[ばべるばいぶる]

真理子の聖書日記


このサイトを作りながら、聖書を読みながら真理子が考えたことです。
真理子修道会の修道女/修道士の方のみ書き込むことができます。

掲示板運営方針(必読)


twilog
お名前 :
メールアドレス :
題名 :
内容 :
修道会ID :
修道会パスワード :
    再表示  初期表示(最新投稿から30件ずつ)


検索語 :
検索語[] ヒット数476

[26] ロマ書1-2章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/18(日) 18:18:38 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=rom&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:389]
 正典コース、日曜日は新約聖書の手紙類を読んで行きます。
 これからしばらくは、パウロが書いた、ローマ人への手紙(ローマの信徒への手紙)。
 よく「ロマ書」と略されます。
 パウロの手紙の中でも最後の手紙になります。
 そう、最後に書かれた手紙が最初に収められているわけなんですね。

 福音書は、マタイ-マルコ-ルカ-ヨハネという順番に収録されていますが、実はマルコのほうが先です。ですから学問訳では、マルコ-マタイ-ルカ-ヨハネという順で掲載しているものもあります。岩波の新約聖書合本版はさらに徹底して、福音書はもちろんマルコ-マタイ…の順ですけど、書簡類も成立年代順に並べ替えているほどです。
 わざわざ成立年代順に読む理由なんてあるのかと思っていましたが、実は理由が大ありなんですね。
 というのは、初期のキリスト教団は年を追うごとに考え方が劇的に変化しているからなんです。
 イエス様が復活・昇天してしばらくは「もう終末は近いぞ、この世のことなんかどうでもいい」っていうんで、きわめてカルト的な危ない新興宗教だったんです。それが、「あれ、いつまで待っても終末は来ないぞ。この世の生活もまだまだ長そうだ」というので、この世での倫理も大事だという穏健的な考え方に変化していったのです。また、この間にはユダヤ戦争の敗北によるエルサレム神殿破壊を経て、ユダヤ教からの完全な脱皮をもせまられていきました。
 そんなわけで、年代順に読むと、そういう温度差の変化がよくわかってくるし、逆にそう読まないと、パウロが書簡の中で表現している非常に切迫した終末意識がわかってこないということになります。
 書簡も何も全部まとめて、新約聖書の書ってどういう順番で書かれたかというのは、いろいろ異説がありますけど、ここでは最近出た上村静『旧約聖書と新約聖書』(新教出版社)にしたがって並べ替えてみました。ですから岩波合本とも順序が違います。
 【】=福音書 〈〉=パウロ書簡 {}=パウロの名による書簡 []=その他の書簡

50ごろ 〈1テサ〉
53-54 〈ガラ〉〈1コリ〉〈2コリ〉
〃 獄中で〈フィリ〉〈フィレ〉
55-56 〈ロマ〉
60年代 {2テサ}
70年代 【マル】{コロ}[ヤコ]
80年代 【マタ】{エフェ}
90年代前半 [ヘブ][1ペト]黙示録
90年代後半 【ルカ】【ヨハ】{1テモ}{2テモ}{テト}
100- [ユダ][1ヨハ][2ヨハ][3ヨハ]
150ごろ {2ペト}

 ごらんのように、真正パウロ書簡が最初。それから福音書だの、パウロの名をかたった書簡だのが書かれたという感じになっています。
 そんなわけで、パウロ書簡を読むときには、新約聖書の他の書以上に終末意識が切迫していることに注意しなければなりません。たとえば「女は教会では黙ってろ」「お上の権威には従え」などの噴飯ものの考え方は、私はよく「馬鹿パウロ」なんて揶揄しているのですが、「どうせすぐに神の国が来て新しい秩序になるんだから地上の不合理はとりあえずどうでもいい」という考え方があるのです。

 長くなったので今日の範囲にはほとんど触れられなくなりましたが、ペテロの率いるエルサレムの教団とケンカしたパウロは、ひたすら小アジアからギリシアへと新天地に宣教を始めます。さらにローマへ、さらにイスパニヤ(スペイン)へと考えていたパウロは、まだ見ぬローマの信徒たちにあてて、自分の思いをまとめます。
 パウロの書簡の中では一番パウロの考え方がまとまっているものです。

[25] クルアーン2回 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/17(土) 16:48:27 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?book=qur&chapter=2§ion=34&mode=0&imode=0&secmark=34#sec34
 2回の範囲は第2章34-74節です。
 第2章「雌牛」は怒涛の286節。猛烈に長いので、イスラム教徒の30日通読プランでさえ正味4日かけます。当ばべるばいぶるの120回通読プランでは正味9回です。
 雌牛というのは今日の範囲の最後、67-73節に書かれている逸話に基づいています。聖書のほうでは民19:2-10申21:1-9に出てきますが、聖書のほうが単なる律法の規定であるのに対し、クルアーンはそれを物語化して、神様の命令にしぶしぶ従って雌牛をほふる民の姿を描いています。
 真理子がクルアーンを初めて読んだ中学時代は、聖書でもないクルアーンに聖書の話がやたらと出てくるのにびっくりしたものです。今ではそんなものだと知ってますから感動も何もないですけど、同じ話を裏から眺めた、まるでパラレルワールドにいるような感覚を覚えたものです。

[24] 1イミ1章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/17(土) 15:41:58 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1ic&chapter=1&mode=0
 外典コース、土曜日と日曜日で『イミタチオ』を読みます。
 『イミタチオ』とは、『キリストにならいて』『キリストにならう』『基督のまねび』など、いまいち邦題の統一がとれてないので、ばべるばいぶるではイミタチオでいきます。
 著者は伝統的にトマス・ア・ケンピス Thomas a Kempis (1380-1471)という、ドイツに生まれオランダに没した神秘思想家とされていますが、実はヘーラルト・ホロート Gerard Groote という、トマスが所属していた教団の教団長であり、トマスはそれをラテン語に訳した訳者グループの一人というのが真相のようです。
 原著は中世オランダ語であり、その系統に基づいた翻訳(由木康訳『キリストにならいて』教文館(1973)。オランダ語原本の英訳に基づく翻訳)もありますが、現在一般に出回っているカトリック公定のラテン語本とはずいぶん異なります。実質的には1418年ごろに匿名で出版されたラテン語訳に基づく本がカトリック公定本すなわち原著とされており、ばべるばいぶるでもこの系統の本を扱います。
 イミタチオは全4巻あり、
第1巻 霊の生活に益ある勧め(25章)
第2巻 内なる生活についての勧め(12章)
第3巻 内なる慰めについて(59章)
第4巻 聖餐について(18章)
という内容になっています。第3巻だけやたら章が多いのでこれを日曜日に、その他は土曜日に読みます。それでも1年間52週ではおさまりきらないので、年の後半では金曜日にも読むことにします。なお、ばべるばいぶるでは第1巻、第2巻、第3巻、第4巻をそれぞれ1イミ、2イミ、3イミ、4イミと呼ぶことにします。

