ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2019年9月15日(日) 通読(本日=ヘブ8-10,3イミ41,3ニフ20 明日=申1-3,エズ・ラ8,3ニフ21)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え

Interlinear @ Biblos.com 
節表示・修正リビングバイブル(日本語T) 解題
ヨブ記 第13章
あんたが引き合いに出したような例は、山ほど見てきたさ。 言いたいことはよくわかる。
わしはばかじゃない。 あんたと同じくらい道理はわきまえているつもりだ。
ああ、全能者とじかに話してみたい。 この問題を直接、話し合ってみたい。
あんたたちは、まるでわしを誤解している。 藪医者もいいとこだ。
頼むから、黙っててくれ。 それが最高の知恵というものだ。
さあ、聞いてくれ。 わしの考えの背景にある道理と、わしの訴えに耳を貸してくれ。
神様は一度だって、あんたたちの言っているようなことを口になさらないのに、それでもなお、神の代弁者面をするつもりか。
真理を曲げるような、あんたたちの助けを、神様は求めるだろうか。
化けの皮がはがれないように、注意することだ。 それとも、人間同様、神様も手玉にとれると考えているのか。
とんでもないことだ! 神様をだしにして嘘偽りを並べ立てると、うんと油を絞られるぞ。
ほんとうなら、神様の威厳はあんたたちを恐れさせるはずだ。だから、そんなことができるはずはない。
せっかくだが、これまでのご託宣は、灰ひと握りの値打もない。 あんたたちは神様を弁護しているつもりだろうが、そんなものは土器のようにもろい。
余計な口出しはしないで、ほっといてくれ。 わしにしゃべらせてくれ。 結果はどう出ようと、わしが責任をとる。
こうなったら、いのちを賭けてもいい。 思っていることを洗いざらいしゃべろう。
そのために神様に殺されるなら、それでもいい。 たとい殺されても、やめるものか。
わしが信者なので、神様の前から即刻立ち退きを命ぜられないことが、せめてもの頼みの綱だ。
耳の穴をほじって、最後まで聞いてくれ。
わしが正しいことはわかっている。 これがわしの言い分だ。
このことでわしと議論できる者がいるか。 もし、あんたたちがわしのまちがいを証明できたら、わしは自分の弁護をやめ、いさぎよく死んでみせる。
ああ神様、お願いです。 二つのことだけはしないでください。そうすれば、私は神様と顔を合わせることができます。
私を見捨てないでください。 こわい顔をして、私をおびえさせないでください。
そばへ来い、と声をかけてくだされば、すぐにも飛んで行きます。 でなければ、私の質問に答えてください。
私がどんな悪いことをしたか教えてください。 どこがいけないのか、はっきり示してください。
なぜ横を向いて、私を敵の手に渡すのですか。
風が吹き飛ばした葉を目くじら立てて責めるのですか。 かわいた役立たずのわらを、なぜ目の色を変えて追い回すのですか。
神様は、私を痛烈に批判し、若いころのあやまちを一つ残らずあばき立てる。
[27-28]私を牢獄にぶち込み、四方が壁のへやに閉じ込める。 私は朽ち木のようになり、しみに食われた着物のようになる。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=13&mode=0