ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2020年10月28日(水) 通読(本日=詩137-139,四マカ10,イテ7 明日=コヘ11-12,-3回,クル-106回)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え

Interlinear @ Biblos.com 
節表示・修正リビングバイブル(日本語T) 解題
ヨブ記 第20章
ナアマ人ツォファルの演説。
「もう我慢できん。 どうしてもあんたに言ってやりたいことがある。
罪人呼ばわりされた腹いせに、わしに恥をかかせるつもりか。 そうなりゃ、こっちだって黙っていないぞ。
あんたにもわかっているはずだ。 この地上に人が住むようになって以来、
悪者が勝ち誇るのはつかの間で、不信心な者の喜びは一夜の夢だ。
たとい、連中が思い上がり、肩をいからせて歩いても、
糞のようにつまみ捨てられ、永久に滅びる。 彼を知る人たちは、どこへ行ったのかといぶかる。
彼は幻のように消え失せ、
友人も家族も、二度とその姿を見ることはない。
子供たちは貧しい人に物乞いし、やっとの思いで負債を埋め合わせる。
たとい彼がまだ若くても、その骨はちりに横たわる。
彼は悪の楽しみを覚え、それを口の中でとかし、
ゆっくり味わいながら、少しずつ飲みくだす。
ところが、それは突然、腹の中で苦くなる。
たらふく食べた利得も、吐き出さなければならない。 彼が食べた物を消化するのを、神様はお許しにならないのだ。
それは彼を殺す毒となる。
盗品を自分のものにして財産をふやすことはできない。
労苦は報いられず、富も喜びを与えない。
貧しい者を虐待し、彼らの家を差し押さえたからだ。 彼が元どおりになることはありえない。
彼の目はいつも貪欲に燃えていたが、今はすっかり貧乏になり、彼の夢見てきたものは、みな飛び去った。
彼は機会あるごとに盗みを働いたので、その財産はすぐになくなる。
大臣風を吹かしている彼を、いきなり災難が襲う。 不幸な人たちは、寄ってたかって彼を食い物にする。
彼が腹いっぱいになる寸前に、神様の怒りが下る。
彼は追われ、ついに射止められる。
矢を抜くと、光る矢尻が胆のうから出てくる。 彼は断末魔の苦しみで顔をゆがめる。
彼の宝は暗やみの中に隠される。 燃えさかる炎が彼の持ち物をなめ、遺産をすべて焼き尽くす。
天は彼の罪をあばき、地は不利な証言を並べ立てる。
神様の怒りの前には、富も役に立たない。ただ踏みにじられてなくなるばかりだ。
これが悪者を待ち受ける運命だ。 神様がそのようにする。」

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=20&mode=0