 聖書は必ずしも信仰生活に役立つとは限りません。何が書いてあるかよくわからない本も多いですし、信仰のつまずきになってしまうような地雷や不発弾があちこちに残留していたりします。むしろ、イミタチオのようなストレートに信仰生活を書いた随筆のほうが役立つのです。そんなわけでイミタチオは、ひょっとしたら聖書よりもよく読まれたかもしれないと思うほど、多くの人に愛されてきました。
 日本でもキリシタン時代に翻訳が作られた(こんてむつすむん地)ほどです。キリシタン時代は聖書の翻訳はついぞ行われませんでしたが(行われたけど残ってないという説あり)、イミタチオは翻訳されたというのが、イミタチオの実用性を物語っています。
 ただし、もともとこれはカトリックの修道士向けに書かれたものです。もちろんカトリックといっても、プロテスタントのない時代のカトリックですから、プロテスタントの人にも十分役立つことでしょう。でも、万人祭司のプロテスタントとは違い、カトリックでは聖職者には猛烈に厳しい戒律を課するのに対して一般信徒にはそれほどでないという事情があり、イミタチオに書かれたことすべてを一般信徒に課するのは無理というものです。いや、プロテスタントにしたところで、15世紀の人の意見がそのまま21世紀のわれわれに役立つとは到底思えません。
 そんなわけでイミタチオを読むときは、いまの自分にできそうなことだけを教訓とし、できそうにないところは適宜無視していくような読み方をしたほうがいいと思います。
 1イミ1章は、知識・学識よりも、キリストが言ったことやしたことを深く黙想してそれを自分もまねることが大事だということを説いています。「空の空」という無常観あふれるコヘレトの言葉を知的活動にあてはめ、そんなことより実践だというわけですね。

[23] マタイ1-2章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/17(土) 14:45:17 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mat&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:388]
 正典コース、土曜日は四福音書および使徒行伝を読んでいきます。
 福音書は、少なくとも正典に採用された四種類に限っては、イエス様の言行を伝記ふうにまとめたものです(偽典の中にはみことばの単なる断片みたいなものもあります)。
 ただし、福音書は伝記ふうではあっても、伝記そのものではありません。イエス様の死と復活は四福音書すべてに書かれていますが、イエス様の誕生のエピソードはマタイとルカにしかありません。さらに幼時のエピソードはほとんどありません。言行の部分もいまいち時期が不明確だったりします。もっともイエス様の宣教は約1年しかありませんから、時期もへったくれもないかもしれませんけど。
 福音書の大きな執筆目的は、イエス様をキリストであると証言することです。キリストとはメシアの訳語です。メシアはユダヤ人の救い主なのですから、かつての栄光あるダビデ王の家系から出るとされました。ダビデはベツレヘム出身ですから、当然ベツレヘムから生まれるはずです。その一方で、キリスト教の考え方によればキリストは人々を救うために神様が人間の歴史に介入して送り込んできた「神の子」でなくてはならず、神の子である以上、マリヤの肉体を借りるにせよ人間のセックスによって出来た子であるはずがありません。
 こんなふうに、キリスト(メシア)に対して当時の人々が思い描いたさまざまなイメージのすべてを強引にイエス様にあてはめた結果が、「イエス様の系図を長々と記しておきながら、そんなの関係ないよと言わんばかりに聖霊によってみごもった」という、なんとも矛盾したお話がマタイ第1章にほかならず、ナザレで生まれたはずのイエス様を強引にベツレヘムで生まれたことにしてしまうための伝説がマタイ第2章にほかなりません。
 マタイ冒頭に書かれたイエス様の誕生伝説は、突っ込みどころ満載の矛盾に満ちたできの悪いお話(マタ1:17ではバビロン捕囚からキリストまで14代という大ウソをつく。13代しかないじゃないの!)ですけど、こんな完成度の低い話をでっちあげてまでもマタイが言いたかったことが何なのかを味わいながら読んでいくことにしましょう。

[22] クルアーン1回 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/16(金) 06:24:06 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=qur&chapter=1&mode=0
 リンクは第1章しか表示されませんが、今日の範囲は第2章の33節までです。
 異教コース、金曜日と土曜日はクルアーンを読んで行きます。
 クルアーンとはイスラム教の聖典です。昔はコーランと読んでいましたが、今ではクルアーンという言い方もだいぶ定着してきたようなので、ばべるばいぶるではクルアーンでいきます。
 クルアーンは全114章。各章の長さはかなりバラツキがあり、おおむね長い章から短い章へという順になっています。このため、通読は章ごとではなく、まるきり別の単位で行います。タイトルが「1章」ではなく「1回」となっているのはそのためです。
 イスラム圏では30日で通読するプランが一般的です。30日というのはイスラム暦の9月つまりラマザーン(ラマダーン)月の日数です。この月は断食をしながらクルアーンを全部読んじゃおうというわけですね。この30日の通読プランの区切りをジュズと言います。また60日通読プランもあり、これをヘズブと言います。具体的な区切り方は次のとおりです。
http://www2.dokidoki.ne.jp/islam/quran/quran000.htm
 当ばべるばいぶるでは60日プランの各ヘズブをさらに機械的に2等分した120日プランを作成し、これを金曜日と土曜日(年の後半16週は木曜日も)に読むことにします。
 この区切りは、「真理子のおまけ」のクルアーン(口語訳聖書でクルアーンを指定したときに出てくるテキスト)では【Reading-1】などのように書いてあります。
 Reading-1は第1章および、第2章の1-33節です。
 ここでは第2章の話は明日まわしにして、第1章の話だけ書きます。
 第1章は非常に短く、イスラム教徒は毎回の祈りで必ず唱えます。もちろんアラビア語でです。ひとつ私たちも、アラビア語で覚えてしまいましょう。

(http://www.youtube.com/watch?v=Xgq-3QzZxj8)
 この動画は、13人の詠唱者によって第1章を朗読しています。
 こんな感じに聞こえることでしょう。

