ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2019年9月15日(日) 通読(本日=ヘブ8-10,3イミ41,3ニフ20 明日=申1-3,エズ・ラ8,3ニフ21)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え

Interlinear @ Biblos.com 
節表示・修正リビングバイブル(日本語T) 解題
ヨブ記 第14章
人はなんともろいものか。 人生はなんと短く、苦しみに満ちていることか。
人は花のように咲いても、みるみるしおれ、通り過ぎる雲の影のように、あっという間に消え失せる。
神様は、このようにはかない人間をきびしく責め、あくまで白黒をつけようというのですか。
生まれつき汚れている者に、どうしてきよさを求めることができましょう。
神様は人間に、ほんのわずかな人生の枠組みを与えました。 それは月単位ではかる日数で、それ以上は、たとい一分一秒でも延びません。
だから、つかの間の休息を与えてください。 怒りに燃える目をそらし、死ぬ前に、ほんのちょっとでも息を入れさせてください。
木には望みがある。 切り倒されても芽を出し、やわらかな新しい枝を張る。
[8-9]たとい根が老化し、根株が枯れても、水さえあれば、新しい苗木のように芽を吹き、枝を出す。
だが、人は違う。死んで葬られると、その霊魂はどこへ行くだろうか。
[11-12]水が湖から蒸発し、日照りの時に川が干上がるように、人は地に伏すと、永久に立ち上がらない。 目も覚まさず、眠りから起きることもない。
私を死人のいる所に隠し、神様の怒りが過ぎるまで忘れ、ずっとあとになって、思い出してくださるとよいのに!
人は死んでも生き返るかもしれない。 私はそのことに望みをかけているのです。 それで、苦しみながらも、ひたすら死を待ち望むのです!
私を呼んでください。 いつでもみもとへ参ります。 神様は私のしたことに、ことごとく報いてくださるでしょう。
ところが今、案に相違して、神様は私にあとわずかしか生きることを許さず、しかも、すべてのあやまちに目を留め、
それを束にし、証拠として私に突きつけます。
[18-19]山はすり減ってなくなり、水は石をうがって砂にし、大水は土砂を押し流す。 そのように、人のすべての望みは絶える。
[20-21]神様はいつまでも人を打ち負かすので、ついに人は舞台から姿を消します。 神様は人をしわだらけの老人とし、遠くへ追いやります。 だから、自分の子供たちが尊敬されようが、世渡りに失敗し、災難に会おうが、人にはわかりません。
知っていることは、ただ悲しみと痛みだけです。」

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=14&mode=0