ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2018年8月17日(金) 通読(本日=アモ1-4,エズ・ギ7,クル-74回 明日=ヨハ16-18,2イミ12,クル-75回)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔真理子訳(工事中)〕イミタチオ第3巻 内なる慰めについて 第16章
第十六章。真の慰めはただ神にのみ求めなさい
自分の慰めのために望んだり考えることのできることはみな、わたしは現世でなく来世に求める。
もし、この世のすべての慰めを自分一人で所有し、すべての歓喜をみな受けることができたとしても、決して永続しないのである。
だからわたしの魂よ、神だけが貧しい者を慰められ、へりくだる者を守られるのである。神以外にはあなたが慰められたり、申し分なく力づけられたりすることは決してありません。
わが魂よ、しばらく待て。神の約束を待ちなさい。あなたはすべての幸福を豊かに天で与えられるだろう。
もし、この世のことばかりをむやみに求めるなら、天にある永遠のものをあなたは失うだろう。
この世の事は用いてもよいが、永遠の事を望みなさい。
この世の事はどんなよい事でも満足されない。あなたはそんなものを楽しむようには造られていないからである。
たとえ造られたよいものをあなたがみんな持っていたとしても、それであなたが幸福になったわけでもないし、祝福されたわけでもない。
万物を造られた神のうちにのみ、あなたの祝福と幸福があるのである。
その幸福とは、この世を愛する愚か者たちが見て賞賛するようなものでなく、善良なキリスト教信者たちが期待するものであり、純潔な心を持つ霊的な「国籍が天にある」(フィリ3:20)者たちが、時として味わえるようあらかじめ定められたものである。
人の慰めはすべてむなしく、束の間のわずかなものである。
しかし真理が内的にもたらしてくれる慰めは、至福であり真実である。
神を敬う人は、どこにいても慰めてくださる方であるイエスと一緒であり、彼にこう告げるのである。「主なるイエスよ、どこでも、いつでも、わたしと共にいらしてください。
わたしが人の慰めをすべて喜んで捨て去ることが、わたしの慰めでありますように。
そして、もしあなたが慰めを取り除かれるとしても、そのあなたのみ心と正しい試練が、かえってわたしのこの上ない慰めでありますように。
それはあなたが『常に責めることをせず、また、とこしえに怒りをいだかれない』(詩103:9)からです」と。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=3ic&chapter=16&mode=0