1 びすみっらーひ・らふまーに・らひーむ
2 あるはむど・りっらーひ・らっびる・あーらみーん
3 あるらふまーにっらひーむ
4 まーりき・やうみっ・でぃーん
5 いーやーかな・あぶどぅわ・いっやーかな・すたいーん
6 いふでぃなっせらーたる・むすたくぃーむ
7 せらーたっでぃーな・あんあむた・あれいひむ
がいりる・まふどぅーび・あれいひむ・わらっ・だーりーん

あーみーん

 なお、「真理子のおまけ」のクルアーンは、大川周明先生の文語訳古蘭の現代訳をしたじきに、ちょこちょことアラビア語を眺めながら作成しています。
 アルラーハ(アッラー)というところは、いろいろ考えた末、「主なる神」として、ルビにアッラーと記すことにしました。「真理子のおまけ」はできる限り口語訳聖書の流儀にあわせています。口語訳聖書ではヤハウェと書いてあるところを「主」と訳していますから、主でもよかったんですが、その一方でアッラーって要するにThe Godでして、主じゃなく神です。ルビを参照できない環境でも、一般名詞としての主(たとえばクル1:2の「三界の主」のように)じゃなく、アッラーという意味の主なんだということがわかるように、アッラーというルビつきの「主なる神」という表現にしてみました。

[21] 知恵1章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/16(金) 06:19:01 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=wis&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:652]
 外典コース、金曜日は文学2ということで、月曜日と一緒に文学的(韻文的)な書を読んで行きます。しばらくは知恵の書、別名「ソロモンの知恵の書」を読みます。外典にはこれとは別に「ソロモン詩編」というのがあるので気をつけてください。
 火曜日に読んでいるシラ書同様に、紀元前1世紀ごろの外地(エジプトのアレクサンドリアとか)に住むユダヤ人対象に、あるいは本当に外国人対象に、ユダヤ教の考え方をわかりやすく教えるための本です。
 シラ書のところでも書きましたが、知恵というのは信仰心のようなもの。それをギリシア文化にどっぷりつかった人に受け入れやすいように、知恵という表現を使っているのであって、実際には頭のはたらきというよりも心のはたらきです。だから、邪悪な思いを持たず、何も疑わないことを推奨しています。そういう人にこそ主は現れる、と。

[20] イザヤ書1-6章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/16(金) 06:11:14 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=isa&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:387]
 正典コース、金曜日は預言書を読んで行きます。
 イスラエルの歴史の一時期には、預言者とよばれる人が多く出た時代があります。神様のことばを「預」かったと主張して、何やらわけのわからない詩のような言葉を口にし、民や王や高官に警告を発する人物です。
 それはずばり、王国時代、しかも南北に分断されたころです。
 それ以前の預言者は、政治的指導者そのものです。モーセのように実際に民をエジプトから率いたり、ヨシュアのように戦ったり、ギデオンのような士師たち、ダビデ、ソロモンのような王。ここまでは、王のようなリーダーは神の言葉を体現した人たちでした。
 その例外はサウル王。この王様は凡庸、いや悪い王様ということになっていて、サムエルのような預言者が別にいたのでした。こんなふうに王様が悪いとそれとは別に預言者が現れるようになるんですね。南北の王国に預言者がいっぱい現れたのはそういうことです。王様がみんな悪かったわけですから。
 この時期(南北王国)の預言者の書は、生前あるいは死後に記録され、預言者の名前を関した書物となって、人々の行動の規範になりました。気をつけなきゃいけないのは、預言者の時代は、聖書が存在しなかったことです。律法すら成文化されていなかったことを忘れてはいけません。
 バビロン捕囚を経てユダヤ教が整備され、律法や預言者たちの書が聖書という形になってくると、預言者はまるきり現れなくなります。聖書こそが行動の規範になっちゃったので、預言者はいらなくなるんですね。
 そんなわけで金曜日に読む預言者の書は、聖書のなかった時代に人々の行動の規範とされた預言者たちの本というわけです。
 でも、現代でも新宗教の教祖さまの本というのは、読んでもよくわからないことが多いです。あまりにわかりやすいと有難くないし、適度にわかりにくいほうがいろいろ解釈ができて都合がいいんです。ノストラダムスもそうですけど、予言の言葉ってすごくわかりにくい。×月×日に戦争が起こるとはっきり予言しちゃうと、あたったかはずれたかが明確になっちゃって、(たいていはハズレでしょうから)困っちゃうんですけど、不明確な言葉だとどうとでも解釈できます。大事件が起こったあとから「ほら、この詩はこの事件を予言してたんだよ」という牽強付会の解釈ができて便利なんです。
 ですから預言書はとても読みにくい。
 まあ、読みにくく書かれた本ですから、こちらも気楽に、読みやすいところだけ読んでいくことにしましょう。
 イザヤ書1-6章では、とりあえず6章、イザヤが見てしまった神様の姿を楽しむことにしましょう。福音書を書いたヨハネは、神を見た人はいないなんて大ウソかましてますけど(ヨハ1:18)、イザヤもエゼキエル書冒頭のような、まるでUFOに乗ってやってきた宇宙人のような神様を見ています。実際、神様宇宙人説ってありますからね。

 なお、昨年の記事で、預言であって予言じゃないなんて書いてますけど、もともと漢文では預=予なんで、あんまり気にすることないです。実際、過去のことを預言してもしょうがないんで、預言という字を書いたって、内容的には予言ですからね。私も今後は、予言、預言をちゃんぽんに、そのときの気分で自由に使っていきます。

[19] モル序4章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/15(木) 11:38:28 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=ibm&chapter=4&mode=0
 昨日に続き、モルモン経の入手の由来がウソじゃないよということを、今度は八人の証人が証言します。

