ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2019年5月19日(日) 通読(本日=エフェ1-3,3イミ24,アル19 明日=レビ4-6,ソ詩11,アル20)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔真理子訳〕マカビー記二 第11章
王の後見人であり親族であり宰相であるルシアは、戦いの結果にひどく腹を立て、
すぐにおよそ八万の歩兵と騎兵のすべてを召集し、ユダヤ人のほうに向かった。それは、都のエルサレムをギリシア人の居住地にし、
他の異邦人の神殿と同様に、エルサレムの神殿にも税を課し、また大祭司の地位を毎年の競売で決めようと考えたからである。
彼は神の力を想像することができず、何万人もの歩兵と何千もの騎兵と八十頭の象を持っているせいでおごりたかぶっていた。
彼はユダヤに入るとエルサレムから五スタデア離れた堅固な地であるベテスラに近づいて、これを攻撃した。
マカビオの軍隊は、要塞が攻撃されているという知らせを聞くと涙を流して嘆き悲しみ、人々とともに主に向かって、よい天使をイスラエルの救いのために遣わしてくださいと祈り求めた。
それからまずマカビオが先頭に立って武器をとり、他の者たちにも兄弟を助けるために自分とともに進んで危険をおかしてくれと励ました。
彼らがまだエルサレムにいるうちに、白い衣をまとい、黄金の武器をふりまわした一人の騎士が現われて彼らを導いた。
そこで彼らは口をそろえてあわれみ深い神をほめたたえ、心に力のわきおこるのを感じ、人間ばかりか野獣や鉄の壁をも打ち破るほどの勢いであった。
彼らは主のあわれみにより天からの助けを得て、装備を整えて進軍した。
彼らは獅子のように敵に挑み、一万一千人の敵と千六百の騎兵をなぎ倒し、全軍を敗走させた。
多くの者が傷つき、武器を奪われて、命からがら逃げ帰った。ルシア自身も不名誉な逃走によって生命を救った。
彼は愚かではなかったので自分が負けたことを認め、力ある神が彼らを助けている限りヘブル人は無敵であると考え、ヘブル人に使者を送って、
君達と友好を保つように王に説得するから、よい条件で和議を結んでくれと説得した。
マカビオは状況を読んで、ルシアの申し出をすべて受け入れた。マカビオがユダヤ人に関してルシアに手紙で申し入れたすべての事柄を、実際に王は承認した。

ルシアからユダヤ人に送られた手紙は次のとおりである。
「ルシアよりユダヤ人へ。
みなさんが遣わしたヨハネとアブサロムは、以下に記したような公文書を持って、そこに書いてあることを嘆願してきた。
そこでわたしは王に報告すべきことを報告し、王はできるかぎりのことを承認なさった。
もしみなさんが国事に関する好意を失わないならば、ほかの事柄に関してもよいようにとりはからってあげよう。
個々の細かい事柄に関してはあなたがたと相談するようにと、この二人とわたしの使者とに命じておいた。
みなさんのご健康を祈る。百四十八(紀元前百六十四)年デオスコリンテオの月の第二十四日に記す」

王の手紙は次のとおりである。「アンテオコス王より兄弟ルシアへ。
余の父が神の列に加えられて以来、余は王国の臣民が安心して自分の仕事に専念できるようにと望んでいる。
しかしユダヤ人が父のギリシヤ化政策に従おうとせず、自分たちの生活様式を重んじ、律法を守ることを許してほしいと願っていると聞いた。
そこで余はこの民も安心して暮らせるように、彼らに聖所を回復させ、父祖伝来の習慣にしたがって生活することを許してやろうと思う。
だからあなたは、彼らに使者を遣わし、彼らと友好関係を結び、彼らがわれわれの政策を知って勇気づけられ、喜んで自分たちの仕事に専念できるようにとりはからえ」

ユダヤ人に対する王の手紙は次のとおりである。「アンテオコス王よりユダヤ人の長老会議およびそれ以外のユダヤ人たちへ。
みなさんが健康であるように切に祈っている。余も健康である。
メネラオによれば、みなさんは自分の故郷に帰りたがっているそうである。
そこでクサンテコの月の第三十日までに家に帰る者には身の安全を保証する
ユダヤ人は以前のとおりに自分たちの特別な食べ物を食べ、律法に従ってかまわない。知らずに犯した罪のために、だれも決してユダヤ人を苦しめてはならない。
余はみなさんをなぐさめ励ますためにメネラオを遣わした。
みなさんの健康を祈る。百四十八(紀元前百六十四)年クサンティコの月の第十五日」

ローマ人もまたユダヤ人に次のような手紙を書き送った。「ローマの使節コイント・メムミオおよびテトス・マンリオよりユダヤ人へ。
王の親戚であるルシアがあなたがたに承認した事柄を、われわれも承認する。
彼が王に報告しようと考えたことについては、よく検討したうえで、こちらにも使者を派遣して知らせてほしい。われわれはアンテオケに行くことになっているので、その時にあなたがたに有利になるよう、こちらからも王に取り次いであげよう。
だからわれわれにもあなたがたの考えがわかるように、すぐに誰かを派遣するように。
あなたがたのご健康を祈る。百四十八(紀元前百六十四)年クサンテコス月の第十五日」


このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=2ma&chapter=11&mode=0