ばべるばいぶる福音書対観表

会員ID :
パスワード :

前なし 聖書:
ルビ:
書・章限定:

●●● カファルナウムの百人隊長 ●●●

●口語訳(日本語R)+真理子のおまけ
【マタ8:5-13】(マコ2:1)【ルカ7:1-10】【ヨハ4:46-54】
[8:5]さて、イエスがカペナウムに帰ってこられたとき、ある百卒長がみもとにきて訴えて言った、[8:6]「主よ、わたしの僕が中風でひどく苦しんで、家に寝ています」。[8:7]イエスは彼に、「わたしが行ってなおしてあげよう」と言われた。[8:8]そこで百卒長は答えて言った、「主よ、わたしの屋根の下にあなたをお入れする資格は、わたしにはございません。ただ、お言葉を下さい。そうすれば僕はなおります。[8:9]わたしも権威の下にある者ですが、わたしの下にも兵卒がいまして、ひとりの者に『行け』と言えば行き、ほかの者に『こい』と言えばきますし、また、僕に『これをせよ』と言えば、してくれるのです」。[8:10]イエスはこれを聞いて非常に感心され、ついてきた人々に言われた、「よく聞きなさい。イスラエル人の中にも、これほどの信仰を見たことがない。[8:11]なお、あなたがたに言うが、多くの人が東から西からきて、天国で、アブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席につくが、[8:12]この国の子らは外のやみに追い出され、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう」。[8:13]それからイエスは百卒長に「行け、あなたの信じたとおりになるように」と言われた。すると、ちょうどその時に、僕はいやされた。 [2:1]幾日かたって、イエスがまたカペナウムにお帰りになったとき、家におられるといううわさが立ったので、 [7:1]イエスはこれらの言葉をことごとく人々に聞かせてしまったのち、カペナウムに帰ってこられた。[7:2]ところが、ある百卒長の頼みにしていた僕が、病気になって死にかかっていた。[7:3]この百卒長はイエスのことを聞いて、ユダヤ人の長老たちをイエスのところにつかわし、自分の僕を助けにきてくださるようにと、お願いした。[7:4]彼らはイエスのところにきて、熱心に願って言った、「あの人はそうしていただくねうちがございます。[7:5]わたしたちの国民を愛し、わたしたちのために会堂を建ててくれたのです」。[7:6]そこで、イエスは彼らと連れだってお出かけになった。ところが、その家からほど遠くないあたりまでこられたとき、百卒長は友だちを送ってイエスに言わせた、「主よ、どうぞ、ご足労くださいませんように。わたしの屋根の下にあなたをお入れする資格は、わたしにはございません。[7:7]それですから、自分でお迎えにあがるねうちさえないと思っていたのです。ただ、お言葉を下さい。そして、わたしの僕をなおしてください。[7:8]わたしも権威の下に服している者ですが、わたしの下にも兵卒がいまして、ひとりの者に『行け』と言えば行き、ほかの者に『こい』と言えばきますし、また、僕に『これをせよ』と言えば、してくれるのです」。[7:9]イエスはこれを聞いて非常に感心され、ついてきた群衆の方に振り向いて言われた、「あなたがたに言っておくが、これほどの信仰は、イスラエルの中でも見たことがない」。[7:10]使にきた者たちが家に帰ってみると、僕は元気になっていた。 [4:46]イエスは、またガリラヤのカナに行かれた。そこは、かつて水をぶどう酒にかえられた所である。ところが、病気をしているむすこを持つある役人がカペナウムにいた。[4:47]この人が、ユダヤからガリラヤにイエスのきておられることを聞き、みもとにきて、カペナウムに下って、彼の子をなおしていただきたいと、願った。その子が死にかかっていたからである。[4:48]そこで、イエスは彼に言われた、「あなたがたは、しるしと奇跡とを見ない限り、決して信じないだろう」。[4:49]この役人はイエスに言った、「主よ、どうぞ、子供が死なないうちにきて下さい」。[4:50]イエスは彼に言われた、「お帰りなさい。あなたのむすこは助かるのだ」。彼は自分に言われたイエスの言葉を信じて帰って行った。[4:51]その下って行く途中、僕たちが彼に出会い、その子が助かったことを告げた。[4:52]そこで、彼は僕たちに、そのなおりはじめた時刻を尋ねてみたら、「きのうの午後一時に熱が引きました」と答えた。[4:53]それは、イエスが「あなたのむすこは助かるのだ」と言われたのと同じ時刻であったことを、この父は知って、彼自身もその家族一同も信じた。[4:54]これは、イエスがユダヤからガリラヤにきてなされた第二のしるしである。

ルカ13:28-29
[13:28]あなたがたは、アブラハム、イサク、ヤコブやすべての預言者たちが、神の国にはいっているのに、自分たちは外に投げ出されることになれば、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。[13:29]それから人々が、東から西から、また南から北からきて、神の国で宴会の席につくであろう。

マコ7:30
[7:30]そこで、女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまっていた。