11(土) 09:29:42 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mat&chapter=23&mode=0
 昨年度の記事は[0:492]
 今年はマタ25:14-30の、カネを預けられたしもべたちの話をしましょう。
 おカネもうけをするしもべがほめられて、カネをそのまま温存していたしもべが怒られるという話。
 これ、すんなり受け入れられる人と、違和感を抱く人と、はっきりわかれるんじゃないかしら。
 なーんも違和感を抱かずにすんなり受け入れている牧師先生の説教の例が、タイムリーにいま配信しているFEBCの日曜礼拝、日本基督教団・西片町教会の山本裕司牧師の説教
http://www.febcjp.com/asx/120212/susv120212.asx
 たしかにここは、前章以来続いている天国の比喩の一つ、特に最後の審判の話の比喩なので、カネをもうける=いっぱいいいことをするだの、教会に献金をする(!?)だのととれば、いいことをした人ほどほめられて天国に入れるってことになって、何も違和感を抱かないのかもしれません。
 でも、あれれ? それだとおかしいんじゃありませんの? だって、 マタ25:29「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。」つまり貧富の差が激しくなるっていうんだけど、そしたらちょっとしかいいことができなかった人は、そのごほうびをもっとたくさんいいことをした人に取り上げられちゃうのかしら?  マタ20:1-16で、ちょっとしか働かなかった人もたくさん働いた人も同じ給料だったはずでは? 後の者が先になり、先の者が後になるんでは?
 それに、おカネをもうけなかったしもべに主人が言ってる「銀行に預けとけば利子が発生したのに」っていうのも、利子をとっちゃいけないという律法に矛盾する気がするんですけど。おカネもうけという、ふつうあんまりいいことだと思われてないことにたとえてしまったので、こういうちぐはぐが起こっちゃう。
 この話に抱くと思われる違和感とは、こんなところじゃないかしら。
 たとえ話っていうのはわかりやすいようでいて、実は何を言いたいのかがわかりにくくなるのです。だからこそイエス様の弟子だってしょっちゅうたとえ話の解説を求めてるじゃないですか。そして、たとえ話の核心でない末節の部分に至ると、いろいろ矛盾が出てきてしまうものです。
 ここでは、人間はそれぞれ神様からおカネという善い種子をもらっているのだから、それをどんどん使って人に善行をすべきなのであって、ふだんからそういうことをしている人が神の国へ行く、そうでなく神様からいただいた善い種子を全然活用しない人は神の国に行けない、ととらえておきましょう。

[192] クルアーン17回 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/10(金) 10:52:00 コメントする ここから閲覧

 クル-17回。第4章24-55節。
 「男は女を支配し守る者である」クル4:34。こういうのは女としては困ったものだわ。ただしクルアーンはちゃんと、男が女を金銭的に援助するという義務と裏打ちしていってるので、これはこれで女性にやさしい宗教なのかもしれませんけどね。

[191] 知恵の書9章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/10(金) 10:45:03 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=wis&chapter=9&mode=0
 昨年度の記事は[0:696]
 神殿を作れという話が出てくるので、ここでこの話の語り手がソロモンであるということがわかります。もっとも新共同訳(および当サイトの標準の言い方)では「知恵の書」と呼ぶこの本は、翻訳によっては「ソロモンの知恵(の書)」なんて言ったりしますから、最初からソロモン作ってバレバレなのかもしれませんけどね。
 知恵の書とかシラ書とか箴言とかいういわゆる知恵文学では、知恵というのを神様の与えた力とし、文脈によってはどうかすると神様そのものなんじゃないかというところさえあります。もともとヤハウェはイスラエルのローカルな神なので、神様の啓示というのは本来はイスラエルの民専用です。知恵というのは、そういうイスラエル限定の神様の働きをもっと一般化したものと思えばいいでしょう。ヘレニズムの時代になって、ユダヤ人がいろんなところに移住するようになるにつれて、ギリシア文化の知恵と習合した結果といえるでしょう。また、本来のヤハウェくんは男性的なイメージばかりか女性的なイメージもあり、それが知恵という形に結実したというところもあります。

