[ばべるばいぶる]

真理子の聖書日記


このサイトを作りながら、聖書を読みながら真理子が考えたことです。
真理子修道会の修道女/修道士の方のみ書き込むことができます。

掲示板運営方針(必読)


twilog
お名前 :
メールアドレス :
題名 :
内容 :
修道会ID :
修道会パスワード :
    再表示  初期表示(最新投稿から30件ずつ)


検索語 :
検索語[] ヒット数476

[388] 2コリ1-5章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/15(日) 02:15:09 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2co&chapter=1&mode=0
 昨年度の記事は[0:593]および[0:605]
 先週の日曜日は復活祭で、午前中ばかりか午後も教会でパーティがあり、その後も家で祝杯をあげていたので、聖書日記をさぼってしまいました。そこで今日は二週ぶんです。
 昨年も書いたとおり、2コリは真正のパウロ書簡ですけど、5つの手紙が組み合わされた上に全体の序文がついています。昨年も書きましたけどもう一度書きます。
  序=二コリ1:1-2
  A=二コリ2:14- 二コリ3 二コリ4 二コリ5 二コリ6 二コリ7:1-4
  B=二コリ10 二コリ11 {2co:12 二コリ13
  C=二コリ1:3- 二コリ2:1-13 {2co:7:5-
  D=二コリ8
  E=二コリ9
 逆に現行の章の順番でいえば、
  1=序(1-2節) C(3節-)
  2=C(1-13節) A(14節-)
  3・4・5・6=A
  7=A(1-4節) C(5節-)
  8=D
  9=E
  10・11・12・13=B
 ABCDEというのは岩波の命名で、どれを先にしてもいいんですけど、混乱を避けるために従っておきます。要は1-7章/8章/9章/10-13章とわかれ、さらに1-7章は2つの手紙が入れ子のようになっているというわけです。
 一応現行の順番どおり読みますが、このことを注意して読んで行く必要があります。
 [26]に新約聖書の各書の成立年代をまとめました。またパウロの生涯の年表として
http://www.asahi-net.or.jp/~zm4m-ootk/pauronenpyou.html
もご覧ください。5つの手紙はいずれも53-55年ごろに書かれたもののようです。
 なお、岩波は序をCに属するものとしていますが、序は無内容ですから、Cだけに属するものとしてもよし、全体にかぶさるものとしてもよし、私も特にこだわっていません。

 さて1-5章は、2章13節までがC。残りがAでした。
 Cを片付けますと、患難、苦難、圧迫、死の危険…と、パウロはかなりひどい迫害にあっています。8節に「アジヤで会った患難」とありますが、たぶん 使19:23以降にあるような偶像鋳造職人たちからの「お前らのせいで商売あがったりだ」という迫害だろうと言われていますが、このときのものなのかどうかはよくわからないみたいです。そして2章では、多くの涙をもって手紙をいろいろ書き送ったと書いています。その手紙の一つがBです。そしてトロアスに行ったらテモテに会えなかったのでマケドニヤに向かったという話でCはひとまず終了。
 2章14節からA。冒頭の「しかるに」(口語訳)は無視しましょう。2章でキリストをかおりとして表現したあと、3章ではわれわれは文字ではなく霊に仕える者だと言ってます。つまり(旧約)聖書として書かれた律法に仕えるのではなく、新しい契約つまり霊(魂)に仕える者だというのです。この時代はまだ新約聖書ってありませんからね。「文字は人を殺し、霊は人を生かす」(6節)は有名な言葉です。ここでいう霊とは17節にあるとおり主であり、「主の霊のあるところには、自由がある」と言ってます。
 4章では、そういう霊に仕える仕事をしているわれわれの宣教というのは「自分を推薦」つまりキリストを信ずる自分たちの姿を「どうだすごいだろう」と見せることが宣教だというのです。それは「土の器」である弱い自分の中に神の偉大な光が輝いているからです。私たちは外面的には弱く滅んでしまうようなものであっても、内面的には日ごとに新しくなっていくのです。それが 二コリ5:17「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である」ということなのでしょう。

[387] クルアーン36回 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/14(土) 12:33:07 コメントする ここから閲覧

 クル-36回。8章1-40節。
 いつもそうですけど、このリンクで表示される「真理子のおまけ」は、聖書通読スケジュールを追いかけてやっつけで作ってますので、41節以下は未完成です。
 最初のほうで、一部の信者がいやがったとか、二つの部隊のうち…とかいうのは、イスラム教が誕生した当初の戦いをふまえて言っているので、今の私たちが読んでもピンときません。でもそれは聖書の詩編だってそう、敵と戦う詩が多いじゃありませんか。こういうのは、私たちの現実生活にもたくさんある苦難に置き換えて読めばいいんです。苦難にあったときに、私たちはついつい、ラクなほうが来るといいと思いますけど、そういうときに往々にして苦しいほうが来る。それでも神様を信じて勇敢に立ち向かえ、という教えだと思えばいいんです。

