ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2019年6月16日(日) 通読(本日=コロ1-2,3イミ28,アル39 明日=レビ16-18,ソ詩15,アル40)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔57年モルモン経〕モーサヤ書 第9章
ゼニフの記録……その民がゼラヘムラの地を去って後、レーマン人の手から救い出された時に至るまでの記事。第九章から第二十二章に至る。
第九章
ゼニフ、リーハイ・ニーファイの地を所有するために行く。レーマン人中の間者。レーマン王のずるいこと。

私ゼニフは、ニーファイ人の言葉を完全に教わり、また私たちの先祖が最初に住んだ所有の地であるニーファイの地のことを知っていたから、私は間者としてレーマン人の中につかわされた。これはレーマン人の軍勢の様子を探り出し、わが軍が襲ってこれを亡ぼすためであった。しかし、私はレーマン人の中で善い事が行われているのを見て、レーマン人が亡びないように願った。
それであるから、私は荒野で味方の者と争論をし、私たちの支配者にレーマン人と条約を結んでもらいたいと言った。ところが、私たちの支配者は血を流すことを好む情け容赦のない男であったから、私を殺せと命令した。しかし、私は多くの血を流す争闘の結果命を完うした。この争いで父は父と戦い兄弟は兄弟と戦って、わが軍の多数はついに荒野の中で死んだが、助かった私たちはゼラヘムラの地に帰って、死んだ者の妻や子にこのことを物語った。
それでも、私は先祖の地に住みたいと言う望みが強すぎたので、先祖の地へ行ってその地を所有したいと思う人々を皆集め、その地を指してまた荒野の中へ旅立った。しかし、私たちの主なる神をなかなか思い起さなかったので、飢饉とひどい艱難に逢って苦しんだ。
それにもかかわらず、わたしたちは長い間荒野をさまよった末、さきに兄弟たちが殺された場所に天幕を張った。ここは私たちの先祖の地に近い所であった。
私は王の性質を知るためと、私の味方をつれてその国へ入りおだやかに土地を所有することができるかどうかを知るために、仲間の中四人の男をつれ、その都市へ行って、王の居る所へ入って行った。
私が王の居る所へ入って行ったところ、王は私にリーハイ・ニーファイの地とシャイロムの地を所有してもよいと誓約をし、
その地に住んでいる民に出て行けと命じたから、私と私の民とはこの地に住まうために入った。
そこで私たちは家屋の建築とリーハイ・ニーファイ市およびシャイロム市の城壁の修繕に着手し、
土地を耕してとうきび、小麦、大麦、ニーズ、シウムおよびあらゆる果実の種子を蒔き始め、それから私たちの人口はようやく増加してこの地に栄えるようになった。
さて、レーマン王がこの地をゆずって私たちにもたせたのは、私の民を奴隷にしようと言うわるがしこいずるさからであった。
それであるから、私たちが十二年の間この地に住んでから、レーマン王は私の民が何かしてその国に勢力を得て強い者となり、レーマン王の民がこれにうち勝って奴隷にするなどとてもできないようになるかと恐れるようになった。
レーマン人は怠けもので邪神を礼拝する民であったから、私たちの労働によって自分たちの腹を肥し、私たちの牧場の家畜の肉を食って飽くために、ぜひ私たちを奴隷にしたいと思った。
そこで、レーマン王はその民を煽動して私の民と戦いをさせたから、戦いと不和がこの地に起り始めた。
私がニーファイの地を治めた第十三年に、私の民がシャイロムの地のはるか南でその家畜の群に水を飲ませ草を食べさせ、また土地を耕していた時、レーマン人の大軍が襲いかかってわが民を殺し、その家畜と畑のとうきびを取って行き始めた。
そこで、敵に追いつかれなかった者たちは皆ニーファイ市へ逃げてきて私に保護を求めた。
それで私は弓、矢、剣、太刀、棒、石投器そのほか考えつくことのできるあらゆる武器をこれに持たせ、レーマン人と戦うためにいっしょに出陣をした。
私たちは主の能力にたよりレーマン人と戦うために進んで行った。私と私の民は先祖の救われたことを思い出し、主に祈りを捧げて私たちを敵の手から救い出したもうよう切に願ったからである。
ところで、神は私たちの祈りにこたえ願いを聞きとどけたもうたから、私たちは神の能力によって進み、レーマン人を撃って一昼夜に三千四十三人を殺した。私たちは実に敵を自分の地から追い払ってしまうまでこれを殺したのである。
そして、私も自分の手で敵の死者を葬ることを助けたけれども、私たちにとって非常に悲しく悼ましい限りであったのは私の味方が二百七十九人殺されたことである。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mos&chapter=9&mode=0