ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2020年10月23日(金) 通読(本日=ゼカ8-14,3イミ51,クル-104回 明日=使17-18,4イミ10,クル-105回)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え

Interlinear @ Biblos.com 
節表示・修正リビングバイブル(日本語T) 解題
ヨブ記 第22章
エリファズの再度の演説。
「人は少しでも神様の役に立つだろうか。 最高の知恵者でさえ、自分の役に立つだけだ。
あんたが正しいからといって、全能者は喜ぶだろうか。 あんたが完全だからといって、神様の得になるだろうか。
罰を受けているのは、あんたが正しいからだろうか。
とんでもない。 悪いからこそ、罰せられるのだ。 あんたの罪は底なしの沼だ!
あんたは、着ている物をぜんぶ質草に取らなければ、困っている友人に金を貸さなかったのだろう。 そうだとも、彼らの骨までしゃぶったに違いない。
のどが渇いている者に水を飲ませず、飢えている者にパンを与えなかったに違いない。
ところが、権力者には欲しい物は何でもくれてやり、金持ちには好きな所に住まわせた。
気の毒な未亡人を手ぶらで追い返し、みなしごの腕をへし折った。
[10-11]だから今、突然の恐れに取りつかれ、暗やみと戦慄の波にのまれるのだ。
神様は、天や星より高い所にいる偉大なお方だ。
ところが、あんたは言う。 『だから神様は、わしのしていることが見えないのだ。 暗やみごしに、正しいさばきなんかできやしない。
黒雲に取り巻かれて、神様には何も見えやしないんだ。 神様は、はるかかなたの空の上を、のんびり散歩しているだけさ。』
[15-16]昔ながらの罪の道を歩いている者は若死にし、その人生の土台は押し流されることが、わからないのか。
そんな連中は神様に言った。 『神様、じゃまだからどいてくれ! あんたがいたって、何の役にも立ちゃしない。』
わしだったら、口が裂けてもこんなことは言わない。 彼らは、神様が良い物をいっぱい下さったことを忘れている。
そこで今度は、正しい者が悪者の滅びるのを眺める番だ。 潔白な者は悪者をあざけり笑う。
彼らは口々に言う。 『見ろよ。 敵の最後の一人が火で滅ぼされたぞ。』
神様に口答えするのはよしたまえ! いさぎよく仲直りしろよ。 そうしたら、気が楽になるぞ。 まちがっていたことを素直に認めれば、神様のいつくしみがある。
神様の教えに耳を傾け、それを心にたくわえろ。
神様に立ち返り、いっさいの悪を閉め出せば、元どおり栄える。
金銭欲を断ち切り、取っておきの黄金を捨てれば、
全能者があんたの宝となり、神様が貴重な銀となるのだ。
その時、あんたは神様の恵みを感じて喜び、神様を見上げる。
祈れば答えがあるので、あんたは神様への約束をみな果たすようになる。
望むことはすべて実現し、あんたの進む道には天の光がさす。
たとい攻撃され、打ち倒されても、必ずまた高い地位に返り咲く。 神様は謙そんな者を救い、
あんたのきよい手で、罪人をさえ助けるのだ。」

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=22&mode=0