ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2020年12月1日(火) 通読(本日=ヨシュ1-5,シラ1,モル序2 明日=詩1-2,一マカ1,モル序3)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え

Interlinear @ Biblos.com 
節表示・修正リビングバイブル(日本語T) 解題
ヨブ記 第23章
ヨブの返事。
「きょうは、ふんまんやる方ない。 いくらなんでも罰がきびしすぎる。
どこで会えるかがわかれば、さっそく御座へ行って神様と談判できるのだが。
[4-5]こちらの言い分を何もかも話した上で、神様の返事を聞き、何がお望みか理解したい。
偉大な神様が、わしを鼻先であしらうだろうか。 むしろ、わしの言うことを聞いて同情するに違いない。
正直で公平な者だけが神様と論じ合うことが許され、裁判官である神様によって無罪放免となる。
ところが、いくら神様を探してもむだだ。 あちこち尋ねても見つからない。
北へ行っても見あたらず、南に向きを変えても、神様は姿をくらます。
だが神様は、わしの身に起こった一部始終をご存じだ。 調べてもらえばわかる。 神様は、わしが完全に潔白であると認めるはずだ。 そうだ、純金のように混じり気がないとな。
わしは神様の道から離れず、神様にくっついてきた。 一歩だって脇道にそれたことはない。
神様の命令は三度の食事以上の楽しみだった。
とはいえ、神様のおこころが変わるはずはない。 神様の決めたことは、だれにもくつがえせない。 神様は、望みどおりのことを意のままに行なうからだ。
わしのことも、決めたとおり全部なさるだろう。 これからも、もっと多くの災いが降りかかるはずだ。
だから、わしはこわくてたまらない。 先のことを思うと、震えが止まらない。
[16-17]すっかり弱気になってしまった。 全能の神様は、一面の闇でわしを脅かす。 右を見ても左を見ても、一寸先もわからない闇だ。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=23&mode=0