[ばべるばいぶる]

真理子の聖書日記


このサイトを作りながら、聖書を読みながら真理子が考えたことです。
真理子修道会の修道女/修道士の方のみ書き込むことができます。

掲示板運営方針(必読)


twilog


検索語 :
検索語[] ヒット数983

[405] 詩編6-8編、トビト記9章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/29(水) 00:16:59 ここから閲覧

●詩編6-8編
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=psa&chapter=6&ruby=1&mode=0
 どれも美しい詩です。味わってください。

●トビト記9章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=tob&chapter=9&ruby=1&mode=0
 なんかものすごく短いですね。
 ラファエルはトビヤのかわりにガバエルのところに行き、借金回収をしただけでなく、彼を婚宴に連れて来ます。

[404] ヨシュア記11-15章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/28(火) 03:38:41 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=jos&chapter=11&ruby=1&mode=0
 勝って勝って勝ちまくり、殺して殺して殺しまくるヨシュア記も実質的にここでおしまい。13章じゃ「ヨシュアはもう年老いた」なんて言ってますからね。ここからは領土分割リストになります。
 では、彼らはどのくらい領土を得たのかというと、私の嫌いな福音派(聖書に書いてあることを全部そのまま信じちゃうファンダメンタリスト)の立場に基づく注解書ですけど、この本だけは一目おいて私も使っているという「新聖書注解」による地図がこれです。
http://www.babelbible.net/images/josmap2.gif
 なあんだ、ぜんぜんじゃん。地図の網掛けがほとんど消えててわかりにくいですけど、この地図のツロとかダンとかがあるところから南は全部まだなのよ。今までの話は要は大本営発表で、実際には負けて負けて負けまくった話が書かれていないだけなのね。次の士師記を読むと、かなり多くの章が「イスラエルの人々が悪いことをしたので主はイスラエルの人々を××に渡された」みたいな話で始まるんで、実際はこのあたりまでかかってゆっくりゆっくりとこの地への定住が続いていったことがわかります。

[403] 創世記8-11章、トビト記8章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/27(月) 01:25:16 ここから閲覧

●創世記8-11章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=gen&chapter=8&ruby=1&mode=0
 有名なノアの方舟の話は、よく知っているようで、実は神様の下した結論が創8:21にあるように、「人は悪いことしか考えないからもう滅ぼさない」という、ずいぶん不思議な話で終わっています。「悪い人が滅びたからもう滅ぼさない」ではないんですね。そして9章ではノアの堕落の話が出てくるし、なんとも後味の悪い終わり方です。
 11章はバベルの塔の話。でもこの話も、大それた計画をたてたのが悪いんじゃなくて、実は、「散らばりたくない」と思ったのが悪かったんですね。こんなふうに、創世記っていうのは、よく読むと新たな発見がある本です。

●トビト記8章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=tob&chapter=8&ruby=1&mode=0
 悪魔は退治され、話の半分は片付きました。

[402] ロマ書3-4章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/26(日) 03:24:59 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=rom&chapter=3&ruby=1&mode=0
 信仰のうえで「正しい」ってどういうことかを書いてます。
 「義人はいない。一人もいない」ロマ3:10は有名ですね。タモリさんの宣教師ネタはここを使ってましたっけ。それからジョークの好きな大和カルバリーチャペルの大川従道牧師のネタに「美人はいない。一人もいない」っていうのがありました。
 ごめんなさい。疲れたんで寝ますわ。
 

[401] シュトレン 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/25(土) 20:38:50 ここから閲覧

 クリスマスイブは、タクシー運転手のだんなは仕事だったんで、私もパートの仕事のシフトを入れちゃいました。そんなわけで今日がわが家のクリスマスのメインです。
 近所においしいパンを売るベーカリー、「マフィーユ」という名前の店があって、そこからシュトレンを買ってきました。
 ちなみにこのマフィーユ、開店のときはMa Fillesという表記だったんですけど、フランス語を知ってる方はピンときますよね、ちょっと痛いわね、このミスは。
 そう思ってたら、ある日だんなが「今日乗せた客がさ、あのMa Fillesっていう店のフランス語のスペルがおかしいっていうんだ。いろいろ言ってたけど意味がわかんなくてさ、真理ちゃん教えてくれよ」って言う。
 filleっていうのは「娘」、単数がfilleで複数がfillesなんだけど、フランス語って末尾の子音を読まないから、発音はどっちもフィユで区別ナシ。でもその前のma(私の)が変わるから区別できるのよ。複数だとma(マ)がmes(メ)になるのよ。だからマフィーユっていうならMa Filleなの。どうしても複数形にしたいならMes Filles(メフィーユ)じゃなきゃダメ。ちなみに「息子」は単数も複数もfils。フランス語としては例外的に末尾の子音を読んで「フィス」よ。フランス語って難しいのよ。文法を正確に知ってないとスペル間違えちゃうんだから。
 そんなことを説明してあげたんですけど、しばらくしたら、ビニール袋の表記がMa Filleに変わってましたわ。誰か指摘した人がいたのね。ちなみに屋根に掲げた看板はMa Fillesのまんま。

 シュトレンというのはドイツのクリスマス用ケーキで、ドライフルーツがいろいろ入ったパンケーキ。Stollenですけど、どういうわけか日本ではシュトーレンって書いてます。でも発音はシュトレンよ。マフィーユでもシュトーレンって書いてたわ。つくづくこの店は、言語ヲタにネタを提供してくれるお店よね。
 ちなみに英語のstolen(盗まれた)に似てますね。ネットで検索したら、案の定「My Stollen was stolen!!!」
http://www.etsy.com/forums_thread.php?thread_id=6716434
っていう記事を見つけたわ。「おさかなくわえたドラ猫」ならぬ「シュトレンくわえたイヌ」ですね。この記事にも書いてますけど、お菓子なのにワインによく合うのよ。

 今夜はこのシュトレンと、カレー味ローストポーク(豚ブロック肉に薄口醤油とカレー粉を塗りこんで一日おいて、180度のオーブンで40分焼いた)とシャンパンで、一日遅れのクリスマスよ。

[400] マタイ3-4章、トビト記7章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/25(土) 03:04:19 ここから閲覧

前日に通読表の話を書くといっておいて、もう日付が変わっちゃいましたね。
本日12/25分です。

●マタイ3-4章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=mat&chapter=3&ruby=1&mode=0
 イエス様がヨハネに入門して洗礼を受ける話と、悪魔の誘惑を受ける話、弟子をとる話です。
 信仰の立場からはイエス様は最初から神様だったわけですけど、そしたら「じゃなんでヨハネに入門しなきゃならないんだ」ってことになっちゃいますよね。マタ3:14-15にはそのツジツマあわせみたいなことが書いてありますけど、人間イエス様、歴史のイエス様は、最初はふつうの人だったのであり、ヨハネに入門してヨハネの思想の影響を受けて育ち、修行をし、誘惑と戦って、大きくなったわけです。
 マタ4:4の「人はパンのみにて生くるにあらず」。日本はもちろんヨーロッパでも「食べ物だけでなく精神的なものが大事」っていう解釈をされてます(新聖書注解もそうだわ)けど、佐藤優さんが書いてるように、もともとの申8:3によれば、エジプト脱出の後、荒野で飢えたときに、神様はパンのかわりにマナという食べ物を与えてくれたんだ、神様を信じていれば危機に直面しても何とかなるものだ、という意味なのであって、ちょっとズレてるわけですね。そういうことが、引照を見るとよくわかるわけです。