[386] 1イミ18章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/14(土) 12:26:29 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1ic&chapter=18&mode=0
 昔の教父たちの修行はすごかった、それに比べて今の修行者はなってない、というわけです。教父の修行に限らずどこでも聞かれる言葉ですね。昔はよかった、今はなってない。人間はついつい昔を美化してしまうものですけど、実際にそうだったかどうかは別として、現在の信仰生活のあり方を反省するには、昔を美化するのが手っ取り早いのでしょう。昔のものは実際には見えませんからね。

[385] マルコ15-16章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/14(土) 12:21:11 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mar&chapter=15&mode=0
 昨年度の記事は[0:604]
 イエス様が死んだときの百卒長(百人隊長)の言葉マコ15:39「まことに、この人は神の子であった」は、私はずっと、「おやおや、この人は本当に神の子だったのかねぇ」の可能性を考えていました。だってギリシア語の疑問文なんて、末尾をあげさえすれば作れちゃいます。
ἀληθῶς(本当に) οὗτος(この) ὁ(おう) ἄνθρωπος(人は) υἱὸς(子) θεοῦ(神の) ἦν(だった).
そういう場合は最後を疑問符にします。ギリシア文字の場合は?じゃなく ; です。でもそんな句読点なんて昔は書かないのが普通でしたから、平叙文も修辞疑問文(反語文)も区別つきません。徹底したリアリストのマルコのこと、最後までイエス様の死をみじめに描くほうがマルコらしい。そのためには百卒長にもののしられながら死んだほうがリアルです。
 でも、その直前の38章、「神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた」というのは、単にふしぎな現象というだけでなく、それによって至聖所の門が開けたこと、それまでは大祭司しか入れない、しかも年に一回しか入れない所が、すべての人に開かれたことを意味します(ヘブ10:19-20)。
 そしてマルコ冒頭の マコ1:10「天が裂けて、聖霊がはとのように自分に下って来るのを、ごらんになった」というのとも対応しています。マルコにとってイエスが神の子なのは、別にダビデの血統だからじゃないんでマタイみたいな長々とした系図は書かないし、処女から生まれたからでもないんでマタイみたいなウソくさい伝説なんか書かない。ヨハネのバプテスマを受けたときに天が開けて「あなたはわたしの愛する子」という声があったからなんです。これが最後の「神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた」にも対応している。最初に天が開け、最後に至聖所が開かれたんです。イエス様の犠牲によって、私たちは神の世界との交流が可能になったのです。
 これを礼拝にとりいれてるのが正教会、正教会の教会は至聖所があって、イコンがいっぱい掲げ競れた戸の向こうで司祭たちがなにやらやってる。そしてその戸がパッと開く。これは実際に見ると感動ものです。部屋の中で一人だけで聖書読んでるだけじゃわからない感動を実際に体験させてくれる礼拝です。ぜひ一度見に行ってください。
 だからやっぱり百卒長は感動して「神の子だった」って言ってるんでしょうね。それがマルコの意図なんでしょう。

[384] クルアーン35回 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/13(金) 10:54:54 コメントする ここから閲覧

 クル-35回。7章171-206節(最後)まで。
 例によって同じような教えが何度も繰り返される中、最後の「クルアーンが読まれているときは静かにしろ」「朝な夕な謙虚にし、畏れ敬い、声を低くして心の中で主なる神を念じなさい」「主とともにある者は、主をあがめるのに慢心することなく、主を讃美してその前に跪拝する」というところが美しいしめくくり。イスラム教徒に限らずクリスチャンにも通用する教えです。

[383] 知恵の書18章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/13(金) 10:50:58 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=wis&chapter=18&mode=0
 昨年度の記事は[0:726]
 知恵版出エジプト記の続き。イスラエルの民の新たに生まれた男の子を殺せという命令の中でモーセを救った話、エジプト人のすべての長子が死んだ話などをあげて、悪に対する神の怒りを表します。

