ばべるばいぶる福音書対観表

会員ID :
パスワード :

前なし 聖書:
ルビ:
書・章限定:

●●● ナザレでの説教 ●●●

●口語訳(日本語R)+真理子のおまけ
マタ13:53-58マコ6:1-6【ルカ4:16-30】(ヨハ7:15)
[13:53]イエスはこれらの譬を語り終えてから、そこを立ち去られた。[13:54]そして郷里に行き、会堂で人々を教えられたところ、彼らは驚いて言った、「この人は、この知恵とこれらの力あるわざとを、どこで習ってきたのか。[13:55]この人は大工の子ではないか。母はマリヤといい、兄弟たちは、ヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではないか。[13:56]またその姉妹たちもみな、わたしたちと一緒にいるではないか。こんな数々のことを、いったい、どこで習ってきたのか」。[13:57]こうして人々はイエスにつまずいた。しかし、イエスは言われた、「預言者は、自分の郷里や自分の家以外では、どこででも敬われないことはない」。[13:58]そして彼らの不信仰のゆえに、そこでは力あるわざを、あまりなさらなかった。 [6:1]イエスはそこを去って、郷里に行かれたが、弟子たちも従って行った。[6:2]そして、安息日になったので、会堂で教えはじめられた。それを聞いた多くの人々は、驚いて言った、「この人は、これらのことをどこで習ってきたのか。また、この人の授かった知恵はどうだろう。このような力あるわざがその手で行われているのは、どうしてか。[6:3]この人は大工ではないか。マリヤのむすこで、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。またその姉妹たちも、ここにわたしたちと一緒にいるではないか」。こうして彼らはイエスにつまずいた。[6:4]イエスは言われた、「預言者は、自分の郷里、親族、家以外では、どこででも敬われないことはない」。[6:5]そして、そこでは力あるわざを一つもすることができず、ただ少数の病人に手をおいていやされただけであった。[6:6]そして、彼らの不信仰を驚き怪しまれた。それからイエスは、附近の村々を巡りあるいて教えられた。 [4:16]それからお育ちになったナザレに行き、安息日にいつものように会堂にはいり、聖書を朗読しようとして立たれた。[4:17]すると預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある所を出された、[4:18]「主の御霊がわたしに宿っている。貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、わたしを聖別してくださったからである。主はわたしをつかわして、囚人が解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、打ちひしがれている者に自由を得させ、[4:19]主のめぐみの年を告げ知らせるのである」。[4:20]イエスは聖書を巻いて係りの者に返し、席に着かれると、会堂にいるみんなの者の目がイエスに注がれた。[4:21]そこでイエスは、「この聖句は、あなたがたが耳にしたこの日に成就した」と説きはじめられた。[4:22]すると、彼らはみなイエスをほめ、またその口から出て来るめぐみの言葉に感嘆して言った、「この人はヨセフの子ではないか」。[4:23]そこで彼らに言われた、「あなたがたは、きっと『医者よ、自分自身をいやせ』ということわざを引いて、カペナウムで行われたと聞いていた事を、あなたの郷里のこの地でもしてくれ、と言うであろう」。[4:24]それから言われた、「よく言っておく。預言者は、自分の郷里では歓迎されないものである。[4:25]よく聞いておきなさい。エリヤの時代に、三年六か月にわたって天が閉じ、イスラエル全土に大ききんがあった際、そこには多くのやもめがいたのに、[4:26]エリヤはそのうちのだれにもつかわされないで、ただシドンのサレプタにいるひとりのやもめにだけつかわされた。[4:27]また預言者エリシャの時代に、イスラエルには多くのらい病人がいたのに、そのうちのひとりもきよめられないで、ただシリヤのナアマンだけがきよめられた」。[4:28]会堂にいた者たちはこれを聞いて、みな憤りに満ち、[4:29]立ち上がってイエスを町の外へ追い出し、その町が建っている丘のがけまでひっぱって行って、突き落そうとした。[4:30]しかし、イエスは彼らのまん中を通り抜けて、去って行かれた。 [7:15]すると、ユダヤ人たちは驚いて言った、「この人は学問をしたこともないのに、どうして律法の知識をもっているのだろう」。

(ヨハ6:42)
[6:42]そして言った、「これはヨセフの子イエスではないか。わたしたちはその父母を知っているではないか。わたしは天から下ってきたと、どうして今いうのか」。

(ヨハ4:44)
[4:44]イエスはみずからはっきり、「預言者は自分の故郷では敬われないものだ」と言われたのである。

(ヨハ10:39)
[10:39]そこで、彼らはまたイエスを捕えようとしたが、イエスは彼らの手をのがれて、去って行かれた。