●トビト記7章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=tob&chapter=7&ruby=1&mode=0
 トビヤはラグエルに会い、娘のサラと結婚します。
 

[399] カレー三昧 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/23(木) 19:01:47 ここから閲覧

 [392]に引き続きカレーなる生活。
 冗談半分で、スパゲティカルボナーラにカレーを入れてみました。
 まず本来のカルボナーラは、細かくしたベーコンをフライパンで焼き、生クリームと牛乳を1:2(生クリームを多くするとコクが出ます。ここらへんはお好みで。なきゃバターで代用します。有塩バターなら後に入れる塩を少なくすればいいんです)を投入、卵黄を入れてかき混ぜてソースを作り、塩コショウで味を調え、これにゆでたスパゲティを入れるだけの料理です。
 間違っても卵は卵白まで入れちゃダメです。世に出回っているカルボナーラのレシピには全卵入れるように書いているものもありますが許しがたい行為です。卵黄だけで濃厚な味にするのがおいしいのです。卵白がもったいないなら別に食べればいいんです。作り終わった後のフライパンで何もひかずに卵白をお箸でぐしゃぐしゃさせながら炒めると固まりますので、あんまり固くならないうちにさっきのパスタの上に乗せればいいでしょう。こんなふうにしてでもいいですから、絶対に最初に混ぜちゃダメ。
 これが基本で、あとは、ベーコンと一緒に野菜を炒めるのもよし(できるだけくたくたになるまで炒めたほうがいいです)、粉チーズを混ぜるのもよし、というところ。
 で、これにカレー粉を入れてみたんですね。
 いや、これおいしいです。濃厚なカルボナーラソースがカレーを包み込んでくれるんですね。だまされたと思って試してみてください。

 カップヌードルにはカレー味のものがありますけど、お店で出すラーメンやパスタでカレー味のものって少ないですよね。うどん・そばはカレーうどんとかカレー南蛮とかありますけど。けっこう合うと思うのに。カレー粉ってあんまり安くないですから、価格が高くなっちゃうのかしら。
 あと私がやるのは、カットトマトでトマトソースを作るときにカレーを入れるというものです。トマトとカレーってけっこう合います。

[398] ヨブ記3-4章、トビト記6章、イザヤ書7-11章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/23(木) 17:03:16 ここから閲覧

今日の分を書き忘れてましたわ。
こんどから明日分を書くようにしようかしら。
では今日は2日ぶん。

●ヨブ記3-4章(12/23)
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=job&chapter=3&ruby=1&mode=0
 ここからが実質的にヨブ記の本編。要約しちゃうと「オレは生まれてこないほうがよかった」一言でおしまいになっちゃいますんで、ここはぜひ、暗記しなくてもいいですから、ゆっくり朗読してみて表現を味わってくださいませ。

●トビト記64章(12/23)
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=tob&chapter=6&ruby=1&mode=0
 トビヤとラファエル(アザリヤという偽名を使ってます)の旅が始まります。チグリス川で大きな魚を捕まえます。この魚がトビトの目をいやし、サラについている悪魔を退治するのに役立つのです。え、そんなネタバレをしちゃだめだって? だって今日読む聖書にそう書いてあるんですもの。聖書ってこういう点には実に配慮が欠けてます。

●イザヤ書7-11章(12/24)
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=isa&chapter=7&ruby=1&mode=0
 7-8章が有名なインマヌエル預言で、イエスの誕生を予言した部分とされています。でもそれだったら、イエス様の誕生を予告した天使は、「イエスと名づけろ」マタ1:21 ルカ1:31なんて言わないで「インマヌエルと名づけろ」って言えばよかったのにね。原始キリスト教団の人たちは、「イエス様こそ(旧約)聖書に予言されたメシアだ。ほらほら、ここにもイエス様のことが書いてある」という感じで、聖書のあちこちを探しまくったわけです。その一つがここなんですけど、まあ要するに無理のあるコジツケですよね。

[397] 詩編3-5編 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/22(水) 05:46:41 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=psa&chapter=3&ruby=1&mode=0
 どれも苦難にあったときに神様に助けを求める詩。3-6編までは実は一つの詩なのではないかという説もあるほど、内容が似ています。
 「セラ」というのは意味がよくわかってないらしいですが、たぶん音楽的な記号なのでしょう。
 今の新共同訳では、最初の詞書(ことばがき。これは真理子が勝手に言ってる言い方で、要するに詩の説明です)から1節という振り方をしていますが、以前はその次から節を数えていたので、数字がズレています。

[396] 聖書の人々完全ビジュアルガイド 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/21(火) 22:12:39 ここから閲覧

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/9784862550798.html
 なんか頭の痛い本が出ました。私こういう絵、キライなんですけど、聖書の登場人物をこんな感じのイラストで描いた本が出ました。この表紙じゃどんな感じの絵かわからないっていうなら、たとえば、
http://www.ne.jp/asahi/jun/wod/nakoruru.html
とか
http://www7b.biglobe.ne.jp/~nana-no/work_book_e_01.html
とか(この本に描いてるマンガ家のサイトへのリンクです)みたいな感じですよ。でもこういう絵って男心をくすぐるみたいで、だんなは、「リベカがかわいい」とか「ユディトがエロい」とか、たわごとを申しておりますです、はい。

 ところでだんながエロいエロいと喜んでいるバト・シェバについての記述ですけど……
 バト・シェバっていうのはサム下11以降に出てくる、ウリヤという兵士(将校級かしら?)の美人妻。水浴びをしているところをダビデ王が見て、エッチをしちゃう。妊娠しちゃうと、ダビデは不倫の発覚を恐れて、わざとだんなのウリヤを激戦地に派遣して戦死させちゃうわけです。結局このときの子はすぐ死んじゃうんですが、その後に生まれたソロモンが次の王になるのです。
 で、ふつうはこの話は、ダビデがエッチだったという解釈なんですけど、この本によれば、王の女になって権力を握りたかったバト・シェバが最初から仕組んだことだったって書いてます。
 え、ホント? そんな話は初耳よ。ねえ、監修者の島田裕巳先生、そんな話どこに書いてあるの?

