ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2021年6月21日(月) 通読(本日=レビ19-21,ソ詩16,アル45 明日=王下16-20,シラ30,アル46)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え

Interlinear @ Biblos.com 
節表示・修正リビングバイブル(日本語T) 解題
ヨブ記 第32章
三人の友人は、それ以上ヨブに答えるのをやめました。 彼が、自分は潔白だと言いはって一歩も譲らなかったからです。
このやりとりを聞いていた、ラム族のブズ人、バラクエルの子エリフは、腹を立てました。 ヨブが、罪を犯したことをいっこうに認めず、正当な理由があるからこそ、神様が彼を罰したのだということを、認めようとしなかったからです。
彼はまた、ヨブの三人の友人にも腹を立てました。 ヨブの議論に満足な受け答えもできないくせに、彼を罪人呼ばわりしたからです。
エリフは、自分の話す番がくるのを、しびれをきらして待っていました。 いちばん年下だったので、これまで遠慮していたのです。
ところが、三人が答えに詰まったのを見ると、この時とばかり、怒りに震えながら、
口を開きました。 「ぼくは若いし、皆さんは人生の大先輩だ。 だから遠慮して、今まで黙っていた。
亀の甲より年の功って言いますからね。
[8-9]しかし、年をとれば必ずりこうになるってものじゃないんだ。 人を聰明にするのは、人のうちにある神の霊だ。
だから、しばらくぼくの言うことを聞いてもらいたい。
[11-12]ぼくはこれまで、じーっと皆さんの言い分を聞いてきた。 ところが皆さんは、ヨブさんに罪を認めさせることも、彼が罪人であることを証明することもできなかった。
『人に罪を認めさせるのは神様だけだ』などと、言いわけしないでもらいたい。
ヨブさんが初めからぼくと議論していたら、ぼくは絶対、皆さんのような論法では答えなかった。
[15-16]だれも答えることばもなく、途方にくれ、口をつぐんで座り込んでいるのに、それでも待ち続けるべきだろうか。
とんでもない。 ぼくだって、言うだけは言わせてもらう。
さっきから、言いたくてむずむずしているんだ。
密閉したぶどう酒のたるのように、ぼくの腹は、今にも張り裂けそうだ!
思いっきりうっぷんを晴らさせてほしい。
[21-22]ぼくは、人を侮辱するのを恐れて手ごころを加えたりしないし、だれにもおべっかなんか使わない。 遠慮なく言わせてもらう。 神様の罰を受けて死にたくないからだ。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=32&mode=0