[382] エレミヤ書27-31章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/13(金) 10:44:15 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=jer&chapter=27&mode=0
 昨年度の記事は[0:602]
 28章。ハナニヤ(ハナンヤ)という預言者が現れてエレミヤと対立します。時代は第一次バビロン捕囚の後。前にも言いましたがバビロン捕囚はBC597とBC587の2回あるんです。最初の捕囚で一部の人々が連れ去られ、神殿の祭具も奪われてしまう。ところがハナニヤは、バビロン王はすぐ滅んじゃうから人々もすぐ帰ってくると予言、人々はそっちを信用してしまいます。ハニナヤはすぐ死んでしまいますが、だからと言って人々はエレミヤを信用するようになったわけではありません。
 29章。エレミヤは連行されていった人々に、捕囚は長引くからそこに家を建てて生活をしろと手紙を出します。そのことを預言者シマヤは非難します。
 捕囚を原発事故による避難と置き換えれば、本当に今の状況にそっくりです。安全神話を説く専門家が現れて大丈夫大丈夫という。行政はそれを根拠に避難生活を早く終わらせようとする。まだまだ危険だという人を復興の邪魔者扱いする。「平成のエレミヤ上杉隆先生」と私が言うゆえんです。

[381] モーサヤ書17章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/12(木) 14:47:22 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mos&chapter=17&mode=0
 アビナダイの説教が終わると、王は怒ってアビナダイを火あぶりにせよと命令します。いざ処刑という前に王はアビナダイの言葉を聞いてちゅうちょするんですが、祭司たちにせきたてられて処刑を実行します。
 ところが祭司の一人であったアルマは、アビナダイの言葉を信じたため追放されます。王は追手をさしむけてアルマを殺そうとしますが、うまく逃げます。このアルマがモルモン経では次に活躍する人物になります。

[380] ユディト記4章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/12(木) 14:41:44 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=jdt&chapter=4&mode=0
 昨年度の記事は[0:443]
 怖い怖いオロペルネス(ホロフェルネス)の襲来を前に、イスラエルの人々は篭城戦の準備をし、けんめいに祈ります。
 ところで、3節によれば、ユダヤの民は捕囚の地からもどってきたばかりということなんですが、それでネブカデネザルっていうのはおかしいですよね。この王様はバビロン捕囚をした王ですから。前にも言ったように、そもそもネブカデネザルが(カルデヤでなく)アッスリヤ(アッシリア)の王っていう設定自体がそもそもおかしいんです。ユディト記を読むときは、時代なんかすっかり無視しましょう。歌舞伎を見るような感じでいきます。歌舞伎は江戸時代の話も鎌倉時代なんかにしちゃいますんで、鎌倉に吉原が出てくるみたいな変なことになるんですが、そこが芝居でさぁ、ですませてしまいます。そこがユディト記でさぁ、と気楽に読みましょう。
 大祭司のヨアキム(ヨヤキム)というのはネヘ12に出てきますが、こういうのも単に名前を借りてるだけなんでしょう。

[379] ヨブ記35-36章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/12(木) 14:26:15 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=job&chapter=35&mode=0
 昨年度の記事は[0:599]。しかし無内容ですね。あらすじをまとめようとするとこんなふうに無内容になっちゃう。だってエリフの言ってることは基本的に今までの3人と同じなんですもの。
 今年は5-6節で行こうかしら。

天を仰ぎ見よ、あなたの上なる高き空を望み見よ。
あなたが罪を犯しても、彼(=神)になんのさしさわりがあるか。あなたのとがが多くても、彼に何をなし得ようか。

 今日4/12は1961年にガガーリンが世界初の有人宇宙飛行をした日なんだそうで、Twitterにはそういう話題がいろいろ流れてきました。つまりは「地球は青かった」と言った日というわけですが、一説にはそのあとに「そして神はいなかった」と言ったらしい。気になっていろいろ調べたんですが、この人
http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/2006/03/19_1cf1.html
によれば、どうも真偽のほどがさだかではないそうです。Wikipediaによれば、ロシア人の大好きな小話(アネクドート)が一人歩きしたようです。
 佐藤優がシュライアマハー(シュライエルマッハー)を解説するときによく言ってるのは、天文学が発達して宇宙を観測しても、どうも神はいそうにないし、そもそもどっちが上かなんていうのは地球のこっちと反対側では真逆の方向。そこでシュライアマハーは、神は人の心の中にいるとした、というんですね。
http://webheibon.jp/blog/satomasaru/2008/08/post-12.html
 そんなわけで、天を仰ぎ見て神を見るのはすっかり古臭くなってしまったようですが、私は今でも、神様を体感する一番手っ取り早い方法は、天を仰ぎ見ることだと思います。
 天のどこかに神が「いる」んじゃなく、実は天そのもの、大きな宇宙そのものが神じゃないかしら。最近私は、神とは一種の大きな生命体であり、死んだら私の命はこの大きな生命体に合一し、またそこからしゃぼん玉のように飛び出てくるのが次の生だと思うようになりました。
 宇宙の大きさを思うとき、自分の小ささを思い知らされる。自分が何をやろうと、宇宙全体にいかほどの影響も与えない。ここから、「だからどんな悪いことをしてもいい」という考えも出て来る一方で、「どんないいことをしてもやがて自分は消えてしまう」、徹底的に自分の小ささを痛感させられる。この気持ちが信仰には必要なんだと思います。