[395] クリスマスって何の日? 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/21(火) 16:24:18 ここから閲覧

ひさびさに説教原稿をアップしました。

http://www.babelbible.net/mariko/opi.cgi?doc=xmas&course=preach

クリスマスが近いのでクリスマスの話をアップしておかなきゃ、ね。

[394] ヨシュア記6-10章、トビト記5章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/21(火) 09:58:09 ここから閲覧

●ヨシュア記6-10章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=jos&chapter=6&ruby=1&mode=0
 勝って勝って勝ちまくるヨシュア記も、たまには負ける話が出てきます。それが第7章。
 その負けた原因というのが、分捕り品をちゃんと神様に奉納しないで横取りしちゃった人がいたからってことなんですが、その捜査の仕方が「くじびき」なんですね。くじをひかせてあたった部族に犯人がいるっていう話。
 よっぽどこのくじは神がかり的に悪事をお見通しなんでしょうか?
 そんなこと、あるはずがありませんわ。
 そんな分捕り品の横取りなんて、みんなやってたことのはず。どの部族があたったって、犯人は必ずその中から出てきます。
 つかまっちゃったアカンさんは、運があかんかったわけですね(秦剛平先生なみの寒いギャグね)。

 申命記、ヨシュア記、士師記、サムエル記上下、列王記上下は、実は同じ歴史観で書かれています。それを象徴する話がこれなので、この場を借りて書いておきましょう。
 イスラエルの神様は唯一絶対。でもそれだったら、ユダヤ人はいまごろ全世界を支配しているはずなのに(まあ、ユダヤ教から出たキリスト教とイスラム教を信じている人が多いですから、精神的な支配はしたのかもしれないですけど)、なぜか現実のユダヤ人国家は弱い。ダビデ、ソロモンのときがちょっと華やかだっただけで、あとは大国に押されっぱなし。
 これは矛盾ですよねぇ。
 この矛盾を解決するうまい方法をユダヤ人は見つけました。
 「罪を犯したから神が罰を与えたのだ」と考えるわけです。
 上記の書を見ると、昔の人、特に昔の王様は、神様の教えをちっとも守らない、なんと悪い奴らだったのかしら、と思いますが、それは当たり前です。ユダヤ教ができる前の人たちがユダヤ教の教えを実践することなんかできるはずもありません。イスラエルの神様ヤハウエなんて、バアル神とかほかの神なんかの一つでしかなかったんです。ユダヤ教の目から見れば、ユダヤ教以前の社会は悪に満ちているはずで、「だから弱かったんだ」なんていうネタはいくらだって見つかります。
 「弱かった理由をあとから作り出す」。この考えの典型が、今日の第7章なんですね。
 でもこういう考えをバカげているって思っちゃダメですよ。私たちだって知らず知らずのうちに、現代の価値観で歴史を見てませんか? アレクサンドロス大王の遠征を「侵略だからけしからん」なんて思う人はいないかもしれませんが、19世紀から20世紀の帝国主義的支配については、私たちはまだまだ、戦後の歴史観で見てしまう傾向がありませんか?

●トビト記5章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=tob&chapter=5&ruby=1&mode=0
 トビト記の真の主人公、ラファエルが登場します。ラファエルはカトリック圏では人気の天使ですが、聖書ではこのトビト記にしか出てきません。トビト記というのは実は「ラファエル記」と言ってもいいほどです。

[393] 宋技学『基礎朝鮮語』 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/20(月) 12:40:08 ここから閲覧

 実はこの本、いままで修道会ページにアップしていたんですが、考えてみたらこれって著作権フリーなので、オモテにアップします。
http://www.babelbible.net/pdf/kkorsjh.pdf
 この本は1958年に大学書林から刊行されたものですけど、著者の宋技学さんは在日で、例の北朝鮮帰国事業で1960年代初頭ぐらいに北朝鮮に帰国、その後は行き方知れず、というのが私の理解です。
 北朝鮮は長らくベルヌ条約に加盟しておらず、ですから北朝鮮の著作物は煮て食おうと焼いて食おうと勝手だったのでずか、今ではベルヌ条約に加盟しているので本来はそんなことはありません。しかし日本政府の見解によれば、北朝鮮とは国交がないので著作物の許諾を得ようにも得られないから、依然として北朝鮮の著作物はフリーである(台湾とも国交ないですけどこっちはいくらでも民間交流できるのでダメ)、とのことですので、じゃオモテにアップしちゃおうと思いました、はい。
 これ、ばりばりに北朝鮮びいきの本で、例文に金日成将軍の歌なんかが載ってますからね(p.159。PDFページだと85)。なかなかすごい本です。北朝鮮に帰国しようとしていた人はみんなこの本で勉強したのかしらね。
 そのくせ説明はヘタクソなんで、これ読んでもなかなか朝鮮語ができるようにならないと思います。指導者がいれば別ですけど独習は無理ね。だんなは中学時代に朝鮮語に興味をもって、当時は大学書林の「朝鮮語四週間」とこの「基礎朝鮮語」しかなく、前者は中学生の小遣いにしては高価だったので買えず、この本で勉強したものの見事に挫折したそうです。中味みたらさもありなんって感じですね。
 ちなみに高価だった「朝鮮語四週間」は名著ですよ。内容は古い(正書法は韓国の、しかもオリンピック前の旧式)ですけど、今でも現役で売られているので、入門者にはお勧めしませんが、実力をつけた人の副教材としてはとてもいい本なのでお勧めしますわ。
 教訓「勉強するときはお金をケチるな」。

[392] カレー三昧 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/20(月) 11:50:29 ここから閲覧

 最近寒くなりました。
 暖かくなると家では全裸ですごす私も、さすがにこの時期は裸だと死にそうですので、しっかり着込んでます。でも全然暖まらない。かなりきつい冷え症になってしまいました。友人からも、真理ちゃん体つめたいね、前は暑がりだったのにどうしたの? と言われたほど。
 理由はたぶん、ダイエットしてるから。だんなの血糖値を下げ、私の体重を下げるためには、草食系になりきるしかないと、限りなくベジタリアンなメニューにしてます。ほんのちょっと卵とかハムとかシーフードミックスとかいれますから、完全なベジタリアンじゃありませんけど。
 「体を暖めるにはショウガとか香辛料がいいわよ。体脂肪も燃焼するからダイエットにもなるし」というお友達からのアドバイスをうけて、カレー中心のメニューにしてみました。

