ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2020年3月29日(日) 通読(本日=二コリ1-3,3イミ17,モサ13 明日=出17-20,ソ詩4,モサ14)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔真理子訳〕シラ書〔集会の書〕 第13章
アスファルトにさわると手が汚れる。高慢な者と付き合うと染められる。
手に余る重い荷を持とうとするな。自分より偉い者や金持ちと付き合うな。瓶と鍋がどうしてうまくやっていけよう。一方がぶつかれば他方は割れてしまう。
金持ちは他人に迷惑をかけているのに怒鳴りちらし、貧しい者は迷惑を受けているのに平身低頭するはめになる。
金持ちはお前が役に立つときはこき使い、お前が困るとあっさり見捨てる。
お前が金を持っている間はお前のところに転がり込み、平然とお前の財産を食い尽くす。
お前が何かの役に立ちそうな間はお前をだまし、にこにこ笑っておだてあげ、お世辞を並べ、お前を喜ばせ、何かお役に立つことはとまで言う。
お前をへきえきさせるほど接待するかと思うと、お前の金がなくなるまで何度も接待させる。最後にはお前をばか呼ばわり。そして会っても知らん振り、知らないやつだと首を振られる。
自分の愚かさのせいでだまされ、みじめな思いをしないようにせよ。
偉い人に招待されたら辞退する態度を見せよ。余計に熱心に招待してくれるだろう。
図々しければ肘鉄をくらわされ、引っ込みすぎでは覚えてもくれない。
偉い人と対等に話をしようとするな。自分は人よりも目をかけてもらっていると安心するな。長く話をするのはお前を試そうとしているのだ。にこやかな表情の裏でお前を探っているのだ。
そいつはお前の秘密を守らないし、血も涙もないし、危害を与えたり投獄したりすることも平気だ。
そいつにはよくよく注意せよ。一歩誤ればまっさかさまだ。
〔このことを聞いたら目をさませ。一生の間、主を愛し、主に救いを呼び求めよ〕
どんな生き物でも同じ種の間でつき合うものだ。どんな人も隣人と親しむ。
どんな生き物でも類は友を呼ぶ。どんな人も自分に似た者が好きになる。
狼と子羊が仲良くできようか。罪びとと敬虔な者が仲良くできようか。
ハイエナと犬が仲良くできようか。金持ちと貧乏人が仲良くできようか。
荒野では野ろばは獅子のえさ。貧乏人は金持ちのまぐさ。
高慢な者は謙遜な者が嫌いだ。金持ちは貧乏人が嫌いだ。
金持ちは危機にあっても友が支えてくれる。貧乏人は倒れたら友からも相手にされない。
金持ちが失敗しても助けには事欠かない。失言しても誰かがかわりに釈明する。貧乏人が失敗したら難癖をつけられるに決まっている。正しいことを主張しても、お前の出る幕ではないと言われる。
金持ちがしゃべれば一同静まり返り、拍手喝采が雲の上まで響くが、貧乏人がしゃべってもこいつはどこの馬の骨だとののしられ、失敗すればそれ見たことかと揚げ足をとられる。
不正がかかわらない限り、富は善で貧乏は悪だ、と神を畏れぬ者は言う。
人間は気分しだいで顔色をよくも悪くもする。
晴れ晴れとした表情は心の幸せを表す。ああ、それにしても格言を作るのは大変だ。

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=sir&chapter=13&mode=0