[378] Re:出エジプト記17-20章 投稿者=鈴木貫太郎 掲示日=2012/04/11(水) 21:34:17 コメントする ここから閲覧

まずは、ご受洗お目出とう御座います。ちょうど復活祭の日だったんですね。当に、お日柄もよろしくと云ったところでしょうか。

ところで。聖書箇所ですが、当時の人も、一応それなりの物を穿いてたと思いますよ。だって痛いんです。一物が。ある程度所定の位置に留まってないと、ブラブラ揺れて、それが、着ている物に当たると、擦れちゃって、それが結構応えるんです。
もっとも向こうの人って結構包茎が多くて、そんなに痛くなかったかも。

てば、些か脱線しましたが、これからも、よい信仰生活を・・・
選定はだけは受けたけど、ってのも居てますんで(そう、アタシのことです)。

[377] モーサヤ書16章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/11(水) 15:46:47 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mos&chapter=16&mode=0
 ノア王をいさめるアビナダイの説教のつづき。将来あらわれるキリストの死と復活を説き、私は世の光であるとヨハネ福音書みたいなことを言って説教を終えます。

[376] 2マカ2章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/11(水) 15:43:11 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ma&chapter=2&mode=0
 昨年度の記事は[0:604]
 2マカの冒頭には2種類(1章10節までと、1章10節後半から2章18節まで)の手紙が載っています。どちらもエジプト在住のユダヤ人にあてたもの。神殿のきよめの祭り(宮きよめの祭り)の由来を説明しているのです。宮きよめの祭りは ヨハ10:22に出てきますが、こうやって外典も読んでおかないと、福音書も理解できないんですね。
 2章ではエレミヤうんぬんと出てきますが、エレミヤ書にはこんな話がありませんので、失われたほかの本にあるんじゃないかと思います。
 そしてクレネのヤソンが書いたというマカバイのユダの戦争の5巻本を1巻に要約したのがこの2マカだよという話をしています。こんなふうにギリシアの本って、由来を序文で説明するんですね。シラ書も最初に序文がついてましたよね。
 そして最後に「長い前置きのために物語が短くなってしまうのはつまらないからである」といいながら、いままでの長い前置きを終えて、次からいよいよ本題です。

[375] 詩編51-53編 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/11(水) 15:28:44 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=psa&chapter=51&mode=0
 昨年度の記事は[0:598]
●51編
 バテセバというのは サム下11に出てくるバテシバのことです。口語訳聖書はこんなふうに表記が違うのでうまく検索できません。ちゃんと統一してよ!と思ったら、ヘブライ語では両者の母音記号が微妙に違うんですよね。不統一はヘブライ語聖書のものでした。ちなみに新共同訳はバト・シェバ、新解約はバテ・シェバに統一してあります。とりあえずバテセバで行きましょう。
 ダビデはウリヤの妻バテセバと通じ、不倫発覚を恐れてウリヤを激戦地に派遣して戦死させてしまいます。それを予言者ナタンが非難してダビデが懺悔して詠んだ詩ということになっていますが、実際にはこの話とは無関係にできた懺悔の祈りで、バセテバの話は強引にくっつけただけです。7節(旧5節)に「わたしの母は罪のうちにわたしをみごもりました。」とありますが、そんな話はダビデのエピソードには関係ないですからね。
 ところでこれ、新改訳では「罪ある者として母は私をみごもりました。」というかなり違う訳になっています。これだと罪びとは母ではなく私になっちゃいますね。原文見ると、
http://interlinearbible.org/psalms/51-5.htm
「罪のうちに」「私をはらんだ」「私の母は」ですから、新改訳のは無理があると思いますが、諸訳はどうなってるかというと、
文語(○):罪ありてわが母われをはらみたりき
フラ(×):母の胎内にやどったときから罪に汚れていました。
新世界(○):わたしの母は罪のうちにわたしを宿しました。
関根(○):罪の中にわが母はわたしを姙(はら)んだのです。
バルバロ(○):母は、罪のうちに私をみごもった。(旧)/母は罪のうちに私を身ごもった。(新)
回復(○):罪の中で、わたしの母はわたしを身ごもりました。
リビング(×):母が私をみごもった時から、罪人でした。
尾山(×):母の胎内にいる時から、罪を持っておりました。
光明社(○):わが母罪にありて我を孕(やど)せり
正教(○):我が母は罪に於て我を生めり
 (○)=母が罪びと、(×)=私が罪びと
 こうしてみると、福音派系の(×)がきわだってますね。たぶん、ダビデの母が不倫によってダビデを生んだみたいな話がないから、そうとるんだと思います。意外なのはフラ。しかも訳の根拠を注に書いてない。なお、新共同訳聖書注解も新聖書注解もこの件についてはノーコメントです。