[190] イザヤ書45-50章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/10(金) 10:18:41 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=isa&chapter=45&mode=0
 昨年度の記事は[0:490]
 48章までがクロス(キュロス。ペルシア帝国の王)の攻撃によるバビロンの陥落の予言です。もちろん実際にはバビロンの陥落以後に書かれたんでしょうけど、バビロンに捕囚されているユダヤ人たちに、ペルシアがカルデア(新バビロニア)を滅ぼして捕囚がまもなく終わるという希望を与える予言という体裁で書かれています。
 ベルとかネボ(イザ46:1)とかいうのはバビロニアの神の名前です。ベルについては外典で「ベルと竜」っていうのがありますね(ベル1)。

[189] 2ニフ16章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/09(木) 11:10:21 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ne&chapter=16&mode=0
 イザヤ書6章と同じ。イザヤが神と出会うシーンで、エゼキエル書冒頭と同じくこれもオカルトな人たちによって宇宙人だのUFOだのと言われているところですね。

[188] トビト記9章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/09(木) 11:08:17 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=tob&chapter=9&mode=0
 昨年度の記事は[0:405]
 たった6章しかありません。この旅のもう一つの目的である借金回収をラファエル(アザリヤというのはラファエルのかたった偽名です)に頼みます。

[187] ヨブ記17-18章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/09(木) 11:05:17 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=job&chapter=17&mode=0
 昨年度の記事は[0:489]
 第二ラウンドのヨブの反論の続き(17章)と、2番目の友人ビルダデの弁論(18章)。
 今年はただ一点、 ヨブ18:20「西の者は彼の日について驚き、東の者はおじ恐れる。」(口語訳)についてです。
 ほとんどの翻訳が「西/東」とする中で、

文語:之が日を見るにおいて後に來る者は駭(おど)ろき 先に出し者は怖(おぢ)おそれん
新共同:未来の人々は彼の運命に慄然とし、過去になった人々すら身の毛のよだつ思いをする。

と「未来/過去」と訳しているのが目をひきます。
 ヘブライ語の原文は
http://interlinearbible.org/job/18-20.htm
にあるとおりで、このインターリニアだとthe west/the eastとしちゃってますけど、実は未来/過去という意味もあり、うちのサイトのヘブライ語辞典
http://www.babelbible.net/davidson/davidson.cgi
では、Davidsonは西東、Geseniusは未来・過去と解釈しているのが面白いです。
 英語のほうでは
KJV:They that come after him shall be astonied at his day, as they that went before were affrighted.
RSV:They of the west are appalled at his day, and horror seizes them of the east.
のように、KJV(RVもASVも)が未来・過去なので、日本の文語訳はそれに従って「後に來る/先に出し」としたのでしょう。後にRSVから西・東になったので、口語訳聖書その他がみんなそれにならっちゃったんでしょうね。
 新共同訳はフラの影響を強く受けていますが、フラが西・東だというのが面白いです。ちなみに幻の共同訳は新約ばかりかヨブ記もあるんですが、もう未来・過去になってます。
 実は昔の訳ほど未来・過去なんですよね。たとえばLXXは、
ἐπ᾽ αὐτῷ ἐστέναξαν ἔσχατοι, πρώτους δὲ ἔσχεν θαῦμα.
でして、ἔσχατοςは「最後」ですし、πρώτοςは「最初」ですから西、東じゃないんです。
 またヴルガタは
in die eius stupebunt novissimi et primos invadet horror
でして、novissimusは「最新・最後」、primusは「最初」。だから光明社も「彼の後に来る・彼に先立つ」です。
 ちなみにバルバロは西・東ですから、バルバロがヴルガタを訳したもんだなんていう人は許しませんよ!
 20世紀になって、誰か(RSV?)が西/東としちゃうと、わわわわわわーっとみんなそれに従っちゃったんですけど、新共同訳は先祖返りをしちゃったんですかね。
 真理子は、未来・過去を支持します。西・東じゃ単に世界中という意味にしかなりませんけど、未来の人は、もう彼(=ヨブ)の悲惨な死を知ってるわけだから「驚き」、過去(っていうかヨブより先に死んじゃった人)は、たぶん悲惨な死を迎えるだろうと「恐れ」るんですよ。

