ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2020年9月27日(日) 通読(本日=ヤコ1-3,3イミ44,3ニフ28 明日=申7-9,エズ・ラ10,3ニフ29)

●章表示 ●検索
次章ナシ

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔57年モルモン経〕モロナイ書 第10章
第10章
モロナイ、レーマン人に別れを告げる。モルモン経の真実である証を各自が得る条件。モロナイ、その民の記録を封じて隠す。

私モロナイは、私が善いと思うことをいささか私の兄弟であるレーマン人に書きのこす。私はキリスト降誕のしるしが現われてからもはや四百二十年あまりが過ぎ去っていることをあなたたちに知らせたい。
さて私はあなたたちに少しすすめをしてからこの記録を封じて隠す。
ごらん、私はあなたたちにすすめたい。あなたたちがこの記録を読むことを神が許したもうならば、あなたたちはこの記録を読む時に、アダムが造られてからあなたたちがこの記録を受けるまで、主が世の人々にどれほど憐みを垂れたもうたかを思い起して心の中に深く考えてほしい。
またこの記録を受ける時、それが真実なものかどうかをキリストの御名よって永遠の父なる神に問え。もし誠心誠意でその上キリストを信じながら問うならば、神は聖霊の力によってこの記録が確なものであることをあなたたちに示したもうにちがいない。
そして聖霊の力によって一切の事の真実であるかどうかがあなたたちに解る。
善いものはみな正しくて真実であるから、善いものは必ずキリストを否定しない。かえってみなキリストがましますことを認めるのである。
あなたたちも聖霊の力によってキリストのましますことが知れるから、私はあなたたちが神の御力を拒まないことをすすめる。神は今日も明日もいつまでも世の人の信仰の強い弱いに応じて御力をもって働きたもう。
私の兄弟らよ、私はまたあなたたちにすすめる。神の賜物は多いが同じ神が授けたもうからこの賜物を拒んではならない。この賜物はさまざまに授けられるが、どの賜物もこれを授けて働かせたもうのは同じ神である。この賜物は人に益を与えるためであって神の「みたま」の現われに伴う。
神の「みたま」によって知恵の言葉を教える能力を与えられる人もあり、
同じ「みたま」によって知識の言葉を教える能力を与えられる人もあり、
同じ「みたま」によってある人は非常に厚い信仰を、ある人は病を医す力を、
ある人は大きな奇跡を行う力を、
ある人はあらゆる事について予言する力を、
ある人は天使と使いの霊を見る力を、
ある人はいろいろの異語を語る力を、
またある人は外国語およびいろいろの異語を訳する力を与えられる。
これらの賜物である力は、みなキリストの「みたま」から与えられ、キリストのみこころに従って分けられてそれぞれの人に来るのである。
私の愛する兄弟らよ。私はまたあなたたちにすすめる。一切の善い賜物はキリストから授けられることを忘れるな。
またキリストが昨日も今日もいつまでも同じにましますことと、私が以上述べた「みたま」の賜物が皆世の人の信仰が足らないのでなければ世界のあるかぎり決してなくならないことを忘れるな。
それであるから信仰がなくてはならない。信仰がなくてならないならば、希望もまたなくてはならない。希望がなくてはならないならば愛もまたなくてはならない。
あなたたちに愛がなければ決して神の王国に救われない。信仰のない場合もまた神の王国に救われない。希望のない場合もまたそうである。
希望がなければ必ず絶望するほかはない。絶望は悪い行いから来る。
キリストはまことに「汝ら信仰さえあらば、わがこころにかなう何事にても為すことを得」と私らの先祖に仰せになった。
さて私は世界の隅々に至る人々に告げる。あなたたちの中に神の権能と神の賜である能力とが絶える時が来るとすると、それはあなたたちの不信仰のためにそうなるのである。
もしその時が来るならば、あなたたちの中にただの一人も善いことをする者がないから世の人々は禍である。しかし、あなたたちの中に一人でも善いことをする者があるならば、その一人は必ず神の権能とその賜である能力をもって働くにちがいない。
この権能とこの賜である能力を絶やして死ぬ者は、罪があるまま死んで神の王国に救われないから禍である。私がこのように言うのはキリストの御言葉通りである。決して偽りではない。
私はこれらの事をあなたたちが忘れないようにすすめる。なぜならば、あなたたちが神の法廷で私と逢う時が速に来て、その時主なる神が「この人の書きしわが言葉は、われが墓の中より叫ぶ者、または土の中より声を出して語る者と同じくこれを汝らに宣べ伝えしにあらずや」とあなたたちに仰せになるので、あなたたちは今私が偽を言っているのではないことが解るからである。
ごらん、私がこれらのことを話すのは予言が成就して事実となるために言うのである。またこの予言は永遠の神の口から出て神の御言葉は代々にひびきわたるにちがいない。
さらに神は私の書いたことが真実であるのを確にあなたたちに証明したもう。
さて私はさらにあなたたちにすすめる。あなたたちはキリストの御許へ来て一切の善い賜物をつかめ。悪いたまものまたは汚れたものにかかわってはならない。
エルサレムよ、目を覚して塵の中から立ち上れ。シオンの娘よ、汝は再び散り乱れないよう、また永遠の御父がイスラエルの家に立てたもうた誓約が果されるよう、その美しい衣を着、そのくいを強くし、またとこしえにその界を広くせよ。
キリストの御許に来てキリストによって全くなれ。すべて神のみこころに背くことを捨てよ。もしこのようにして勢いと心と力とをつくして神を愛するならば、神があなたたちに与えたもう恵みは十分である。恵みが十分ならばあなたたちはこの恵みを受けてキリストにより全くなる。もし神の恵みを受けキリストにより全くなるならば、決して神の能力と権能とを否定することができない。
もしあなたたちが神の恵みを受けキリストにより完全な者となって、神の能力と権能とを否定せぬならば、神の恩恵を蒙りキリストにより聖められ、御父の誓約の中にあること、すなわちキリストが血を流したもうたことによりあなたたちは罪の赦しを受けて汚れを除かれ聖くなる。
さらば、すべての人たちよ。私はじきに行って私の霊と私の体とが再び相合するまで神のパラダイスで安息に就く。私は勝利を得て空を飛んで来て、生きている者と死んでいる者との永遠の裁判官である偉大なエホバの楽しい法廷であなたたちに逢う。アーメン。

次章ナシこのページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mni&chapter=10&mode=0