 さて音楽ですが、これもいろいろ問題があります。
 まずはバッハの「わが罪を拭い去りたまえ、いと高き神よ」BWV1083。

(http://www.youtube.com/watch?v=DNH-4t-rLnc)
 あれ、どこかで聞いたぞと思ったら、これってペルゴレージの『スターバト・マーテル』じゃないですか。ほら、

(http://www.youtube.com/watch?v=JFnFvDx8zZM)
 正教会ではこれ詩編50編になるんですが、けっこうYoutubeにいっぱいあがってます。

(http://www.youtube.com/watch?v=Fkz_G8Q9vcI)

 ここまでですごく長くなったので52編、53編は別の機会に。

[374] モーサヤ書15章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/10(火) 11:07:35 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mos&chapter=15&mode=0
 悪いノア王をいさめる予言者アビナダイの話の続き(予言というのは57年版。95年版では預言になってますが、当サイトでは予言と預言を区別なく用います。適当に文脈で判断しましょう。未来のことだけじゃなかったら預言だと思いましょう)。
 前章はイザヤ書53章そのまんまだったんですが、あれはキリスト教ではイエス様のことを予言したことになってます。モルモン経でもやっぱりそうらしく、ここではアビナダイは180年あと(今はBC148なんです)のイエス様のことを予言しています。キリストが降臨したあかつきには、キリストのことを信ずるものばかりか、知らなかった人、幼児も復活して永遠の命を得るらしい。でも信じなかった奴はダメだから信じなさい、逆らっちゃダメだ、悔い改めよと言ってます。

[373] シラ書18章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/10(火) 10:57:55 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=sir&chapter=18&mode=0
 昨年度の記事は[0:808]
 昨年は最後の33節「財布に一銭もないのに、乞食のように借金してまで飲み歩くな。」をとりあげましたけど、ここは後半がいろいろ面白いことわざが多いですね。
 15節「子よ、親切なことをするときは相手の体面を傷つけるな。ほどこしをするときは相手を傷つけるような言葉をつつしめ」。そう、いい事をすればいいってもんじゃないんです。相手にもプライドってものがあるので、それを傷つけてしまってはいけないんです。でもついついこれやっちゃうんですよね。慈善の押し売りに注意しましょう。相手をほうっておく(かのようなふりをする)ことも大事なんです。さしあたりは次節にあるように、言葉をかけること。コミュニケーションが大事ってわけですね。
 21節「病気になる前にへりくだれ」。むしろ、ふだんから謙虚でいないと、病気になっても誰も看病してくれない、と読みましょう。

[372] サムエル記下5-9章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/10(火) 10:43:44 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2sa&chapter=5&mode=0
 昨年度の記事は[0:597]
 全イスラエルの王となったダビデは、エブス人の町であったエルサレムを落とし、ここを都とします。そう、このときまでエルサレムは都でなかったばかりか、イスラエルの実効支配が及んでいなかったのです。後の時代から見ると、エルサレムは昔からイスラエルの都だった気がしますが、意外に新しいんですね。
 そしてペリシテ人が攻めてきますがダビデは打ち破ります。サウルと敵対していたときは一時期ペリシテ人のお世話になったというのに、ダビデもダビデ、ペリシテ人もペリシテ人です。以上5章。
 ダビデはバアレ・ユダにあった神の契約の箱を移動しようとしますが、事故がおこってウザが死んでしまいます。これでダビデは怖気づき、ガテ(ガト)のオベデエドム(オベドエドム)に一時的に安置、大丈夫そうだと見てエルサレムに運びます。ところがダビデのたくさんいる妻のうち、サウルの娘ミカルがダビデのはしゃぎっぷりを見てダビデをバカにします。ミカルというのは、あの、ペリシテ人のちんこの皮百枚を集めた功績でサウルから賜り、サウルと敵対していたときは別の人に与えられていた(サム上25:44)女です。以前はダビデを逃がすトリックをしてくれた( サム上19:12-17)というのに、愛情が冷え切った形で死を迎えます。以上6章。
 旧約ではダビデ自身も預言者として扱うことがありますが(なにしろ詩編の数多くの詩の作者ってことになってますから)、ダビデ時代に活躍した預言者は別にいて、ナタンといいます。来週ちょっと活躍しますので覚えておきましょう。ナタンが「王国は安泰です」と預言、ダビデも王国の平和を神に祈ります。以上7章。
 ダビデはペリシテ人を討ち、モアブを討ち、またゾバ(ツォバ)およびスリヤ(アラム)を討ち、王国は栄えます。以上8章。このあたりまではめでたしめでたしですが、来週はちょっと雲行きが怪しくなります。