 まずはカレー粉ですけど、スーパーで売ってる100グラム400円ぐらいのカレー粉じゃ、すぐなくなっちゃうし高いんで、ネットを探したところ、
http://item.rakuten.co.jp/saketakashimaya/815755
「かねたけカレー粉」1キログラム1680円なんていうのを見つけたので、これを取り寄せてカレー三昧な日々。
 我が家のカレーは市販の「ハウスジャワカレー」みたいなものは使わず、カレー粉だけで作ります。例によって10リットル炊飯器(通常サイズです)に野菜を大きめに切って入れ、それから缶詰のカットトマトを半分入れ、目盛り6-7分目くらいになるまで水を入れる。このとき忘れずにタマネギや長ネギをフープロでみじん切りにします。タマネギだと中1個まるごと。こうすると小麦粉を入れなくてもどろどろになり、ご飯にかけて食べるのに耐えられるようになります。もっともうちは米を食べないので、さらさらスープカレーでもいいんですけど。
 私は調味料を先に入れてから炊きますけど、炊き上がりに別の鍋に移し変えてから入れてもいいでしょう。カレー粉は大さじ2杯。かなり辛いです。最初は少なめに入れて、味を見て少しずつ増量したほうがいいかもしれません。これに友達から教わったとおり、チューブのショウガをかなり多く入れます。
 市販のカレールーはかなり塩が入っているので塩気のある食材を入れると食べられなくなるほどですけど、自分で作るなら塩の量は食材にあわせて調節できますよね。もっともカレーは、塩を多く入れないとおいしくないので、通常は最低でも小さじ1杯は入れなくちゃダメです。減塩してるならレモンやゆずなどをしぼってもいいんですけど、かなりエスニックな味になるので、塩はなかなか減らせないですね。
 できあがったカレーを食べると、なんだかおなかの中にカイロが入っているようで、全然体が冷えない。それに今までなかなか減らなかった体重が減ってる。香辛料が体脂肪を燃やしてくれるのかしら。これはいいわ。

 あとは野菜炒めなんかでもカレー粉を入れたりします。中華の作り方でカレー粉をちょっと入れると意外に合います。

 クリスマスですんでローストチキンを作る練習もしてみました。ビニール袋に鳥のモモ肉にカレー粉と小麦粉とショウガと薄口醤油を適当に入れてよく揉みこんで、6時間くらい置いといて、180度のオーブンで25-30分。なかなかおいしいものができました。

 だんなはもともとインドの言語のサイトをやるくらいでカレーは好きですから、当分はカレーばっかりのメニューが続きそう。

[391] スターデジオ 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/20(月) 10:35:41 ここから閲覧

 我が家は一応スカパーHDをやってます。知らない人だとスカパーHDとe2と光の違いがわからないかもしれませんが、要するに本家スカパー、独自衛星でやってる放送です。
 だんなが以前、韓国映画のサイトをやってたとき、KNTVという韓国語放送を見たくてアンテナを立てたのがきっかけで、今でも続いています。もっとも今契約しているのはクラシカジャパンというクラシック音楽専用番組だけですけど。
 先日、ハイビジョン放送も受信できるチューナーへのアップグレードキャンペーンに申し込んで、新しいチューナーが届きました。
 これを機会に、前々から気になっていたスターデジオ
http://www.stardigio.com/
を聴いてみようと思っていたんです。
 なんで「これを機会に」かというと、以前は、新しいチューナーをとりつけて1週間くらいはすべてのチャンネルが見ほうだいになっていたので、今もそうかなと思ったわけです。ところが今はそうじゃないんですね。がっかりだわ。でもいったん「ほしい」と火がついちゃった私のうさぎさん魂は消すことができず、とりあえず契約を始めてしまいました。つまんなかったら来月解約ってことで。
 スターデジオというのはスカパーでやってる音楽専用の100チャンネルからなるラジオです。全部契約して(部分は不可)月1575円、たとえばクラシックのチャンネルは6つあります。
 スカパー自体はテレビ放送ですけど、これはラジオなんで、音だけしか出ません。でも、いまかかっている曲のデータが画面に出てくるのは便利です。

 以前、USEN
http://www.usen.com/
に興味を持っていたことがあります。だんなはかつてUSENも契約していて、自宅で聞いてたらしいですね。びっくりしました。普通USENってレストランとかスナックとか美容室とかがお店のBGM用に契約するものですから、個人で聞く人は珍しいですね。私もUSENを聴いていたのは、元カレがよく連れていってくれたラブホでした。今日はこれかけてしよう、とかね。でも元カレと私の音楽の好みが全然違うのでチャンネル権をめぐってよくケンカしたわ。
 USENは別名USEN440って言うくらいで440チャンネル、音楽だけでなく、時報を延々と流し続けるチャンネルとか、「ひつじが1匹、ひつじが2匹…」っていうのを言い続けるチャンネルなんていう変り種もあって面白かったです。地上波各局のラジオ放送をそのままかけてるチャンネルもあって、ふつうのラジオが聴きたいんだけど受信環境が悪くて聴けないっていう人が個人でUSENを契約してるってこともあるみたいです。
 スターデジオがUSENがわりになるかなと思って契約してみたんですけど……

 結論からいえば、あんまり面白くなかったかも。
 番組はどのチャンネルも2~3時間でエンドレスで繰り返すんで、しばらく聴いてると、「あ、これさっき聴いた」ってことになっちゃう。で、この番組が週単位でしか変わらないんで、あきちゃうんですよね。
 曲のデータがわかるのはUSENにない強み、さすがにテレビでやってるラジオ番組ね。でもNHK-FMのクラシック番組みたいに曲の解説をしゃべってくれるほうがやっぱり面白い。スターデジオはUSENと同じで曲をかけるだけなんで、あきてきちゃうんですね。
 しばらく聴いてみますけど、やめちゃうかもしれない。

 それにしても、スカパーかどっかで、宗教専門チャンネルってやらないかしら。絶対面白いと思うんですけど。アメリカのテレヴァンジェリスト(TV伝道師)たちのパフォーマンスたっぷりの説教や礼拝は、たまに見ると面白いですから。

[390] 創世記4-7章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/20(月) 09:09:30 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=rom&bible1=link&book=gen&chapter=4&ruby=1&mode=0
通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
のジャンルも一巡しました。
 創世記4-7章は、カインの殺人事件と、ノアの方舟の話の前半です。
 どちらも有名な話ですが、読むたびに新たな発見があると思います。
 いま八木雄二『イエスと親鸞』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/9784062582452.html
を読んでいるんですが、創世記冒頭のいろいろな話について、ユニークな解釈をしていて面白かったです。十人読めば十人の解釈があるのね。
 私の解釈は上の(ばべるばいぶるへの)リンクの「引照」にいろいろ書きました。私は一人娘なんで兄弟姉妹との葛藤みたいなことってよくわかりませんけど、だんなは長男なんで、カインの苦悩がよくわかるって言ってますわ。