[18] トビト記1章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/15(木) 11:36:19 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=tob&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:381]
 続編コース、木曜日は「説話」と題して、物語文学的な外典を読んで行きます。
 トビト記はトビトの話なんですが(笑)、父の名がトビエル、子の名がトビヤと、とてもまぎらわしいので気をつけてください。実際、ヴルガタ(ラテン語訳)ではトビトをトビヤと誤記しています。
 トビトはナフタリ族になります。イスラエルの民は12部族(支族)にわけられます。この12部族の名前はいろいろな場面で出てくるのでしっかり覚えましょう。覚え方は[0:472]をごらんください。
 そろそろ「12部族を覚える歌」は固定ページを作らなきゃね。こうやって「真理子の聖書日記」にいろんなことを書いているのは、固定ページを作るための準備段階なんですから。
 この歌は、ヤコブの十二人の子の名を覚える歌ですが、このうちヨセフ族というのはありません。ヨセフの子のマナセ、エフライムが部族名になります。それからレビは祭司専門部族なので、十二部族というときの十二には入りません。
 で、ナフタリ族というのは北の部族になります。ソロモン王の死後にイスラエルが南北にわかれ(BC922。国(92)は二(2)つに分裂す、と覚える)、十二部族のうちユダとベニヤミンが南であとは北につきます。このうち北は200年後にアッシリアに滅ぼされて民は捕囚され、周辺民族と同化して消えてしまいます。
 まあでも、消えたといってもある時期に全員が死刑になったわけではなく、だんだん独自文化を失っていったというわけですから、最初のうちはトビトのように独自文化を守って生きていた人もいたわけです。
 北王国がアッシリアに滅ぼされたのがBC722。1章に登場するシャルマネセル(5世)の在位はBC727-722。そして悪名高きセナケリブ(センナケリブ)はBC705-681。実際には途中に別の王(サルゴン2世)が入っています。そしてセナケリブの次がエサルハドン(BC681-669)。物語の時代はこのエサルハドン王のときということになります。

[17] ヨブ記1-2章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/15(木) 10:54:13 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=job&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:384]
 正典コース、木曜日は文学。旧約聖書のヨブ記~雅歌のうち、詩編を除いたものを読みます。
 ヨブ記は、正しい人に徹底的に不幸が襲いかかったとき、それをどう解釈すべきかという大問題を扱っています。
 えっと、宗教ってどうして信じるかっていうと、ズバリ、ご利益(りやく)を求めるからですよね。
 何かお願いごとがあるときに、お賽銭をあげて、神様にお願いする。何もお願いごとがないとには、あんまり神様の出番はありません。人間の手でかなえられないような大問題が起こったときに、人間を超えた力を持つ神様にお願いするというのがお祈りです。
 え、こういう考えって不純ですか?
 よく、「うちはご利益宗教じゃないのよ、えへん」なんて自慢してる人、いますよね。ご利益宗教を低レベルな宗教とみなして、うちの宗教はご利益を求めないんだなんていう。でも、それっておかしくないですか。じゃこの人は何だって宗教なんか信じてるんでしょうか? 何だって自分の属する宗教団体に少なからぬカネを貢いでいるんでしょうか? 「天国に行きたい」「心のいやしがほしい」「罪をゆるしてほしい」なんていうのは、ご利益じゃないんでしょうか? 恋人がほしいとか大学に合格したいとか仕事がほしいとかお金がほしいとか、目的が目の前の具体的な小さいことじゃないってだけで、結局同じじゃありませんか。
 もし、宗教を信じているのにどんどんと不幸が襲いかかってきたり、ちっとも心の平安が得られなかったりしたとすれば、その人は宗教を続けていかれるものなんでしょうか。
 でも、現実にはこういうことは多いですよね。宗教ってそんなに万能に、悩みを解決してくれませんから。
 ヨブ記は、そういう大問題を扱っています。神を信じているのに、宗教的に正しい生活をしているのに、大きな不幸が襲ってきたとき、果たしてどうとらえるべきなのか、ということ。
 今年は地震だの津波だの原発事故だの、たいへんな一年でしたが、こういう時にヨブ記はよく読まれます。
 でも、あらかじめ言っておきますが、ヨブ記を読んでも答えなんか書いてませんわよ。そんな、万人が納得できるような答えが書いてあるんだったら苦労しないんです。あくまで、考えのヒントを与えてくれるにすぎません。

 さて、ばべるばいぶるの聖書通読では、口語訳聖書を標準聖書として読んでいます。それは口語訳聖書が著作権フリーだからです。外典やイミタチオ、クルアーン、モルモン経みたいに口語訳聖書に存在しないものは、「真理子のおまけ」という形で真理子の独自訳を掲げています(モルモン経は著作権フリーの57年訳そのまま)が、これも著作権フリーです。
 ところが、ヨブ記に関しては、ぜひリビングバイブルを読んでください。1-2章はいいとして、3章以降の対話の迫力が全然違います。
 リビングバイブルは著作権が存続しているので、ばべるばいぶるでは修道会に入らなければ表示されません。修道女/修道士の方はばべるばいぶるでお読みください。修道女/修道士でない方は、リビングバイブルをPDFでアップしているサイトがありますので、ここからダウンロードしてください。ヨブ記はこちらです。
http://www.biblica.com/uploads/pdf-files/bibles/japanese/ot/job.pdf
 ヨブ記以外はこちらの目次から。
http://www.biblica.com/bibles/japanese/
 なお、「リビングバイブル PDF」でぐぐると、次の日本語の目次ページが検索されますが、
http://sinai.apphy.u-fukui.ac.jp/jap/LivBibleJIF.htm
こちらからだとリンク切れになってしまいますのでご注意ください。

 さて今日の1-2章を朗読した動画があります(英語)ので、こういうのを見ながら味わってください。

(http://www.youtube.com/watch?v=QdwcDHjngi8)
 1-2章のヨブは、どんな不幸に襲われてもひたすら恭順。自分の不幸を受け入れます。これが3章になると突然ぶちきれてしまうのが面白いですね。ヨブ1:21の「裸で母の胎を出た。また裸で帰ろう」とは「主は与え、主は奪う」とか、ヨブ2:10の「幸せをもらったんだから不幸ももらおう」とか、紙に書いて壁に貼っておきたい名文句ですね。

[16] モル序3章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/14(水) 10:59:54 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=ibm&chapter=3&mode=0
 昨日読んだモル序2章(実際にはモルモン経のさまざまな序文のうちの一つ)に書かれていたことを、ジョゼフ・スミス・ジュニア以外の三人の証人が証言するという体裁になっています。内容的には2章と同じ、よりシンプルになっています。

[15] 1マカ1章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/14(水) 10:56:45 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1ma&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:549]
 外典コース、水曜日はマカビー記を読んで行きます。
 マカビーは訳によってマカバイ、マカベア、マカベウスなどいろんな言い方をしていますので注意してください。新共同訳はマカバイですが、当サイトの独自訳「真理子のおまけ」はマカビーです。

※「真理子のおまけ」について詳しくは
http://www.babelbible.net/bible/bibhelp.cgi?imode=0&kaiin=1&helptext=omk
を見てください。ばべるばいぶるで口語訳聖書を指定したとき、本来口語訳聖書に載っているはずのない書名のところで出てくるデータがそれです。著作権を一切主張しませんので自由に使うことができます。

