ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2020年9月27日(日) 通読(本日=ヤコ1-3,3イミ44,3ニフ28 明日=申7-9,エズ・ラ10,3ニフ29)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔真理子訳(工事中)〕イミタチオ第3巻 内なる慰めについて 第10章
第十章。世を軽んじて神に仕える楽しさについて
主よ、わたしは今またあなたに申し上げましょう。黙ることなく、わたしの神のおん耳に聞かせ申し上げましょう、わたしの主よ、いと高きところにいらっしゃるわたしの君主よ。
ああ、主よ、「あなたを恐れる者のためにたくわえられたあなたの恵みはいかに大いなるものでしょう」(詩31:19)。それにしてもあなたは、あなたを愛する者にとって、どのような方なのでしょうか。全心であなたに仕える者にとって、どのような方なのでしょうか。
あなたを瞑想いたしますことの楽しさは、まったく言葉に尽くせません。そしてこれこそが、あなたを愛する者にあなたがくださったものなのです。
わたしが生まれる前にあなたはわたしをお造りになり、わたしが長いことあなたを離れて迷っていた時に、あなたはわたし連れ戻し、あなたに仕えさせ、あなたを愛するようわたしに命じなさいました。そしてこのように、あなたの愛がいかにすばらしいかを特にわたしに示してくださいました。
ああ、尽きることのない愛の泉よ、あなたについてわたしはどう申し上げましょう。
わたしが落ちぶれて滅びてしまっても、あなたは恐れ多くもわたしをみ心にとめられたのです。どうしてわたしは忘れることができましょう。
あなたのしもべのすべての望みにまさって、あなたはわたしにあわれみをかけてくださいました。わたしのしたことにまさって恵みといつくしみを示してくださいました。
このみ恵みに対して、「どうして主に報いることができようか」(詩116:12)。この世の一切を捨て去って修道の生活に入るということは、みなに許されたことではないからです。
しかも、あなたにお仕えするのはちっとも大きな手柄ではありません。あなたのみ手によって造られたものはみんなそうすべきなのですから。
あなたにお仕えするのがわたしの大きな手柄だと思ってはなりません。むしろ、このあわれでつまらない者の奉仕を恐れ多くもお受けになり、あなたに仕える者としてわたしを選んでくださったことこそが、大きな事であり、不思議な事だと思われるのです。
ご覧ください、わたしのもつもの、それによってあなたに仕えるものは、みなあなたのものです。
それなのに反対に、わたしがあなたにお仕えするより、あなたがわたしに尽くしてくださるのです。
ご覧ください、天と地があなたに仕え、毎日あなたの命令を果たしております。しかもこれらはあなたが人間のために造ってくださったものです。
でもこれですらまだ小さな事です。あなたは天使たちに指図して、人間に仕えさせなさるのですから。
さらにこれらすべてにもまさるのは、あなたはご自身を、もったいなくも、あなたの造りなさった者のために尽くそうとして、ご自身をも捧げようと約束なさった事です。
てすから、このような無数の恵みに対し、何をあなたにわたしが捧げることができましょう。命ある限りの日をすべて、あなたに仕えることに捧げたいと思います。
たった一日でもあにたにお仕えして、本当にふさわしい人生を送りたいと思います。
あなたはまったく、すべての奉仕、すべての尊敬、永遠の讃美をお受けになるべきです。
あなたはまことにわたしの主でおられます。そしてわたしはあなたの哀れなしもべであって、全力を尽くしてあなたにお仕えしなければなりません。絶えずあなたを讃美し続けねばなりません。
これがわたしの望みであり願いです。どうかあなたがみ恵みをたれてくださり、わたしに足りないところを補ってくださいますように。
あなたにお仕えして、あなたのために世のすべてを軽んじるのは、大きなほまれであり、大きな誇りです。
みずから進んであなたのこの上なく聖なる仕事に服する者は、大きな恵みを受けることでしょう。
あなたの愛のためにすべて肉欲を捨てる者は、聖霊のたいそう楽しい慰めを受けることでしょう。
またあなたのみ名のために狭い道に入り、世のすべてのつまらない思いを捨てる者は、大きな精神の自由を得ることでしょう。
本当に、神にお仕えすることのうれしく楽しいことよ。これによって人は真に自由で聖なるものとなるのです。
修道者たちの仕事とはなんと聖なることでしょう。人をまるで天使のようなものにし、神に喜ばれ、悪魔に恐れられる者とし、一般の信者の模範となる者となるのです。
この仕事のありがたく望ましいことよ。これによる報いとは最高の善であり、絶えることのない歓喜なのです。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=3ic&chapter=10&mode=0