[371] モーサヤ書13-14章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/09(月) 12:17:55 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=skd&book=mos&chapter=13&mode=0
 昨日13章をさぼったので昨日と今日の2日ぶんです。

 紀元前600年ユダ王国滅亡直前、王国の滅亡を予言したリーハイは迫害されてエルサレムを脱出、一族もろとも新大陸アメリカに移ります。リーハイの死後、それまでもちょくちょく対立してきた長男レーマン(悪玉)と四男ニーファイ(善玉)の対立が激化。ニーファイらは別の地に住みます。ところがニーファイの子孫も堕落、モーサヤが脱出してゼラヘムラに逃れます。ベニヤミン王の治世を経て、息子モーサヤ(おじいさんと同名)はかつてのニーファイを探検すべく、アンモンらを遣わします。ニーファイ人のリムハイ王に謁見したアンモンは、ニーファイ人がレーマン人の奴隷になっている事実を知らされます。
 リムハイ王のおじいさんゼニフはレーマン人と戦い、ニーファイの支配権を得ますが、次のノア王が悪い王様。そこで預言者アビナダイがノア王をいさめます。
 で、昨日の13章ではアビナダイは十戒を読み上げて、お前らこれを守ってないじゃないかといいます。そして今日の14章は、またまたJスミスJr(教祖様)の悪いクセが出てますね。イザヤ書53章そのまんまです。例の「苦難のしもべ」のところですけどね。

[370] ソロモンの詩篇4篇 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/09(月) 12:07:40 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=skd&book=pss&chapter=4&mode=0
 人におもねり律法を破る悪い奴らへの呪いの詩。
 11節の 、「誰も見ていない、誰も裁かない」という言葉で自らをあざむいた っていうのが面白い。悪いことする人って、まずは自己暗示をかけるのよね。おいらのやることは正しいんだって。

[369] 出エジプト記17-20章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/09(月) 12:03:44 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=skd&book=exo&chapter=17&mode=0
 昨年度の記事は[0:594]
 えーと、昨日私たち夫婦は日本福音ルーテル教会の洗礼を受けました。いままでも自称クリスチャンだったんですが、これで誰からも後ろ指を指されることのないクリスチャンになりました。
 そんなんで昨日はいろいろお祝いやらなにやらで、聖書日記をさぼってしまいましたので、正典コースと外典コースについては来週、異教コースについては今日まとめてうめあわせをします。
 十戒をさずかる20章。昨年は、カトリックとルター派だけ切り方が違うという話をしました。私は素直に考えればカルヴァン派などの区切り方のほう(1=神はおいらだけ。2=偶像ダメよ。3=安息日)が正しいと思います。ルター派になったからといって私はルター派の教義には従いません。おかしなものはおかしいと主張します。

 今年は十戒の話を迂回して、それ以外の話をまとめておきましょう。
 いや、その前に、今日の範囲の最後 出20:26「あなたは、階段を用いて祭壇に登ってはならない。あなたの隠し所があらわにならないためである。」、爆笑ものですね。今ふうにいえば「階段を使わないでエレベータにしなさい。そんなにスカート短かったらパンチラしちゃうよ」でしょうけど、いきなり隠し所ですか。この時代の人はパンツはいてなかったのね。でも階段がなくてどうやって昇るのかしら。スロープにしときゃいいのかしらね。

 あとはそれ以外の話をまとめときます。
 17章。水がないといって民がモーセに不平をいいます。不平というよりほとんどこれは暴動ですね。杖で水を出して事なきを得ますが、かなり生々しい。
 あとはアマレク人との戦い。アマレクは地名としては出てきませんがシナイ半島北部の遊牧民。戦いといえばヨシュアの登場です。もっとも 民13:16によればヨシュアはそれ以前はホセアという名前だったはずなんで、律法編集者がぼろを出してますね。アマレク人は以後もイスラエルとは仲が悪く、[354]では、サウルの死を知らせたアマレク人をダビデが「自殺幇助じゃ」と言って殺してますね。
 18章。モーセのしゅうと、祭司エトロがやってきて、なんでもかんでもモーセに相談というのは効率が悪いから組織を作れと提案します。
 19章。シナイの荒野につき、ここでいよいよモーセが山に登って神様から律法をさずかります。それが20章以降。