 なんでマカビーにしたかというと、「真理子のおまけ」は、口語訳聖書に収録されていない書を追加するというスタンスで作成している訳ですので、固有名詞表記を口語訳聖書にあわせています。マカビーは口語訳聖書には出てきませんが、そういう固有名詞は、戦前に聖公会から出た旧約聖書続編にあわせているのです。なぜなら聖公会の旧約聖書続編は、文語訳聖書を拡張するというスタンスで作られており、口語訳聖書の固有名詞表記は文語訳聖書に近いからです。
 それに、今イスラエルで売られている代表的なビールの名前がマカビーですからね。
 でも私自身もマカバイなんて言ったりすることも多います。
 まあ実際には「1マカ」「2マカ」のように言うことが多いので、あんまり混乱はないかもしれません。

 マカビー記は1から4まであり、新共同訳、カトリックの聖書などでは1と2が入っています。3や4はLXX(七十人訳聖書=ギリシア語訳新約聖書)に入っています。
 昨年は1と2を読みましたが、本年は3と4も読んでいきます。
 サムエル記や列王記の上下というのは、上→下という時代順になっていますが、マカビーの1から4はそうではなく、ほぼ同じ時代の出来事を別の観点から書いたものになっています。

 1マカ1章ではマカビー記の時代に至る背景が説明されています。有名なアレキサンドル大王(在位BC336-323)がオリエント一帯の大征服を行いますが、若くして死にます。王の死後、王国は分裂しますが、その後かなり長い間、オリエント一帯はギリシア人の支配する王朝が続き、お互いに戦うこともしばしばでした。
 そしてBC175。つまりアレキサンドルから150年ほどたって、アンテオコス・エピパネスという王が、セレウコス朝シリアの王となり、各地で戦争を起こし、地域の宗教文化を否定する政策を行います。
 ギリシアというのは私たちには哲学の国、学問の国、理性の国というイメージがありますが、こと政治や戦争に関してはきわめて残虐なことをやったりします。さらに文化的には、世界の支配者になってからは自分の文化を各地域におしつける、きわめてうっとうしい一面をあらわにします。ペルシアが征服地の習慣や法律をそのままその地域へのペルシアの法律として採用したのとは大違いです。だからこそヘレニズム文化という形でギリシア文化が広まり、仏教文化にもギリシア彫刻的な仏像が誕生したわけですけど、エジプトの神もギリシアの神と神仏習合、いえ神神習合したりというように、各地の伝統的な宗教文化はさまざまな影響をこうむり、消えていくものもあったわけです。まあ現在のアメリカみたいな存在でしょうか。全世界にアメリカの習慣を広めてまわる。そういう文化をおしゃれだと思って受け入れればいいのですが、そういう生き方を欲しない民族にとってはまことにうっとうしい存在になるわけです。
 そんなわけでユダヤ人、ユダヤ教も一大試練を迎えます。ギリシア文化をおしゃれだと思って積極的に受け入れる人も出てくる反面、独自の文化に対するさまざまな抑圧に抵抗しようという動きも起こるわけです。
 そういう抵抗を経てユダヤ教はしっかり確立していったのであり、ユダヤ教が確立しないとキリスト教も確立しませんので、この時代のことを知るのは非常に重要です。
 プロテスタントの人は旧約聖書の最後のマラキ書に描かれたバビロン捕囚後の神殿再建の時代から、一足飛びに新約聖書のイエス様の時代にとんじゃうわけなんですが、知識として教養としてでも、マカビー記をしっかり読む必要があるでしょう。

[14] 詩編1-2編 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/14(水) 05:36:55 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=psa&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:383]。今読むと無内容ですね、恥ずかしいわ。
 正典コースの水曜日は詩編を一年間かけて読みます。日本語表記は新共同訳が「詩編」、ほかの多くが「詩篇」ですね。編か篇かは特にこだわらないことにします。
 詩編は祈りの詩集。ユダヤ教でもキリスト教でも、礼拝では詩編のさまざまな部分を活用しています。
 たとえば日本基督教団では交読文という形で司式と会衆が1行ずつかわるがわる読むような形で読んだりします。
http://onlinechurch.blog64.fc2.com/blog-entry-2.html
 第1編と第2編は両方採録されていますね。
 「新約聖書・詩編つき」なんていう本もあるくらいで、「聖書の最後の本は何ですか?」「詩編です」なんていう笑い話もあるほどです。
 でも、昨年一年間かけて詩編を読んできた率直な感想として、詩編って意外に要注意なんですよね。びっくりするような呪いの言葉が出てきたりしてぞっとすることも多々あります。
 詩編は全部で150編。ただし外典では151番目があるんですが、それはまた別に読みます。
 この150編の詩を次のように大きく5巻に分けています。
  第1巻=1-41
  第2巻=42-72
  第3巻=73-89
  第4巻=90-106
  第5巻=107-150

 さて、第1編は冒頭ということで、さぞや壮大な詩が来ているかと思ったら、いい人はいい、悪い人は悪いという、シンプルな詩ですね。でも、だからこそ信仰の根本を言っているといえます。
 創世記冒頭なみに壮大なスケールで描いた動画を見つけました。ヘブライ語で読んでいます。

(http://www.youtube.com/watch?v=kPEAFCiL9WA)

 第2編も非常に有名。世界の政治的混乱を嘆き平和の到来を祈る内容です。
 語学の勉強みたいで無味乾燥ですが、ヘブライ語の朗読がこれ。

(http://www.youtube.com/watch?v=ccuaXMpvFTs)
 英語で歌ったのがこれ。

(http://www.youtube.com/watch?v=WwrYJyE8cOg)
 メンデルスゾーンも音楽をつけています。

(http://www.youtube.com/watch?v=87yKXfhJz6E)

[13] モル序2章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/13(火) 11:46:10 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=ibm&chapter=2&mode=0
 今日のところもしっかり読んで、固有名詞関係をおさえましょう。

 ジェレドの民……バベルの塔のときにアメリカに渡来
 ニーファイ人……BC600にエルサレムからやってきた民のうち善玉のほう。
 レーマン人……同様にBC600にエルサレムからやってきた民のうち悪玉のほう。ほとんど滅んだが一部はアメリカインディアンになる。