 ちなみにリビングバイブルは「老人・子供」ですから未来・過去に似てますが違います。これは誤訳ですね。それから尾山さんの現代訳はまるきりシカトです。これはひどいわ。尾山さんの訳ってあらすじを書いたという感じで文学に対する畏敬の念が全然ない。

[186] 2ニフ15章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/08(水) 09:33:19 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ne&chapter=15&mode=0
 イザヤ書5章と同じです。
 有名なぶどう畑の歌。農夫は神様のたとえ、ぶどう畑はイスラエルのたとえで、神様がせっかく手をかけてイスラエルを守っているのに民はよくならないので滅ぼしてしまおうというわけです。
 民がよくならないというのは、いろいろ悪い人がいるからです。それを6種類あげて「禍である」といってます(8、11、19、20、21、22)。
 そして神様は外国に呼びかけて、イスラエルを攻めさせます。

[185] 1マカ9章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/08(水) 09:25:13 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1ma&chapter=9&mode=0
 昨年度の記事は[0:571]
 デメトリオ(王です)はバッキデスとアルキモスに軍隊を指揮させてユダと戦います。ローマとの同盟も形ばかりだったようで、ユダは善戦もむなしく死んでしまいます。後継のヨナタンは果敢に戦い、戦争はこう着状態になります。エルサレムを占領しているアルキモスは神殿を破壊しようとしますが、神様の怒りにふれて難病にかかって死んでしまいます。
 ユダヤ人の側は決して一枚岩ではなく、バッキデスに内通する人がいて、バッキデスに戦いを懇願します。それに応じてバッキデスはヨナタンと戦いますが勝てません。結局バッキデスはヨナタンと和議を結んで引き上げます。

[184] 詩編24-26編 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/08(水) 09:13:58 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=psa&chapter=24&mode=0

 昨年度の記事は[0:486]

●詩編24編
 献堂式(教会が完成したとき)などに歌われる祈り。Q&A式のかけあいになっています。
 これは面白い動画がいっぱいありました。
 まずはヘブライ語の歌

(http://www.youtube.com/watch?v=3iybrZ7gU1c)
 変わったところでパンジャブ語(インド西北部とパキスタン。ロマ=ジプシー=の故郷です)。

(http://www.youtube.com/watch?v=taKfdtMEeWM)
 こんどはPrestonwood Choir & Orchestraというバプテスト派の歌。私はこういう派手派手なのは嫌いですが、バッハのカンタータなんかも当時はこんな感じに聞こえたんでしょうね。

(http://www.youtube.com/watch?v=-msrCjz5DuI)
 kinotoriさんの作品。なぜか木枯紋次郎。

(http://www.youtube.com/watch?v=EyBjsN6Y_TM)

●詩編25編
 困難にあったときの祈り。これはなぜかいいのがありませんでした。kinotoriさんの作品をごらんください。これは美空ひばりの「やわら」ですね。

(http://www.youtube.com/watch?v=yQLzQ3VoFG4)

●詩編26編
 神様を信頼して歩む祈り。
 ハイドンが曲をつけています。In Dulci Jubilo

(http://www.youtube.com/watch?v=ZTqYdm_TvtU)
 kinotoriさんの作品はなぜか韓国の伝統的な歌

(http://www.youtube.com/watch?v=lTp95XUfExw)

[183] 2ニフ14章 投稿者=真理子 掲示日=2012/02/07(火) 09:59:03 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ne&chapter=14&mode=0
 イザヤ書4章と同じです。
 前章の続きでエルサレムの滅亡(BC587)の話。生き残ったユダの民のことを書いてます。
 基本的にここは第一イザヤなんで、紀元前700年代に活躍した人ですから、こんなことは知らないはずなんですけど、これはイザヤが何でもお見通しの神様の言葉を預かっているからというんじゃなく、第一イザヤの中にもよく見ると後代の人の手が加えられているということなんでしょう。