[368] クルアーン34回 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/07(土) 20:24:17 コメントする ここから閲覧

 クル-34回。7章129-170節。クルアーン版出エジプトの話が続きます。

[367] 1イミ17章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/07(土) 20:17:47 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1ic&chapter=17&mode=0
 修道院生活だって他人とのつきあいがあるので自分を殺さなきゃいけないってことですけど、そもそも信仰って自己を砕くことが必要なんです。徹底して自己が砕かれないと、神にすがる気持ちになりませんもの。

[366] マルコ13-14章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/07(土) 20:14:17 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mar&chapter=13&mode=0
 昨年度の記事は[0:590]
 今日は寝坊しちゃって生活が乱れてる。明日受洗なのに。そんなわけで短くまとめます。Twitterにもツィートしないわ。
 くしくも受苦日と復活祭の谷間の土曜日にあたりましたけど、イエス様の受難のシーンです。
 ペテロの否認で、にわとりが二度鳴いたって書いてるのは、このマルコだけ。マタイとルカは二度なんて書いてません。じゃマルコの「一度目のにわとり」はどこに出てくるのかと思ったら、これがないんですね。これじゃ「二度」の意味がない。だからたぶんマルコ14章は、昔は「一度目のにわとり」がどっかに出てたのかもしれません。それとも二度っていうのは、コケコッコーコケコッコーって鳴いたってことなの?

[365] クルアーン33回 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/06(金) 10:16:32 コメントする ここから閲覧

 クル-33回。7章88-128節。
 あらまあ、今日は出エジプトの話が続きますわ。知恵の書が知恵版でエジプトだったら、こっちはクルアーン版出エジプト。基本的には出エジプト記の話と同じですが、魔術師たちが負けたときにパロ(ファラオ)が怒って死刑にしてやると言った話とか、いろいろ尾ひれがついてるようですね。

[364] 知恵の書17章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/06(金) 10:12:01 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=wis&chapter=17&mode=0
 昨年度の記事は[0:724]
 引き続き「知恵版出エジプト記」です。出エジプト記を知らずにここだけ読むと何のことだかわかりませんが、不法な者たちっていうのはエジプト人なんです。火柱っていうのはイスラエルの民を導いた神様。出エジプト記では火柱のような形で現われましたよね。 出13:21とか 出14:24とか。

[363] エレミヤ書22-26章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/06(金) 10:05:57 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=jer&chapter=22&mode=0
 昨年度の記事は[0:589]
 昨年も書いたように、同じような名前で実は別人とか、微妙に違う名前だから別人だろうと思ったら実は同一人物とか、面倒な問題がいろいろあるので注意してください。
 今年は何を書こうかしら。めんどくさいのでとっても短い24章でいきます。
 バビロン捕囚はBC587。「だから言(5)わ(8)ない(7)こっちゃない」と覚えます。エレミヤをはじめいろんな預言者があれだけ警告したのに悪いことばっかりやってるから、言わないこっちゃない、国が滅んじゃったじゃないかというわけです。
 でも正確にはバビロン捕囚は2回あるんです。第1回は「だから言わないこっちゃない」の10年前。それを知ってないとここはわかりません。つまり「カルデヤびとの地に追いやったユダの捕われ人」とは、第1回目のバビロン捕囚で連れていかれた人々のことです。世界史ではユダ王国を滅ぼした国は新バビロニアといいますが聖書ではカルデヤといいます。
 今は1回目の捕囚のあと、2回目はこれからです。もちろんこの時代の人は、2回目があるなんて思ってません。
 1回目の人たちは不幸なのかと思ったら「よいいちじく」、残ったほうはラッキーなのかと思ったら「悪いいちじく」なんですね。どう違うんでしょう。昨日紹介した「ちいろば牧師」こと榎本保郎さんは、初穂をささげよととって、月の初めのものを献金としてささげよ、一日のはじめに神とのまじわりの時間を持てなんていってますが、そんなことじゃないでしょう。つまり残ったほうは、1回目の人たちの不幸を教訓にして立ち直るべきだったのに、性懲りもなく悪いことばかりして、エレミヤの警告を聞かなかったってことに問題があるんです。
 原発事故は確かに不幸なことでしたが、それに学んで脱原発の道を歩み始めるべきなんですよ。でないともっとひどい事故が起きる。2回目のバビロン捕囚では国が滅んじゃったじゃありませんか。
 いちじくは福音書でもよく出てきます。マタイ21章やマルコ11章じゃ、イエス様があまりの空腹にたえかねて、いちじくを呪っちゃいました。そんなふうに文字通りにとるのは私くらいかしら。でもケセン語聖書の山浦玄嗣先生も文字通りにとってますね。普通はこのエレミヤ書24章なんかを根拠にイスラエルの民の比喩ととるんですけど、それにしたってイエス様が呪うというのは尋常じゃありません。まあ私は、福音書のほうのいちじくの呪いは、そのままとったほうがいいと思ってます。