 そして、モルモン経自体は、モルモンが記し、モロナイがクモラの丘に埋め、1823年に復活したモロナイがジョゼフ・スミス・ジュニアに渡したということになっています。

[12] シラ書1章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/13(火) 11:24:46 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=sir&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:732]
 外典コース。火曜日はシラ書です。
 全部で51章もあるので、1週間に1章読むと、ほぼ一年(52週)で読めるというわけです。最終週だけは別のものを読みます。
 シラ書がどういう本であるかというのは、昨年度の記事でも書きましたし、この長々とした序文にも書かれていますのでお読みください。
 一つ、昨年書かなかったことを書きますと、この序文によればシラ書はBC133年に成立したことがわかります。ホントかどうかはわかりませんが、「おじいさんが書いた本のギリシア語訳」という体裁なので、もっと前かもしれませんけどね。
 これって、マカバイ記とほぼ同時代なんですよね。
 このころというのは、明日のマカバイ記の話でもやるように、イスラエルの宗教文化史のうえではバビロン捕囚に並ぶ危機的な時期だったのです。ギリシア人というのは外国の文化に対してきわめて排他的で、周辺の文化をみんなギリシア的に塗りつぶしてしまうところがあります。そういうギリシア人たちの支配が2世紀も続き、ユダヤ人たちの生活もすっかりギリシア化してしまう。そんな中でユダヤ人の文化を守る戦いが、実際の戦争としてはマカバイ記に記されたような戦争であり、精神的にはシラ書のような書物を記して、ユダヤ人の精神文化をわかりやすく広めるということだったのです。

 シラ書は、正典の箴言、外典の知恵の書などと同様に「知恵」をたたえます。今日のところもそうですね。この手の本で「知恵」というのは「信仰心」のようなものだと思うといいでしょう。なにをするにもまずは主を畏れることが大事だと強調しています。

[11] ヨシュア記1-5章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/13(火) 11:03:25 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=jos&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:382]
 正典コース。火曜日は「歴史」をやります。具体的にはヨシュア記~ネヘミヤ記。
 もっともユダヤ教のほうでは、ヨシュア記、士師記、サムエル記上下、列王記上下は「預言者」に入っています(それ以外のルツ記、歴代誌上下、エズラ記、ネヘミヤ記は「諸書」つまり「その他」)。単なる歴史ではなく、イスラエルがどう興(お)こりどう滅んだかというのを、きわめて宗教的な立場から書いているというのがミソです。だから単に事実の羅列ではないし、かなりの再構成、場合によっては虚構まで混じってる可能性があるので注意しましょう。
 まあ、私たちの見ている歴史だって、現代の視点から、つまり出来事の結果を知っているいわば神様のような立場で過去を見ているわけですけどね。たとえばバッハがライプツィヒの聖トマス教会のカントルつまり音楽監督に就職したとき、ライプツィヒの当局者たちは「ホントはテレマンのようなりっぱな音楽家に来てほしかったんだけど、仕方ない、二流の音楽家でガマンしなきゃ」とか言ったらしい。それを私たちは笑うわけですけど、まあその当時のバッハは、まだ名曲・マタイ受難曲も作曲してないわけだし、確かに二流の音楽家だったのよね。
 今NHKでやってる「坂の上の雲」、私は大好きで、ウォッカを片手にまるでプロレスを見るように興奮しながら「児玉源太郎さん、無能な乃木希典を早くやっつけて」なんてTwitterでツィートしたりしてますけど、まあ当事者たちは全然違う気持ちで戦っていたのでしょう。乃木もたぶん無能じゃなかったんでしょうね。
 ヨシュア記を読むと、イスラエルの民は連戦連勝、約束の地の先住民たちは根絶やしにされたように思いますが、実際にはちっとも根絶やしにされておらず、むしろイスラエルのその後の歴史は、民がどんどん異教(つまり先住民たちの文化)にそまってしまい、結局国を滅ぼしてバビロンに捕囚されてしまいます。そんな中でイスラエルの民が他と同化せずに生き残るには、きわめて排他的に周辺文化を否定するしかなかったんです。
 ヨシュア記もそういう目で見ると、違った見かたができるんじゃないでしょうか。
 戦いで滅ぼしているのは先住民の命ではなく、むしろ先住民たちの宗教的な文化なのであり、それをこういう形で象徴しているのです。
 ヨシュア記は読むたびにあまりの残虐さにへきえきするんですが、そういうふうに思って読むといいかもしれません。

 さてヨシュア記1-5章。モーセの後継者ヨシュアはついにエリコに入ります。契約の箱をかついだ祭司たちがヨルダン川を渡ると、まるでモーセのときのように水がひいていきます。出エジプトのときの水がひいた奇跡こそが、旧約最大の神の救済のしるし。それをヨシュアは再現しているかのようです。
 いっぽうでヨシュアは、たえて行われてこなかった割礼を実施します。戦いを前にこんな包茎手術なんかしてちゃいけないわけですけどね。実際、創34では、女きょうだいをレイプされたヤコブの息子たちが復讐するのに、相手をだまして割礼を受けさせ、傷の痛みで相手の力が衰えているところをねらいますよね。それほど割礼って痛いんでしょう。そんなことを大事な戦いの前にあえてやるというのは、この戦いが極めて宗教的なものであることを示しています。上で書いたように、先住民を滅ぼしつくす戦いというのは、実は先住民の宗教文化を否定して自分たちの宗教文化を守るのだということの象徴なんです。
 そして過越祭。現地の穀物を食べると、それまで得られていたマナはもうなくなります。もうマナのような離乳食はナシ。いよいよイスラエルは独り立ちします。

[10] モル序1章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/12(月) 11:08:54 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=ibm&chapter=1&mode=0
 異教コースは、日曜日から木曜日までモルモン経、金曜日と土曜日にクルアーンを読んでいきます。
 私は別にモルモン教徒でもイスラム教徒でもないんですが、聖書から派生した宗教ということで関心がありますので、あくまで参考書として読んでいきます。
 ただ、聖書は解説書が無数にありますし、クルアーンもいろいろありますけど、モルモン経は全然ありませんので、真理子もモルモン経のことはあんまりよく知りません。自分自身が理解するために、今年1年かけて読んでいこうというわけなんで、ほとんど「あらすじのまとめ」にしかならないと思います。

 なお、モルモン経(けい)はモルモン教(きょう)独自の経典ですけど、現在の訳では「モルモン書」と呼ばれています。ところがモルモン経を構成する15の書の中にも「モルモン書」というのがあってとてもまぎらわしいので、私のサイトでは、総称を「モルモン経」、その中の13番目の文書のことを「モルモン書」と呼ぶことにします。
 また、モルモン経には6種類の序文がついているのですが、私のサイトでは「モル序」という一つの文書扱いにして、その1~6章ということにします。