[389] ロマ書1-2章、トビト記4章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/19(日) 04:53:37 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=rom&chapter=1&ruby=1&mode=0
通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
では、日曜日はパウロなど使徒たちの書いた手紙です。
 「ローマの信徒への手紙」は、パウロが文字通りローマの信徒たちに書き送った、公共の場で声に出して読まれることを念頭においた手紙です。通称「ロマ書」。新約では「××が書いた手紙」も「××へ送られた手紙」も、どっちも「××書」って呼んじゃいます。
 イエス様の言動だけをとれば、異端的ではあってもユダヤ教の枠内にとどまるものでしたが、それをユダヤ教と異なる新たな宗教にしたてあげたのがパウロなので、これらの手紙は福音書以上にキリスト教的です。が、難解な(珍妙な)理屈をこねくり回していたり、当時の教団の事情が反映されていたり、異端者に対する名指しの批判があったりと、福音書に比べてとっつきにくいのは事実です。心して読みましょう。
 今日読む部分の最後も、信徒であることのしるしである割礼というのが、肉体的なものではなく精神的なものだという、ユダヤ教から脱皮するような内容を説いています。
 割礼というのはいまでいう包茎手術みたいなもんですけど、ギリシア人って、オリンピアなどのスポーツ競技を全裸でやったくせに、皮のむけたオチンチンを見られるのが、セックスやオナニーのしすぎのように思われるので、とても恥ずかしかったらしいです。だからわざわざ包茎にしちゃう。スポーツ競技のときには皮の先をひもでしばっていたらしいです。こんなギリシア人にユダヤ教起源の教えを広めるうえで、割礼っていうのは絶対に排除しなきゃいけない習俗だったんですね。
 ギリシアの習俗ってけっこう独特で、ヒゲを剃らないんですよ。ヒゲを剃るのが刑罰の一つだったほどです。ところが隣のローマじゃヒゲを剃るのがおしゃれとくる。カトリックなど西方の聖職者はヒゲを剃るけど、東方正教会の聖職者がヒゲをそらないのは、この習慣が綿々と受け継がれているからです。
 あ、余計な話をしてしまいました。ともあれ聖書をお読みください。

トビト記のほうは
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=tob&chapter=4&ruby=1&mode=0
いよいよ物語始動直前。トビトは昔メディア(イランのあたり)でお金を人に貸したことを思い出し、息子のトビヤにそのカネの回収の旅をさせます。

[388] マタイ1-2章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/18(土) 03:52:16 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=mat&chapter=1&ruby=1&mode=0
通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
では、土日が新約聖書、土曜日は福音書(イエス様の教えや行いを記した書)と使徒言行録(使徒たちの働きを記した書)です。
 福音書は4種類あり、まるで黒沢映画の『羅生門』みたいに、それぞれ書いてあることが少しずつ食い違います。そういう矛盾をヘンに解決しようとせず、そのまま並べているところに、聖書を大切にしてきた人々の崇高な歴史を真理子は感じ取ります。
 今回は画面が左右になっていて、左がマタイ本文、右は引照。引照というのはリンクです。今日のところみたいに、名前ばっかりずらずらっと並んでいるところなど、ちょっと引照のリンクをクリックしてみてください。たとえばマタ1:5のラハブ、どういう人か知りたければ右側の引照をクリックするのです。あ、ラハブの話は今週の火曜日に読みましたよね。
 引照は現在入力途上でして、少しずつ完成させていきます。

[387] イザヤ書1-6章、トビト記3章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/17(金) 10:31:41 ここから閲覧

●イザヤ書1-6章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=isa&chapter=1&ruby=1&mode=0
通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
では、金曜日は旧約聖書の「預言」。ただし新約聖書の「ヨハネの黙示録」も含みます。
 「預言」は「予言」じゃありません。「予言」といったら未来のことを予想して言うわけですが、「預言」は、神様から「預」かった「言」葉というわけです。内容的には未来のことも含むかもしれませんけど。
 この通読表でいちばんしんどいのが金曜日かもしれません。一日の範囲が広いうえ、内容が難解。トランス状態で書かれた(またはそのように装った)わけのわからない神様の言葉ですから。それを生半可に理解して、何か天変地異があると、「あっ、これは××書のここに書かれている」みたいなオカルト解釈をしたりする人も多いし、それを鵜呑みにしてヘンな行動にかりたてられたりもする、かなりヤバい本ですよね。
 だから聖書になじみのない人は、金曜日の内容は飛ばしてもかまいません。むしろ土曜日の内容を2日間じっくりやったほうがいいんじゃないでしょうか。
 イザヤ書は、40章以降は別人が書いたとされています。そういうことが言われ始めたのは宗教改革以降。それまでだって神学者は聖書を暗記するほど読んだ(昔は本なんかなかなか手に入らないから、書物を暗記しないと学問は始まらないんで、聖書を全部暗記するなんて珍しくありませんでした)はずで、それだったら、よく読めばそういうことがわかるはずなのに、わからなかったってことは、みんなあんまり預言って真剣に読んでなかったのね。
 内容的な話は来週金曜日に書きますね。トライする人はまず先入観なく読んでみてください。

●トビト記3章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=tob&chapter=3&ruby=1&mode=0
 「××書」「××記」の違いは、一応、××さんが書いたと思われるものは「××書」、××さんについての話なら「××記」ってことになってます。もっとも翻訳によってはごっちゃにしていることがあります。
 さて3章は、トビト記の女主人公サラの話。今まで7回結婚したのに、初夜でみんな男が死んじゃう
 。私はこれを読むと、以前、朝鮮語を勉強したときにいろいろ見た、韓国のエロ映画とか、「ピョンガンセ(병강쇠)伝」を思い出します。一応古典芸能パンソリの演目にもなってるんですよ。巨根の持ち主ピョンガンセ、日本でいえば道鏡ですかね、そういう絶倫男が主人公なんですが、女主人公にオンニョ(옥녀)っていうのが出てきまして、セックスした相手がみんな死んじゃう絶倫カマキリ女なんです。この二人が出会ってさあどうなるかという話なんですけど、サラってまさにオンニョみたいな感じなんでしょうね。
 韓国にはこういうおおらかなエロ話があって、決していやらしくなく、むしろおかしい。まさに「艶笑譚」。昔、今村昌平監督の『赤い橋の下のぬるい水』っていう映画がありました(辺見庸の同名小説の映画化らしいです)けど、これはセックスのときにあまりに潮(それが「ぬるい水」)を大量に吹いて周囲が洪水になってしまうという女の話。でも一応設定は現代なんですよ。これもおかしい艶笑譚でした。そういう艶笑譚としても読めますね、トビト記って。

[386] ギリシア文字パッド 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/16(木) 21:01:39 ここから閲覧

だんなのサイトに、デーヴァナーガリー文字やアラビア文字入力のためのユーティリティーを設置したのですが、それを機に、私のサイトのギリシア語入力ユーティリティーを大幅改良した、ギリシア文字パッドを作りました。
http://www.babelbible.net/lang/grpad.htm
 ポイントは、発音をカナで示せるようにしたことと、それから、全部Javascriptで書き直したこと。Javascriptって、あなたのブラウザ(IEとかFirefoxとかGoogle ChromeとかOperaとかSafariとか)に組み込まれた言語、いわば「ブラウザのマクロ」ですから、今までみたいに一文字一文字ボタンを押すたびに私のサイトにアクセスするようなことをせず、全部あなたのマシン上で動作することです。それから、コードが全部見えますので、自由に改変することもできます。
 私は著作権なんて大嫌いなので、私の作るものはみんな「どんどん持ってって、みんなあげちゃう、うふん」ということにしたいんですけど、今までみたいなCGIだと持ってってもらうわけにもいかない。Javascriptにすれば持ってってもらえます。

 でもJavascriptって大変だったわ。デバッグ環境は最悪。どこでエラーが起こったか全然わからないから、「エラーが起こったら怪しいところを削ってみる」「試したい機能だけを抜き出したサンプルページを作ってテストする」っていうのの連続。

