ばべるばいぶる福音書対観表

会員ID :
パスワード :

前なし 聖書:
ルビ:
書・章限定:

●●● 中風の人をいやす ●●●

●口語訳(日本語R)+真理子のおまけ
(ヨハ5:1-7)
[5:1]こののち、ユダヤ人の祭があったので、イエスはエルサレムに上られた。[5:2]エルサレムにある羊の門のそばに、ヘブル語でベテスダと呼ばれる池があった。そこには五つの廊があった。[5:3]その廊の中には、病人、盲人、足なえ、やせ衰えた者などが、大ぜいからだを横たえていた。〔彼らは水の動くのを待っていたのである。[5:4]それは、時々、主の御使がこの池に降りてきて水を動かすことがあるが、水が動いた時まっ先にはいる者は、どんな病気にかかっていても、いやされたからである。〕[5:5]さて、そこに三十八年のあいだ、病気に悩んでいる人があった。[5:6]イエスはその人が横になっているのを見、また長い間わずらっていたのを知って、その人に「なおりたいのか」と言われた。[5:7]この病人はイエスに答えた、「主よ、水が動く時に、わたしを池の中に入れてくれる人がいません。わたしがはいりかけると、ほかの人が先に降りて行くのです」。

マタ9:1-8【マコ2:1-12】【ルカ5:17-26】【ヨハ5:8-9】
[9:1]さて、イエスは舟に乗って海を渡り、自分の町に帰られた。[9:2]すると、人々が中風の者を床の上に寝かせたままでみもとに運んできた。イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪はゆるされたのだ」と言われた。[9:3]すると、ある律法学者たちが心の中で言った、「この人は神を汚している」。[9:4]イエスは彼らの考えを見抜いて、「なぜ、あなたがたは心の中で悪いことを考えているのか。[9:5]あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。[9:6]しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われた。[9:7]すると彼は起きあがり、家に帰って行った。[9:8]群衆はそれを見て恐れ、こんな大きな権威を人にお与えになった神をあがめた。 [2:1]幾日かたって、イエスがまたカペナウムにお帰りになったとき、家におられるといううわさが立ったので、[2:2]多くの人々が集まってきて、もはや戸口のあたりまでも、すきまが無いほどになった。そして、イエスは御言を彼らに語っておられた。[2:3]すると、人々がひとりの中風の者を四人の人に運ばせて、イエスのところに連れてきた。[2:4]ところが、群衆のために近寄ることができないので、イエスのおられるあたりの屋根をはぎ、穴をあけて、中風の者を寝かせたまま、床をつりおろした。[2:5]イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。[2:6]ところが、そこに幾人かの律法学者がすわっていて、心の中で論じた、[2:7]「この人は、なぜあんなことを言うのか。それは神をけがすことだ。神ひとりのほかに、だれが罪をゆるすことができるか」。[2:8]イエスは、彼らが内心このように論じているのを、自分の心ですぐ見ぬいて、「なぜ、あなたがたは心の中でそんなことを論じているのか。[2:9]中風の者に、あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きよ、床を取りあげて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。[2:10]しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と彼らに言い、中風の者にむかって、[2:11]「あなたに命じる。起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われた。[2:12]すると彼は起きあがり、すぐに床を取りあげて、みんなの前を出て行ったので、一同は大いに驚き、神をあがめて、「こんな事は、まだ一度も見たことがない」と言った。 [5:17]ある日のこと、イエスが教えておられると、ガリラヤやユダヤの方々の村から、またエルサレムからきたパリサイ人や律法学者たちが、そこにすわっていた。主の力が働いて、イエスは人々をいやされた。[5:18]その時、ある人々が、ひとりの中風をわずらっている人を床にのせたまま連れてきて、家の中に運び入れ、イエスの前に置こうとした。[5:19]ところが、群衆のためにどうしても運び入れる方法がなかったので、屋根にのぼり、瓦をはいで、病人を床ごと群衆のまん中につりおろして、イエスの前においた。[5:20]イエスは彼らの信仰を見て、「人よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。[5:21]すると律法学者とパリサイ人たちとは、「神を汚すことを言うこの人は、いったい、何者だ。神おひとりのほかに、だれが罪をゆるすことができるか」と言って論じはじめた。[5:22]イエスは彼らの論議を見ぬいて、「あなたがたは心の中で何を論じているのか。[5:23]あなたの罪はゆるされたと言うのと、起きて歩けと言うのと、どちらがたやすいか。[5:24]しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威を持っていることが、あなたがたにわかるために」と彼らに対して言い、中風の者にむかって、「あなたに命じる。起きよ、床を取り上げて家に帰れ」と言われた。[5:25]すると病人は即座にみんなの前で起きあがり、寝ていた床を取りあげて、神をあがめながら家に帰って行った。[5:26]みんなの者は驚嘆してしまった。そして神をあがめ、おそれに満たされて、「きょうは驚くべきことを見た」と言った。 [5:8]イエスは彼に言われた、「起きて、あなたの床を取りあげ、そして歩きなさい」。[5:9]すると、この人はすぐにいやされ、床をとりあげて歩いて行った。その日は安息日であった。