 さて、モルモン経は、モルモン教の創設者であるジョゼフ・スミス(二代目。1805-1844)が掘り出した古代の文書を彼が英語に翻訳したという体裁になっていますが、そこらへんの経緯を序文が記していますので、ここでは詳しく書かず、まずは読んでいくことにしましょう。
 ニーファイ人、レーマン人という二つの民族が出てきますが、簡単に言ってしまえば、前者が善玉、後者が悪玉です。そしてモロナイというのはジョゼフ・スミス・ジュニアのところに現れた天使。3節のイテル経だのジェレドだのは、イテル経(モルモン経14番目の本)のときにまた見ることにしましょう。
 まずはこのあたりの固有名詞をしっかり覚えていくことです。

[9] 詩歌1章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/12(月) 10:52:20 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=ode&chapter=1&mode=0
 外典コースの月曜日は、旧約外典のうち、文学的な書を読んで行きます。具体的には「詩歌、ソロモン詩編、エレミヤの手紙、マナセの祈り、エズ・ラ、ラオデキヤ、詩編151」です。
 さて「詩歌(Odes)」っていうのは初めて聞いたという人も多いことでしょう。LXX(七十人訳聖書。ギリシア語訳旧約聖書)に入っているのに、新共同訳の旧約聖書続編に入ってませんからね。そればかりか、昔出た教文館の『聖書外典偽典』にも入ってません。「詩歌」の日本語訳は当ばべるばいぶるが唯一のものです。えへん。
 とはいえ実は詩歌って、旧約・新約の中の有名な詩を13編抜き出したものにすぎないんです。だから元を見れば十分なんで、ばべるばいぶるの「真理子編訳」(真理子訳でないことに注意)も、早い話が、元ネタをそのままコピーしてきただけです。
 でも、最後の14章だけは元ネタがないんで、この部分は真理子訳が唯一の日本語訳です。再び、えへん。
 さて、1章は出15:1-19のモーセの歌。海が割れて無事にエジプトを脱出、追いかけてきたパロ(ファラオ)の軍隊が海にのみこまれて滅んだ奇跡を前に、モーセが高らかに歌い上げたものです。困難にあったときに読むと勇気が出るかもしれません。

[8] 創世記1-3章 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/12(月) 10:36:58 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=gen&chapter=1&mode=0
 正典コースの月曜日は、律法、すなわち旧約聖書の創世記~申命記の5書を読んで行きます。伝統的にモーセが書いたとされ、モーセ五書などと呼ばれたりもします。
 前回読んだときの記事は[0:380]です。こんなふうに、昨年度までの掲示板を参照したいときは、[0:番号]のように記してください。単に[番号]とすると2012年度の掲示板を参照することになります。
 創世記の1-3章は、天地創造とアダムの堕落の話で、書きたいことが山ほどありますが、今年は何にしましょうか?
 「ヤハウェくんウソつき説」なんてどうでしょう?
 ヤハウェというのは神様の本名です。あまりにおそれ多いので十戒で「神の名を唱えてはならない」と定められているので、ユダヤ人もクリスチャンも、学問的な場でない限りヤハウェなんて書きません。まして「ヤハウェくん」なんて不敬もいいとこですね。これは「真理子神学」の用語でして、真理子神学によれば、神様は完全無欠な善なる存在なんですが、人間は不完全で愚かな存在なので、神様を正しく表現できず、ユダヤ教も既存のキリスト教も、もちろん聖書も、神様を正しく表現していないと考えます。そういう不完全な表現による神様は、えてしてヘンなことを言ったりやったりするものです。そういうことを揶揄するときに「ヤハウェくん」という言い方をします。たとえば「ヤハウェくんも男なんだからさぁ、処女がいいなんてエロいこと言うのよ」みたいな感じです。これは神様をおちょくっているのではなく、既存のユダヤ教だのキリスト教だののゆがんだ考え方をおちょくっているのであって、真理子流の表現を味わっていただきたいと思います。
 さて、ヤハウェくんのどこがウソつきかと言いますと、創2:17で「善悪の木の実を食べると死ぬ」とかおどしておきながら、実際に食べてしまったアダムとエバは、その時点では死んでません。この意味ではへびのほうが正しいことを言っているのです。
 「でも、そのおかげで楽園を追放されたじゃないか? 楽園を追放されなきゃ死ななかったんだ」とお考えですか? 甘い甘い。創3:22で、「命の木からも取って食べ、永久に生きるかも知れない」って書いてるじゃないですか。この文は仮定の話ですから、まだアダムもエバも、命の木からは食べてないんです。ってことは生命が有限だったってことです。
 そもそも、ヤハウェくん(実は1章の神はヤハウェとは呼ばれてないんですが目をつぶってください)は創1:28で男と女に「生めよ、ふえよ」って言ってるじゃないですか。そもそも人は最初から「生む」ことを命ぜられてるんです。実際、創3:16では、女の産みの苦しみを増す、と書いてます。善悪の木の実を食べなくても、苦しくはなかったかもしれないけど、女には最初から「生む」という仕事が命ぜられていたことになります。なぜ次世代を生まなければならないか。それは現世代の命が有限だということの裏返しになります。つまりアダムが堕落しようとしまいと、最初から人間は死ぬことになってたってわけです。
 まあこんなふうに、創世記の話は突っ込みどころが満載で、とてもじゃないけどこれをホントのこととして信じることなんかできないんですが、私たち現代人は、創世記の話をどう読めば生きる希望や指針を読み取れるかという観点で解釈すればいいんです。
 たとえば3章ではエバが終始積極的です。アダムは自分の意志も薄弱で、エバの勧めるがままに木の実を食べてしまいます。従来はこういうのは「女は魔物だ」と解釈されて来たんですけど、私は逆に「女こそが男をリードする。女がいなきゃ男は生きていかれない」と解釈します。実は聖書って女性の役割を高らかにうたいあげてたんですね。そんな感じに、現代人の視点から事由に聖書を再解釈していきましょう。

[7] 異教コースの概要 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/11(日) 20:25:23 コメントする ここから閲覧

 聖書から派生した聖典として、イスラム教のクルアーン、モルモン教のモルモン経(けい)を読んでいきます。
 伝統的にクルアーンは30日あるいは60日で一巡する通読方式があるので、60日のものをさらに各々2等分すれば120日で読めます。この区切りは「真理子のおまけ」(口語訳聖書で出てきます)のクルアーンの本文内に示しました。【Reading-35】とあったら、そこが35回目の開始箇所です。
 120を52で割ると2あまり16。ですから年の前半36週は金曜日と土曜日、後半16週は木曜日も加えて読めばいいわけです。
 モルモン経は全部で245章あるので、52で割ると4あまり37。ですから年の前半36週は日~木曜日の5日間、後半16週は日~水曜日に読めば、244章読めます。あれ、1章たりないですね。そこで最終日だけがんばって2章ぶん読みます。
 目下のところ、モルモン経各文書のジャンルわけはしておりません。機械的に最初から順番に読みます。1年まわしてみて変更するかもしれません。