 それからJavascriptって、いい参考書が全然ない。いや、どの参考書も工夫していてできるだけ使いやすくしようと思っているっていうのはわかるんだけど、たぶんJavascriptの性質上、絶対にいい本が作れないんだろうと思います。だってJavascriptって、言語仕様は超単純なんですけど、ブラウザの各部品その他あらゆるものをオブジェクトにして、それぞれにプロパティ(いろいろな設定値)、メソッド(その設定値を変更するための操作)、アクション(ユーザがどういう操作をしたかを検知する)がずらずらずらずらーっとある。それを覚えないと使えないわけです。
 そうすると参考書はものすごく分厚くなり、字は小さくなり、アラフォーで老眼進行中のババァな私にはとってもツライ。なにしろ索引だけでたいへんなページ数で、しかも索引の種類がいっぱいあって、どの索引をひけばいいかすら迷っちゃう。
 FORTRANみたいな昔の言語でいえば、とりあえず言語仕様を覚えれば何とかなる。たとえば行列の掛け算とか、自分でプログラムするつもりになればできるわけです。実際にはそういうのは、とっくに全部誰かがプログラムしちゃっていまして、それがライブラリーとして用意されているから、自分でプログラムする必要はない。逆に、そのライブラリーの呼び出し方を覚えなきゃいけないんだけど、それは少しずつやってきゃよかった。ところがJavascriptは、そういうライブラリーを覚えないと何もできないわけです。だから最初の敷居がとっても高い。Javascriptに限らず、最近のオブジェクト指向言語が難しいのは、実にこの点なんです。
 実は、Javascriptの一番いい参考書はネットです。迷ったら「Javascript ラジオボタン 値 取得」みたいなキーワードでぐぐっちゃうのが一番早いです。これからは何でもそういうことになっちゃうのかしらね。

[385] 青木健『ゾロアスター教』『アーリア人』 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/16(木) 20:06:42 ここから閲覧

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062584085.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062584387.html

[374]に続いて青木健さんの本を立て続けに読んでみました。どちらもすごく面白かった。青木さんのシニカルなジョークも全開で、バスの中で読んでたら爆笑しちゃいましたわ。

 『ゾロアスター教』のほうは、この宗教にいかに私が無知だったかを思い知らされました。ゾロアスター教なんて昔のイランにあった地方宗教なんていう認識は甘いです。ザラスシュトラが説いた世界の終末がなかなか来ない(あらら、イエス様が「すぐにでも来る」と言ったはずの終末がなかなか来ない「終末遅延問題」ってキリスト教だけじゃないのね)ので、神官たちが編み出した苦肉の説「未来に終末がやってくる」というのが、ユダヤ教のメシア思想にも仏教の未来仏思想にも影響を与えていたのね。
 『アーリア人』のほうは、スキタイ人だのパルティア人だの大月氏だのエフタルだのソグド人といった、真理子にとっての「世界史の脇役」の話がいっぱい出てきて勉強になりました。
 そしてどちらも、ニーチェの説くツァラトゥストラとか(なにしろ私、『ゾロアスター教』を読むとき、リヒャルト・シュトラウスの『ツァラトゥストラはかく語りき』、あの、映画『2001年宇宙の旅』に出てきた冒頭だけがやたら有名なあの曲です、それをBGMにして読んでましたから)とか、ナチスの「アーリア人」みたいに、ヨーロッパから異様に神秘化されてしまった歴史をもしっかり書いてあります。
 あまりに新しい話がいっぱい出てきて真理子の頭は台風になっているので、しばらくは手元において何度も何度も読み返したいと思います。

[384] ヨブ記1-2章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/16(木) 10:24:10 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=job&chapter=1&ruby=1&mode=0
通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
では、木曜日は旧約聖書の「文学」です。具体的にはヨブ記、箴言、コヘレト、雅歌の4つです。どれも詩ですので、詩篇同様に必ず声に出して読み、できれば暗唱してください。黙読しちゃうとちっとも面白くないです。
 さてヨブ記は、正しいことをしている人が徹底的に不幸になっちゃう話。今日の第1-2章は導入です。神様がサタンにそそのかされて、ヨブに徹底的に不幸を与えてしまいます。まったくひどい話ですが、ここまでひどくないにせよ、この世の中には正直者がバカを見ることが数多くあり、あなただって毎日1回はそういう目にあっているはずです。そういうときにどう思えばいいか、ヨブ記を読んで人生の知恵にしましょう。

[383] 詩編1-2編、トビト記2章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/15(水) 08:30:55 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=psa&chapter=1&ruby=1&mode=0
 旧約聖書には「詩編」という、150編の詩がおさめられている部分があります。水曜日はそれを一年間かけて読んでいきます。
 通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
では一番のんびりした進度の日です。ここはぜひ、最低でも声を出して読みましょう。できれば暗唱にもチャレンジしてみましょう。

 旧約聖書続編、トビト記のほうは第2章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=tob&chapter=2&ruby=1&mode=0
 トビトが失明をしてしまいます。私が読んでいていたたまれないのは、失明をしてからのトビトは、すっかり猜疑心が強くなってしまって、最愛の奥さんにさえつらくあたってしまうシーンです。

[382] ヨシュア記1-5章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/14(火) 07:38:38 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=jos&chapter=1&ruby=1&mode=0
通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
では、火曜日は旧約聖書の「歴史」です。ユダヤ教の伝統的な分類では「預言者(の書)」に入るんですけど、キリスト教のほうでは、預言者っていったら、何だかわけのわからない詩をぶつぶつ言ってるイザヤ書~マラキ書だけにして、イスラエルの歴史の話が書かれているヨシュア記からエステル記までを「歴史」とするのが普通です。
 火曜日は分量がかなり多いので、歴史小説を読むような感じで速読をするといいです。

 さてヨシュア記は、エジプトを脱出して放浪していたイスラエルの民が約束の地に入る話、ただ「入る」ったってそこには先住民がいるわけで、当然戦争になります。全編が戦争の話で、神の力のもと、勝って勝って勝ちまくり、殺して殺して殺しまくり……です。はっきり言ってゲンナリすることも多々あるかと思いますが、「本当は恐いグリム童話」みたいに、昔のお話って残酷なものが多いですよね。現代の私たちは、桃太郎の鬼退治の話を子ども向けに語るときは「最後は桃太郎も鬼もみんなで仲良く」みたいに改作しちゃうかもしれませんけど、本来は残酷な鬼退治の話で、あんまり退治されるほうには感情移入しないで、ともかく素直に「勝った勝ったバンザイ」みたいに読んでください。
 今日のところではヨシュ1:9に「強く雄雄しくあれ」なんてあるでしょ? こういう言葉から素直に勇気をもらえばいいんですよ。意外にアメリカの黒人奴隷たちって、自分たちも抑圧された側なのに、ヨシュア記好きですよ。「ヨシュアは攻めたよジェーリコー」なんていう歌もあるでしょ?

