ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2020年10月25日(日) 通読(本日=二ペト1-3,3イミ52,イテ4 明日=申20-22,エズ・ラ14,イテ5)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔57年モルモン経〕ニーファイ第二書 第11章
第十一章
ヤコブの訓えのつづき。神の御言葉の証明。贖い主の予表。

さてヤコブは、その時このほかに多くのことを私の民に話をした。しかしながら、私は以上のことだけを記すにとどめた。私はそれだけで十分であるからである。
さて私ニーファイは心にイザヤの言葉を喜び楽しむから、もっとその言葉を書き誌そう。イザヤも、私が贖い主を見たと同じようにまことにわが贖い主を見たから、私はイザヤの言葉を私の民へ告げる言葉になぞらえてこれを私のすべての子孫に伝えよう。
私の弟のヤコブもまた、私が見たと同じように贖い主を見た。それであるから、私の言うことがほんとうであることを私の子孫に証明するために、私はこの二人の言葉を子孫に伝えよう。神は「われは三人の証言をもってわが言葉を確かめん」と仰せになったけれども、神はさらに多くの証人を遣わしたもうて、その言葉をことごとく証明したもうのである。
ごらん私はキリストの降臨がほんとうであることを私の民に証明するのを心に喜ぶ。何となれば、モーセの律法はキリストの降臨が確かであることを証するために与えられたからである。また、世の始めから神が人間に与えたもうたのは、ことごとく前もってキリストのことを表している。
私はまた主が私たちの先祖と結びたもうた誓約を身も心も挙げて喜び、またまことに人間を死から贖う永遠の大きな計画にあらわれる主の恵みと正義と力と憐みとを見て身も心も楽しむ。
また私はキリストが来りたまわないならば、万人が亡びなければならないことを私の民に証明するのを心に喜ぶ。
それは、もしもキリストがなければ神もなく、もしも神がなければ万物の創造もないから私たちの存在もない。しかしながら、神は実在し、その神はキリストであって自ら定めたもうた時期が満ちる時に降臨したもうのである。
さて私はイザヤの言葉を少し書く。それはだれでも私の民の中でこれらの言葉を見る者が、万人のことを心に勇み喜ばんがためである。さて、イザヤの言葉は次のようであるが、私の民はこれを自分たちとすべての人とになぞらえるがよい。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ne&chapter=11&mode=0