ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2020年12月1日(火) 通読(本日=ヨシュ1-5,シラ1,モル序2 明日=詩1-2,一マカ1,モル序3)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正新共同訳(日本語T)+真理子のおまけ 解題
エステル記(ギリシア語) 第11章
[7:1]王とハマンは、王妃と酒を酌み交わすためにやって来た。
[7:2]この二日目も、王はぶどう酒を飲みながらエステルに言った。「エステル王妃よ、あなたの願いは何か、望みは何か、願いとあれば国の半分なりとも与えよう。」
[7:3]王妃は答えた。「もしも王様のお心に適いますなら、私の願いにこたえて私の命を、また私の望みにこたえて私の民族を救っていただきとうございます。
[7:4]と申しますのも、私と私の民は売り渡されて、滅ぼされ、略奪され、奴隷にされることになり、私たちは子供もろとも召し使いやはしためにされることになっているのでございます。私はそれを耳にしたのです。中傷する者がいることは、王宮にふさわしくありません。」
[7:5]王は尋ねた。「いったい、だれがそのような大それたことをしようとしているのか。」
[7:6]エステルは答えた。「その恐ろしい敵とは、この悪者ハマンでございます。」ハマンは王と王妃の前ですっかり取り乱した。
[7:7]王は、酒宴の席から立ち上がって庭に出た。そこでハマンは、王妃に命乞いをした。窮地に陥ったと見たからである。
[7:8]王が庭から戻って来ると、ハマンが王妃の座っている長いすに身を投げかけて嘆願しているところであった。王は言った。「わたしの宮殿で、王妃を辱めようとさえするのか。」ハマンはそれを聞いて顔を背けた。
[7:9]宦官の一人、ブガタンは王に言った。「ちょうど、木の柱がございます。王のためになることを告げてくれたモルデカイをつるそうと、ハマンが準備したものでございます。それは五十アンマの高さの木で、ハマンの家に立てられております。」「ハマンをその木にはりつけにせよ」と王は命じた。
[7:10]ハマンは、モルデカイのために自分が準備した木の柱につるされ、こうして王の怒りは治まった。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=skd&book=esg&chapter=11&mode=0