 今日の1-5章は有名なエピソードがいっぱいあって、2章では遊女ラハブの活躍もあります。マタ1によれば、このラハブはイエス様のご先祖です。イエス様の先祖には遊女もいたんですね。

[381] トビト記1章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/13(月) 10:26:14 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=tob&chapter=1&ruby=1&mode=0
 通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
には、2日に1回、もう一つの通読箇所が書いてあります。
 これは、旧約聖書続編という部分です。
 旧約聖書はもともとヘブライ語で書かれていましたが、外国に移住してヘブライ語がわからなくなったユダヤ人のため、またそもそも外国人に読ませるために、当時の国際語であるギリシア語に訳されました。「七十人訳聖書」っていうんですが、この聖書はただの翻訳ではなく、原典なみの権威をもった翻訳として尊ばれました。
 が、この翻訳には、ヘブライ語原典が存在しない文書(これが「旧約聖書続編」です)が含まれていたんですね。
 当時はまだ、聖書に含まれる本の数や種類がふらふらしていたんですが、後にユダヤ教では、続編を聖書から除いちゃって、聖書は39の書物からなるってことになりました。一方、キリスト教が受け継いだ旧約聖書には、続編がそのまま残っちゃいました。
 16世紀の宗教改革者たちは、カトリック教会の権威を否定して、聖書のみに権威を認めよう、ついては聖書ももとの形に戻そうというので、続編をカットしちゃいました。一方、カトリック、東方正教会、聖公会の聖書には続編が残りました。
 聖公会を除くプロテスタントでは、続編を読まないので、オリジナルの通読表には続編が入っていませんが、当ばべるばいぶるでは続編もちゃんと読もうというので、2日に1回、機械的に1章ずつ読んでいきます。偶然にもそれでちょうど1年ぶんになるんですね。

 今日読む部分はトビト記の冒頭。どういう話かは読んでのお楽しみ。天使ラファエルが大活躍する面白い(人によってはくだらないかも)説話風の物語です。

 なお、一番上のリンクで出てくる口語訳聖書はプロテスタント用の聖書でして、続編は入ってません。ですが、ばべるばいぶるがデフォルトとしている口語訳聖書には、一応すべての書を入れておこうということで、続編は真理子が独自に訳した「真理子のおまけ」を表示するようにしています。もともとの口語訳聖書には入ってませんのでご注意ください。

[380] 創世記1-3章 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/13(月) 10:14:27 ここから閲覧

 そんなわけで、通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
に従って、その日の分に関する簡単なコメントを書いていくことにします。

 今日は創世記の1-3章。
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=gen&chapter=1&ruby=1&mode=0
でお読みください。これは1955年に出た「口語訳聖書」です。その後の1987年に出た新共同訳が現在の標準ですが、著作権の関係で口語訳聖書のほうにします。修道会会員の方は新共同訳もばべるで読めますよ。

 月曜日は「律法」。これは旧約聖書の最初の5つの書で、ユダヤ人が守るべき規範が記されています。もっとも最初の創世記と、次の出エジプト記の前半は、規範というより歴史物語風になっていますが、伝統的に律法扱いされています。伝統的にはこれらはモーセが書いたことになっていますが、今ではそんなことを信じている人は福音派(聖書の一字一句を真理として信じる人たち)だけです。

 1-3章は、天地創造とアダムの堕落。ここは非常に有名なところで、言いたいことが山ほどありますが、ぐっとこらえて一つだけ。いつも思うんですけど、アダムとエバの言い訳がとってもリアルで、いっつも私ってこういう言い訳の仕方をするわね、と思わず笑っちゃいますね。

[379] 明日は通読表の新年です 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/12(日) 05:40:11 ここから閲覧

 うちのサイトで使っている聖書通読表
http://www.babelbible.net/bible/dspcalen.cgi
は、1年間で聖書全部を読んじゃおうというものですが、今日でその1年が終わり、明日12/13(月)から新しい1年が始まります。
 ずいぶんヘンなときに始まる気がします。どうせなら1/1とか12/25から始めればいいのに、と思いますが、それはこの通読表のオリジナル
http://www.bible-reading.com/bible-plan.html
が、正確には「1年で聖書を読む」のではなく「52週で聖書を読む」ものだという事情があります。つまり1年を52週364日として、364日間で聖書を読もうというプランなので、1996年1月1日の開始以来毎年毎年1~2日ずつ開始日が早くなっており、今回の新年度は12/13から始まるわけです。
 この通読表は、月曜日=律法、火曜日=歴史、水曜日=詩篇、木曜日=文学、金曜日=預言、土曜日=福音、日曜日=使徒たちの手紙というふうに、曜日ごとにジャンルわけしているので、開始日がずれてきてでも週の単位にこだわろうということなのでしょう。
 真理子もこの通読表で1年間読んで来ました。1年間で聖書全部を読もうというのですからかなりハードですが、分量の多い火曜日や金曜日はふつうの小説を読むように早読みし、詩篇や福音はじっくり読むことができました。また、聖書の一部にはとても退屈な部分がありますが、曜日によってジャンルが違うので退屈を紛らわすことができ、無理なく読めました。
 この機会にぜひあなたも聖書通読にチャレンジしてみましょう。

[378] 炊飯器と煮豆 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/11(土) 23:46:38 ここから閲覧

 ご飯を炊く以外の用途に炊飯器を使うというのは最初は抵抗があるかもしれませんが、一度やるとやみつきになります。とても便利ですから、ホームセンターとかアウトレット店とかで安物の炊飯器を買って煮込み料理専用にするといいです。
 本屋には炊飯器を使った料理の本もありますし、mixiには「炊飯器レシピ」というコミュもありますし、日テレで以前やってたおネエMANSでマロンさんがよくレシピを披露してましたが、実のところは2・3のレシピを見たら後は見る必要がありません。なにしろ基本的には水と食材と調味料を入れてスイッチポンだけですから。
 ついでながら、ラジオしか聴かない私もおネエMANSは見てました。料理や化粧やファッションという女のたしなみも、男性に教わるほうが勉強になりますね。考えてみれば料理人なんてプロはみんな男性だし、美容師も男性が多いですよね。まして女性的な男性っていうのは、努力しなければ女になれないぶん、研究熱心なんでしょうからね。
 炊飯器の話に戻りますが、このとき卵を入れておくとゆで卵が一緒に出来上がるので便利です。

