ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2019年6月16日(日) 通読(本日=コロ1-2,3イミ28,アル39 明日=レビ16-18,ソ詩15,アル40)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔57年モルモン経〕モーサヤ書 第5章
第五章
ベニヤミン王の言った言葉。民は悔い改めをしてキリストと誓約を結び、キリストの民と呼ばれる。

さて、ベニヤミン王は以上のように話し終ってから、民がはたして自分の言葉を信ずるかどうかを知りたいと思って使者を民の中につかわした。
すると民は口をそろえて言った「まったく、われらは王の言われた言葉をみな信じ、またその言葉が確かに真実であることを知っている。それはわれらの心を非常に改めさせ、悪を行う性質をなくして常に善を行う望みを与えたもうた全能の主の「みたま」に由るのである。
そして、われら自身もまた神の限りない恵みとその「みたま」が与えたもう啓示とに由って、将来のことを明らかに見通し、必要あらば何ごとについても予言をすることができるであろう。
われらをこれほどまでに喜ばす大きな知識を与えたのは、王の言われたことを信ずるわれらの信仰である。
われらは残る生涯の中、神のみこころに従ってその命令をしたもう一切のことを守ると喜んで神と誓約をする。これは、天使が仰せになったような果しない責苦を招かないため、また神の怒りのさかずきから飲まないようにするためである。」
これはベニヤミン王がその民の言うのを待ち望んでいた言葉であった。それであるから、ベニヤミン王は民に向って言った「お前たちはすでに私の望んでいた言葉を言った。またお前たちの結んだ誓約は正しい誓約である。
お前たちの結んだ誓約のためにお前たちはキリストの子と呼ばれ、キリストの息子や娘と呼ばれる。それは今日キリストがお前たちの精神を新に生みたもうたからである。お前たちはキリストの御名を信ずるから、自分の心が改まったと言う。従って、お前たちはキリストにより生れてその息子や娘となった。
お前たちはキリストと言う頭の下にあって自由を得た。このほかにはどこにもお前たちを自由にすることのできる頭はなく、救いを与える名前はない。それであるから、私は生涯の終りまで従順でなくてはならない誓約を神と結んだお前たちが喜んでキリストの御名を引き受けるように望む。
この通りする者はだれでもみな神の右に居り、どのような名で呼ばれるか知っているであろう。それはかれがキリストの御名で呼ばれるからである。
まただれでもみな喜んでキリストの御名を引き受けない者は、ほかの名で呼ばれる。従って、かれは神の左に居るのである。
私はお前たちが、キリストの御名はすなわち私がお前たちに与えると言った名前であることを忘れないように望む。罪悪を犯すのでなければ決してこの名前は消されるはずがないから、お前たちは罪を犯してその心からこの名前が消されないように用心をせよ。
また私はお前たちが神の左に居らず、お前たちを招きたもう声とお前たちを呼びたもう名前とを聞いてこれを知るように、いつもこの名前を心にしるして忘れないように望む。
人はどうしてまだ仕えたこともなく、見も知らず思いもかけない主人を知ることができようか。
人はまた隣の人のろばを自分の所へつれてきてこれを飼うか。いやいや、人はそのろばが自分の所の群といっしょに草を食うことさえさせないで追いはらうに違いない。お前たちに言うが、もしも自分たちが何と言って呼ばれるかを知らないならば同じことであろう。
それであるから、私の願うのは、主なる全能の神キリストがお前たちを自分のものと証印をなしたまい、お前たちが天にあげられ、天地の間の万物を造りよろずのものに優れてその上にまします神の知恵と能力と正義と憐みとによって、永遠の救いと永遠の生命とを得るよう、お前たちが固く信じて動かずいつも多くの善い行いをするようにと言うことである。アーメン。」

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mos&chapter=5&mode=0