ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2018年8月17日(金) 通読(本日=アモ1-4,エズ・ギ7,クル-74回 明日=ヨハ16-18,2イミ12,クル-75回)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔真理子訳〕シラ書〔集会の書〕 第21章
子よ、罪を犯したら、二度と繰り返すな。過去にしたことは、許しを求めよ。
蛇を避けるように罪を避けよ。近寄ったらかみつかれるだろう。その歯はししの歯のように人の命を奪う。
不正はみんな両刃の剣のようなもの。それによってついた傷にはつける薬はない。
威嚇と不遜は蔵をからっぽにする。尊大な者の家系は根絶やしになる。
貧しい者の口から出る願いは主の耳に届く。主のさばきはすぐにくだる。
訓戒を嫌う者は罪びとの道を歩む者。主を畏れる者は心の底から悔い改める。
雄弁な者の名声は遠くまで届くが、賢い者はその失言をすぐに見抜く。
他人の金で家を建てる者は、自分の墓石を集めているようなものである。
無法者の仲間は麻屑の束のようなもの。炎が燃え上がって終わる。
罪びとの道は石ころもなく平坦に見えて、その先には陰府への口が待っている。
律法を守る者は自分の思いをおさえる。主への畏れは知恵をもたらす。
才知を欠く者は教育してもしょうがないが、才知がありすぎて苦痛を増すこともある。
賢い者の知識は洪水のようにあふれ、忠告は生命の泉のように出る。
愚か者の頭は穴のあいた手桶のようなもの。何を教えられても長く残らない。
道理のわかる人が格言を聞けば、それを絶賛し、さらに言葉を加える。酒色におぼれている者は格言など耳にせず、無視して見向きもしない。
愚か者の談義は旅人の背の重荷のようなもの。悟りを開いた人の唇からは快い言葉が出る。
思慮ある人の言葉は会衆の注意を集める。みんなが彼の意見を心の中でかみしめる。
愚か者の知恵はあばらやのようなもの。悟りのない者の知識はくだらない雑学。
思慮のない者にとって、教養は足かせであり、右手の手かせのようなもの。
愚か者は高笑いをする。利口な者は静かに微笑むにとどめる。
思慮ある者にとって、教養は豪華な衣装であり、右腕にはめる腕輪のようなもの。
愚か者はすぐに他人の家にあがりこみたがるが、経験のある者は、入り口で遠慮する。
愚か者は玄関から家の中をのぞきこむ。しつけのいい者は外に立って待つ。
玄関で聞き耳をたてるのは失礼であり、分別のある者なら恥ずかしくて耐えられないことである。
他人がいろいろな言葉を語っても、思慮ある者はその言葉を吟味する。
愚か者の頭は口についている。賢い者の口は頭についている。
神を敬わない者は、敵を呪っても自分を呪っているようなものである。
人の悪口を言うものは自分の顔に泥を塗っているようなもの。近所の人々からつまはじきになる。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=sir&chapter=21&mode=0