ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2021年4月11日(日) 通読(本日=二コリ6-8,3イミ19,モサ23 明日=出25-28,ソ詩6,モサ24)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔真理子訳(工事中)〕イミタチオ第1巻 霊の生活に益ある勧め 第7章
第七章。むなしい希望と傲慢とを避けなさい。
だれであれ人に、また何であれ物に望みをおく人はむなしい。
イエス・キリストを愛するために他人に奉仕することになったり、この世から貧乏な者に見られたりしても、それを恥じてはならない。
自分の力を信ぜず、あなたの望みを神におきなさい。
自分のできる範囲のことをしなさい。そうすれば神はあなたのよい意思を助けてくださるだろう。
自分の知識をあてにせず、どんな人の才智をも信じてはならない。神の恵みだけをあてにしなさい。神はへりくだる者を助け、おごる者をおとしめるのである。
あなたがどんなに富をもっていても、どんなに地位のある友がいたとしても、それを誇ってはならない。誇るのは神だけである。神はあなたにすべてのものを与えるばかりか、ご自身をさえも与えようとなさるのである。
あなたの体が立派であってもきれいであっても、思い上がってはならない。少しの病気で弱ったり醜くなったりするだろう。
決してあなたの技術や才能を思い上がってはならない。そんなことで神を怒らせてはならない。なぜなら、あなたの持っているすべてのよいものは、みな神から出たのだから。
自分を他人より優れていると思ってはならない。神のみ前に出れば劣っていると思われることだろう。神は人の心のうちをご存知なのだから。
自分のよい行いを誇ってはならない。神のさばきは人のさばきと異なり、人がよいと思うものは神が喜ばれないことも多いのだから。
もし自分がよいものをもっているとしたら、もっとよいものを他人が持っていると思いなさい。そうすることでますます謙遜の心を保つためである。
すべての人の下に自分を置いても何の害もないが、たった一人でもその人の上に自分を置くなら、大いに害がある。
謙遜な人には永遠の平和があり、傲慢な人の心にはいつも嫉妬や怒りがある。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1ic&chapter=7&mode=0