[6] 外典コースの概要 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/11(日) 20:23:18 コメントする ここから閲覧

 新共同訳では「旧約聖書続編」として15書(ダニエル書補遺の3書を別々に数える)をおさめていますが、LXX(ギリシア語訳旧約聖書)とヴルガタ(ラテン語訳聖書)にはそれ以外の書が6つあります。これらをとりあえず「外典」と呼ぶことにします。
 外典は全部で240章あるので、1日1章読むとしてもあと124日ぶん余ってしまいます。そこで、余ったぶんでイミタチオ(キリストにならいて)を読みます。これが114章。
 すると10日ぶんあまるので、調整用として、ばべるばいぶるでは取り扱ってない旧新約偽典文書を選び、通読のためだけのテキストを作成してそれを読むことにします。いまのところの計画は次のとおりです(変更の可能性あり)。

アリステアスの手紙(57ページ。3回)……LXX成立の縁起
ヤコブ原福音書(ヤコ福。26ページ。2回)……マリア様の物語
トマスによるイエスの幼児物語(幼児。16ページ。1回)……四福音書がほとんど伝えないイエス様の幼時のエピソード
コリントの信徒への第3の手紙(3コリ。5ページ。1回)……別名「パウロとコリント人との往復書簡」
パウロの黙示録(パウ黙。41ページ。3回)……パウロが伝える天国の様子

これらの書物を、次のように各曜日に割り当てます。

月曜日……外典-文学1(詩歌、ソロモン詩編、エレミヤの手紙、マナセの祈り、エズ・ラ、ラオデキヤ、詩編151)。月曜日と金曜日で文学的作品を扱います。月曜日と金曜日の性格の違いは特にありません。割り振りの関係でごちゃごちゃしてますし、最後のほうの「エズ・ラ、ラオデキヤ」は、仕方なしにここに割り当てたものです。
火曜日……シラ書。別名「集会書」と呼ばれることわざ集。最終日は3コリを読みます。
水曜日……マカビー。マカビー(マカバイ)記を順繰りに読みます。1日1章ずつ読むと4章ぶんオーバーしてしまうので、最後4回分は木曜日に応援をしてもらいます。
木曜日……説話(トビト記、ユデト記、エス・ギ、パウロ黙示録、4マカ4回分)。前三者は説話的な本。後二者は説話とは言えませんが、割り振りの関係で持って来ました。
金曜日……文学2、イミタチオの応援。「文学2」としましたが、要するに月~木で扱ったものの残りです。最後のほうでは土日のイミタチオの応援にもわりあてます。
土曜日……イミタチオ1・2・4巻。4巻の一部は金曜日にまわしています。
日曜日……イミタチオ3巻。これも一部金曜日にまわしています。

 外典を月~金、イミタチオを土日に割り当てたのは、一般に外典が旧約的、イミタチオが新約的だからです。このあたりは正典コースとのかねあいを考えました。ただし、月~金のジャンルは、できるだけ正典コースとかぶらないようにしました。同じようなものをその日のうちに読むのは退屈でしょうから。

[5] 正典コースの概要 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/11(日) 20:20:53 コメントする ここから閲覧

 通読計画のうち「正典コース」は、うちのオリジナルではなく、「52 Week Bible Reading Plan」 http://www.bible-reading.com/bible-plan.html というサイトのものをそのまま流用しています。

月曜日……律法(モーセ五書)
火曜日……歴史(旧約聖書のヨシュ~エス)
水曜日……詩篇
木曜日……その他の詩歌
金曜日……預言書(黙示録を含む)
土曜日……福音書(使徒言行録を含む)
日曜日……手紙

のように、曜日ごとに分野を決めて原則順序どおり読んでいくというスタイルです。
 旧新約聖書を1年で読もうというのですからかなりハードですが、小説を読むことを考えたらなんということはありません。スローペースで細かく精読していくスタイルもあろうかと思いますが、全体を見通してハイペースで大ざっぱに読んでいくスタイルのものを、ばべるばいぶるでは採用しました。

[4] 通読計画について 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/11(日) 20:15:56 コメントする ここから閲覧

本年からは通読計画をリニューアルし、次の3コース制とします。

Aコース(正典コース)……旧約聖書39書、新約聖書27書のみを、「52 Week Bible Reading Plan」 http://www.bible-reading.com/bible-plan.html の通読表にしたがって読むコースです。
Bコース(外典コース)……外典(旧約聖書続編)およびイミタチオ(キリストにならいて)を読みます。
Cコース(異教コース)……聖書から派生した聖典であるクルアーンとモルモン経を読むコースです。

A・B・Cというのは紛らわしいので、できるだけ正典、外典、異教という形で言うことにします。

[3] この掲示板の方針 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/11(日) 20:10:00 コメントする ここから閲覧

 今までは聖書に関係ない私の意見もいろいろ書いておりましたが、そういうのはできるだけTwitterに書くことにして、ここは原則として聖書通読ネタにしぼります。
 2012年からは新共同訳にない外典、イミタチオ、クルアーン、モルモン経も聖書通読に加えます。すなわち、ばべるばいぶるに収録されているすべての書を対象とします。
 聖書正典と新共同訳にある外典は、いままで1年間で読み続けて来たのですが、できるだけ昨年の話とかぶらないようなことを書いていきます。
 掲示板とは言っても基本的に私の聖書通読を連載していく場なので、ほかの方の書き込みは修道女・修道士に限定させていただきます。
 なお、この掲示板の内容はそのままmixiの私の日記として表示されます(ほかの方の書き込みは除く)。

[2] 今までのデータを見る方法 投稿者=真理子 掲示日=2011/12/11(日) 01:09:01 コメントする ここから閲覧

 今までのデータを見るには、この掲示板の右上のプルダウンを、2012年から、「年度なし」に変更します。

[1] 新年度の御挨拶 投稿者=真理子 掲示日=2012/12/11(日) 00:00:00 コメントする ここから閲覧

ばべるばいぶるの聖書通読は明日12/12から新年度になります。そこで掲示板もリニューアルしました。昨年度までのデータも残っていますが、とりあえず新規スタートです。

より古い投稿