ばべるばいぶる福音書対観表

会員ID :
パスワード :

前なし 聖書:
ルビ:
書・章限定:

●●● 悪霊につかれたガダラ人 ●●●

●口語訳(日本語R)+真理子のおまけ
【マタ8:28-34】マコ5:1-20ルカ8:26-39
[8:28]それから、向こう岸、ガダラ人の地に着かれると、悪霊につかれたふたりの者が、墓場から出てきてイエスに出会った。彼らは手に負えない乱暴者で、だれもその辺の道を通ることができないほどであった。[8:29]すると突然、彼らは叫んで言った、「神の子よ、あなたはわたしどもとなんの係わりがあるのです。まだその時ではないのに、ここにきて、わたしどもを苦しめるのですか」。[8:30]さて、そこからはるか離れた所に、おびただしい豚の群れが飼ってあった。[8:31]悪霊どもはイエスに願って言った、「もしわたしどもを追い出されるのなら、あの豚の群れの中につかわして下さい」。[8:32]そこで、イエスが「行け」と言われると、彼らは出て行って、豚の中へはいり込んだ。すると、その群れ全体が、がけから海へなだれを打って駆け下り、水の中で死んでしまった。[8:33]飼う者たちは逃げて町に行き、悪霊につかれた者たちのことなど、いっさいを知らせた。[8:34]すると、町中の者がイエスに会いに出てきた。そして、イエスに会うと、この地方から去ってくださるようにと頼んだ。 [5:1]こうして彼らは海の向こう岸、ゲラサ人の地に着いた。[5:2]それから、イエスが舟からあがられるとすぐに、けがれた霊につかれた人が墓場から出てきて、イエスに出会った。[5:3]この人は墓場をすみかとしており、もはやだれも、鎖でさえも彼をつなぎとめて置けなかった。[5:4]彼はたびたび足かせや鎖でつながれたが、鎖を引きちぎり、足かせを砕くので、だれも彼を押えつけることができなかったからである。[5:5]そして、夜昼たえまなく墓場や山で叫びつづけて、石で自分のからだを傷つけていた。[5:6]ところが、この人がイエスを遠くから見て、走り寄って拝し、[5:7]大声で叫んで言った、「いと高き神の子イエスよ、あなたはわたしとなんの係わりがあるのです。神に誓ってお願いします。どうぞ、わたしを苦しめないでください」。[5:8]それは、イエスが、「けがれた霊よ、この人から出て行け」と言われたからである。[5:9]また彼に、「なんという名前か」と尋ねられると、「レギオンと言います。大ぜいなのですから」と答えた。[5:10]そして、自分たちをこの土地から追い出さないようにと、しきりに願いつづけた。[5:11]さて、そこの山の中腹に、豚の大群が飼ってあった。[5:12]霊はイエスに願って言った、「わたしどもを、豚にはいらせてください。その中へ送ってください」。[5:13]イエスがお許しになったので、けがれた霊どもは出て行って、豚の中へはいり込んだ。すると、その群れは二千匹ばかりであったが、がけから海へなだれを打って駆け下り、海の中でおぼれ死んでしまった。[5:14]豚を飼う者たちが逃げ出して、町や村にふれまわったので、人々は何事が起ったのかと見にきた。[5:15]そして、イエスのところにきて、悪霊につかれた人が着物を着て、正気になってすわっており、それがレギオンを宿していた者であるのを見て、恐れた。[5:16]また、それを見た人たちは、悪霊につかれた人の身に起った事と豚のこととを、彼らに話して聞かせた。[5:17]そこで、人々はイエスに、この地方から出て行っていただきたいと、頼みはじめた。[5:18]イエスが舟に乗ろうとされると、悪霊につかれていた人がお供をしたいと願い出た。[5:19]しかし、イエスはお許しにならないで、彼に言われた、「あなたの家族のもとに帰って、主がどんなに大きなことをしてくださったか、またどんなにあわれんでくださったか、それを知らせなさい」。[5:20]そこで、彼は立ち去り、そして自分にイエスがしてくださったことを、ことごとくデカポリスの地方に言いひろめ出したので、人々はみな驚き怪しんだ。 [8:26]それから、彼らはガリラヤの対岸、ゲラサ人の地に渡った。[8:27]陸にあがられると、その町の人で、悪霊につかれて長いあいだ着物も着ず、家に居つかないで墓場にばかりいた人に、出会われた。[8:28]この人がイエスを見て叫び出し、みまえにひれ伏して大声で言った、「いと高き神の子イエスよ、あなたはわたしとなんの係わりがあるのです。お願いです、わたしを苦しめないでください」。[8:29]それは、イエスが汚れた霊に、その人から出て行け、とお命じになったからである。というのは、悪霊が何度も彼をひき捕えたので、彼は鎖と足かせとでつながれて看視されていたが、それを断ち切っては悪霊によって荒野へ追いやられていたのである。[8:30]イエスは彼に「なんという名前か」とお尋ねになると、「レギオンと言います」と答えた。彼の中にたくさんの悪霊がはいり込んでいたからである。[8:31]悪霊どもは、底知れぬ所に落ちて行くことを自分たちにお命じにならぬようにと、イエスに願いつづけた。[8:32]ところが、そこの山べにおびただしい豚の群れが飼ってあったので、その豚の中へはいることを許していただきたいと、悪霊どもが願い出た。イエスはそれをお許しになった。[8:33]そこで悪霊どもは、その人から出て豚の中へはいり込んだ。するとその群れは、がけから湖へなだれを打って駆け下り、おぼれ死んでしまった。[8:34]飼う者たちは、この出来事を見て逃げ出して、町や村里にふれまわった。[8:35]人々はこの出来事を見に出てきた。そして、イエスのところにきて、悪霊を追い出してもらった人が着物を着て、正気になってイエスの足もとにすわっているのを見て、恐れた。[8:36]それを見た人たちは、この悪霊につかれていた者が救われた次第を、彼らに語り聞かせた。[8:37]それから、ゲラサの地方の民衆はこぞって、自分たちの所から立ち去ってくださるようにとイエスに頼んだ。彼らが非常な恐怖に襲われていたからである。そこで、イエスは舟に乗って帰りかけられた。[8:38]悪霊を追い出してもらった人は、お供をしたいと、しきりに願ったが、イエスはこう言って彼をお帰しになった。[8:39]「家へ帰って、神があなたにどんなに大きなことをしてくださったか、語り聞かせなさい」。そこで彼は立ち去って、自分にイエスがして下さったことを、ことごとく町中に言いひろめた。