ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2020年10月28日(水) 通読(本日=詩137-139,四マカ10,イテ7 明日=コヘ11-12,-3回,クル-106回)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え

Interlinear @ Biblos.com 
節表示・修正リビングバイブル(日本語T) 解題
ヨブ記 第37章
ぼくの心はおののく。
神様の声である雷の音を聞け。
それが天を渡って来ると、いなずまの閃光は四方八方に散る。
そのあとで、耳をつんざくような雷鳴がとどろく。 それは神様の威厳を告げ知らせるのだ。
雷鳴は神様の声に栄光を添える。 神様の力の偉大さは測り知れない。
神様が雪や夕立や豪雨を地上に降らせると、
すべての人は仕事の手を休め、神様の力を認める。
野獣は岩間やほら穴に避難する。
雨は南から、寒さは北から来る。
神様が川の上に息を吹きかけると、岩をかむ急流でさえ凍りつく。
神様が雲に水分を含ませると、雲はいなずまをまき散らす。
いなずまは神様の命令どおり、地を行き巡る。
神様が嵐を起こすのは懲らしめのため、また、いつくしみで人々を元気づけるためだ。
ヨブさん、神様のすばらしい奇蹟をじっくり考えてもらいたいな。
あなたは、どのようにして神様が自然界を支配し、雲間にいなずまをひらめかすのか知っていますか。
[16-17]雲は完全な調和をもって見事につり合っているし、南風が吹くと暑くなる。 いったいどうしてそうなるのか、わかっているんですか。
あなたは神様のように、途方もなく大きな空の鏡を張り広げることができるんですか。
[19-20]自分には知識があり余っていると考える人がいたら、神様に近づく方法を教えてもらいたいものだ。 われわれはあまりにも鈍く、何もわかっていないからだ。 ところで、そんな知識で神様に近づけるだろうか。 生きたまま立ち枯れになるのは、まっぴらごめんだ。
風が雲を吹き払うと、まぶしくて、太陽をまともに見ることができないように、
天の切れ間から差し込む、目のくらむような輝きを放つ神様の威厳を見つめることは、不可能だ。
全能者の力を推し量ることはできない。 しかし、神様はこの上なく正しく、思いやりにあふれているので、われわれを滅ぼさない。
どこへ行っても、人々が神様を恐れるのは当然だ。 世界最高の頭脳も、神様には歯が立たないのだから!」

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=37&mode=0