 さて、我が家の炊飯器のもう一つは煮豆器になってると書きました。豆はよく食べます。しかもレンズ豆、ひよこ豆、キドニービーンズといったもの。近所のスーパーになかなか売ってないのでもっぱら通販ですね。
 レンズ豆以外の豆はどれも、最低6時間水につけ、それから水を取り替えて、お米を炊く要領で同量の水を入れ(つまり、豆が目盛り2のところまで入ってたら、目盛りが4になるまで水を入れる。もっと水が多くても大丈夫)てスイッチポンです。塩を入れてもいいんですが、後から味付けするときに邪魔になる場合があるので、我が家では水だけで煮ています。
 保温になったらザルにあけて水をすて、冷ましてから容器にいれて冷蔵庫にいれときます。
 あとは何に入れてもいいんですが、一番使うのはカレーかしら。豆カレーってインド料理の定番ですからね。聖書でもヤコブがエサウに食べさせて長子権を奪ったのが豆料理ですから、豆はおいしいです。
 レンズ豆だけは別。レンズ豆はインスタント感覚で使えます。インド料理屋のダールって(ダールは豆一般なので豆カレーなら何でもダールって言えるんですが)レンズ豆つかってることが多いですよね。形がレンズに似てるからレンズ豆っていうのかと思ったら、まるきり逆で、レンズってもともとこの豆の名前だったのであり、レンズが発明されたときに、豆に形が似てるからレンズって呼ぶようになったらしいです。
 レンズ豆は10分吸水させて15分ゆでれば食べられます。カレーにするなら最初に水につけ、その間にフープロでタマネギをみじんぎりにして、フライパンでニンニクと一緒にそのタマネギをオリーブ油で炒め、それから缶詰のカットトマトと一緒にレンズ豆を入れて、水を入れて(水っぽい野菜ならじっくり煮れば水が不要の場合もあります)15分ほど煮て、おしまいにカレー粉を入れればOK。全工程30分もかからないです。これで小麦粉など入れなくてもどろどろとしたカレーになりますから、うちではカレーは粉で買っていて(通販で1キロ単位で買って大きなタッパーに入れてます)、ルーは使いません。カレーのときは炊飯器もあんまり使わないんですが、炊飯器で作ったシチューをカレーで味付けすることもできますね。それだったら他の食材と一緒に最初にレンズ豆を入れれば大丈夫です。レンズ豆はあまり煮すぎず多少アルデンテ(芯が残ってる)のほうがおいしいですから。

[377] 眠っちゃった 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/11(土) 23:04:03 ここから閲覧

 このところ疲れがたまっているのか、今日は朝から体調が悪い。
 朝6時にだんなと朝ごはんを食べて洗濯をしてパートの仕事に出かけて、帰りのバスで熟睡しちゃって終点で他の客に起こされる始末。家に帰っても体がだるくて、晩ごはんのしたくもせずに眠りこけちゃった。
 起きたら夜の9時半。夕方の休憩で家にもどっただんなには夕食を出せなかったわ。
 かわりに「お疲れ様、シチューが出来てるよ」と置手紙があって、炊飯器からいいにおいが。
 私もだんなもパン党、麺食いですし、ダイエットもかねて、うちはお米を一切食べません。2つある炊飯器は、一方はシチュー製造器、一方は煮豆器になってます。
 シチューってラクですよ。野菜を適当に大きめに切る。ダイコンもニンジンもジャガイモも皮つきで一切下ごしらえしない。皮をむくのはタマネギくらい。それを炊飯器に入れて水を入れてコンソメを入れてスイッチポンでおしまい。ここまで5分もかかりません。それで2時間後にはシチューの完成。
 ウチは草食系だし、ダイエットしてるので、あんまり肉類を入れません。肉を使う料理はたいてい豆腐、油揚げ、生揚げのどれかで代用しちゃいます。麻婆豆腐だって、ひき肉のかわりにフープロで砕いた油揚げを使っちゃいますもの。鈍感な人だったら言わなきゃひき肉だと勘違いしてくれます。シチューには肉のかわりに生揚げを大きめに切って入れて豚の角煮だと思って食べます。ホンモノの豚や牛を使うなら事前にさっと炒めてから炊飯器に入れるといいでしょう。
 基本的に材料は水の中に一緒に入れてスイッチを押すだけですが、ソーセージを入れるなら最後に保温になってからです。最初に入れるとソーセージが破壊されて原型をとどめなくなります。
 シチューはこのまま食べてもよし、さらに味付けするなら鍋に入れて調味料を入れてひと煮立ちさせます。たとえばクリームシチューにするなら生クリームと牛乳を入れてひと煮立ちさせて塩コショウで味を整えます。
 炊飯器は便利です。家を留守にしていても安全に勝手に作ってくれますから。いわば全自動圧力釜ですね。ダイコンも一切下ごしらえせずに中まで味がしみこみます。
 だんなもこのテを覚えていたようで、夕方6時に戻ってきたら私が眠りこけていたので、夕食をガマンしてセットしてくれて、2時間後、できあがったころに戻ってきて食べ、それからまた仕事に出かけ、その後に私がやっと起きたというわけね。すっかり私はぐうたら主婦になってしまったわ。
 まあ、ふだんからこうならただのぐうたら主婦でしょうが、ふだんからパートに病院にと忙しく動き回っているのを知っているので、いざというときは優しくしてくれるのね。
 おまけに、「映画のDVDを525円で売ってたから」と言ってマーヴィン・ルロイ監督、ロバート・テイラー、デボラ・カー主演の映画『クォ・ヴァディス』(1952)が置いてありました。それをだんなのパソコンにかけて見ながら私のパソコンでこれを書いてます。パウロとかペテロとか出てきて面白いですね。

[376] にわかナース 投稿者=真理子 掲示日=2010/12/09(木) 16:57:40 ここから閲覧

 だんなのお父様が年末年始に一時退院して自宅で年を越すことになったのですが、毎日血糖値とインスリン注射をしなくちゃいけないっていうんですね。お父様は糖尿病じゃないんですが、ステロイドの副作用で血糖値が猛烈に高くなってまして、普通なら空腹時は80-100[mg/dl]のところが240[mg/dl]とかありますから。
 糖尿病の人は自分で注射をしなくちゃいけないからたとえ幼児でも特訓してできるようにするって聞きましたが、お父様は少々ボケ気味なんで、家族ができるようにしろっていう。
 血糖値は指に針をさして出血させて、センサーの先ですくいとるんですね。インスリンは専用の注射器があって、誰でも失敗なくできるようにはなってますが、それでも注射には違いないですから一応おなかに針をさす。
 実の息子なんだからだんながやればいいと思うんですが、「血を見るのが苦手」「針をさすなんてできない」とかいって逃げ、この役目が私にまわってきました。これだから男はあてにならないわ。
 私はがさつものなんでナースなんて務まらないんですけど、とりあえずやり方は覚えて、ここ数日、面会時間をわざわざ昼食前にして(食事前でないとダメだから)、何回か実習しました。まあなんとかできそうです。

 この実習のためにパートのシフトを変更してもらって、昼間にひまな時間ができたので、神保町の古本屋街にある友愛書房に聖書を捜しにいきました。RVやRSVのアポクリファ(旧約続編)つきがないかなぁと思ったんですが、それはちょっと見当たらない。かわりにいろいろ英語聖書を買いあさってきました。気がついたら3万円くらい使っちゃった。仕事をしないでこんな浪費しちゃうなんて、うさぎさんになっちゃうわ。

 明治訳のルカは入力がすべて終わりました。これは最終24章。
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=mj37&book=luk&chapter=24&ruby=1&mode=0
 次はヨハネです。