[362] モーサヤ書12章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/05(木) 10:42:55 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mos&chapter=12&mode=0
 二年後にアビナダイは変装をしてまた預言をします。ノア王の悪事がひどいのでさまざまな災いがおそってくるというので、民は怒ってアビナダイを捕らえ、王にひきわたします。王の御前でアビナダイは祭司たちと論争をします。祭司たちはモーセの律法を教えていながらちっとも守っていないじゃないかというわけです。

[361] ユディト記3章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/05(木) 10:34:44 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=jdt&chapter=3&mode=0
 昨年度の記事は[0:440]
 オロペルネス(ホロフェルネス)の進軍は続きます。投降した町も許しません。領土を滅ぼし、神々をみんな滅ぼしてしまいます。こわいですね。短いのでまとめもいい加減。

[360] ヨブ記33-34章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/05(木) 10:30:00 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=job&chapter=33&mode=0
 昨年度の記事は[0:585]。なんか神義論を書いてますね。
 今年は何を書こうかしら?
 榎本保郎『ちいろば牧師の一日一章 旧約聖書編』(いのちのことば社 マナブックス)
http://shop-kyobunkwan.com/4264029376.html
という本がありまして、もとは主婦の友社から、今はいのちのことば社から出ています。Amazonだと取り扱いできないって書いてますね。教文館には在庫あるみたいですよ。
 旧約聖書のすべての章について説教を書くというすごい力作です。だって、この真理子の聖書日記みたいなのやってみればわかりますけど、ホントに何も書くことがなくて困ること多いですもの。今だってあがいてる。
 今日の箇所では ヨブ34:9「人は神と親しんでも、なんの益もない」(口語訳)「神に喜ばれようとしても何の益もない」について書いてらっしゃいますね。念のためいうとこの言葉は、否定的に取り扱われているんですよ。
 どういう話かというと、以前は教会にちゃんと来ていたのにぱたっと来なくなった人がいて、どうしてなのかと思ったら、会社の上司から「君はこれからキリスト教でめしを食っていくのか、会社でめしを食っていくのか。もし会社でめしを食っていくなら、日曜日は上司にゴルフ接待をして点数を稼がなきゃダメじゃないか」と言われたという話を紹介してます。
 で、ちいろば先生は、なんと、これに対して有効な解答を書いてないんですね。 フィリ3:20には「わたしたちの国籍は天にある」とあるけど、この世でも生活してるのは確かなんで、私たちは天と現世との二重国籍だとかいいながら、結局、こういうときにどうすればいいか、答えを書いてない。
 答えは一人ひとりがその時々の状況で出せばいいってことなんでしょう。
 会社の仕事が忙しいときは、会社を優先するという選択があってもいい。仕事がひまになったら教会へ行けばいい、という考えも成り立つ。
 逆に、会社なんていつまでもないんだから(辛酸をなめた私は実感してます)適当に距離をおいてより永遠の交わりである教会を優先するという選択があってもいい。
 この問題も、ヨブ記全体のテーマと同様、答えは出ないんですね。
 いや、私は、礼拝を日曜日とこだわらないで、土曜日の夜にもやればいいんじゃないかと思う。土曜日の日没以後は日曜日なんだと強弁しちゃえばいいじゃん。でっかい教会だと礼拝を何度もわけてやってるけど、そんな感じで別の曜日にもやればいいんです。でも、小さな教会だと人が分散して各回がさびしくなるかしら?

[359] モーサヤ書11章 投稿者=真理子 掲示日=2012/04/04(水) 11:30:30 コメントする ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mos&chapter=11&mode=0
 ゼニフ王の次のノア王は、名前とはうらはらに悪い王様。なんと五分の一の税金を課します。それでぜいたくの限りを尽くし、多くの女を囲います。さらにぶどう園を作って酒を造り、王も民もみんな酒飲みになってしまいます。それでレーマン人もちょくちょく民を襲うようになりました。
 このように神様の目に悪とされる政治を行ったので、アビナダイという予言者(57年のモルモン経では預言者と書かない。今のモルモン教は預言者。当サイトは予言と預言の区別を認めませんのでどっちでもいいことにします)が現れて王の政治を批判します。王はアビナダイに殺意を抱きます。