ばべるばいぶる(多言語聖書閲読)
HELP
フォント・背景色変更
ID:
パスワード



2021年2月25日(木) 通読(本日=ヨブ25-26,トビ13,ヤコ・モ3 明日=エレ1-6,知13,クル-25回)

●章表示 ●検索

聖書1:
聖書2:
ルビ: 節番号表示:
見出し表示 あり  なし


検索語:
聖書:
大小文字同一視
検索書名
同時表示聖書:
1ページに表示する候補数:
ルビ:
章モードしおり 現在の章をしおりに追加(最大20) クリア 並べ替え


節表示・修正 口語訳(日本語R)+真理子のおまけ 解題
〔真理子訳〕トビト記 第6章
引照(日本語T) 解題
トビト記 第6章
そこで彼女かのじょくのをやめてしずかになった。
第6章(ラファエルの命令) トビヤはテグリス川で大きな魚を釣り上げました。ラファエルは、魚の胆汁を父の眼病の薬にせよと言いました。そしてラグエルの娘サラと結婚し、悪魔退散のために心臓と肝臓を使えと言いました。
トビヤは天使てんし一緒いっしょ出発しゅっぱつした。また一匹いっぴきいぬかれ一緒いっしょ出発しゅっぱつし、たびつづけた。二人ふたりたびつづけていたが、あるばんかれらはテグリスがわのほとりで宿泊しゅくはくした。

トビヤがあしあらうためにテグリスがわにはいると、一匹いっぴきおおきなさかなみずなかからはねあがってトビヤのあしをのみこもうとしたので、かれさけんだ。

天使てんしはトビヤにった。「そのさかなりなさい。しっかりつかまえなさい」。トビヤはさかなると、地上ちじょうげた。

天使てんしかれった。「さかなき、胆汁たんじゅう心臓しんぞう肝臓かんぞうしてしまっておき、内臓ないぞうてなさい。胆汁たんじゅう心臓しんぞう肝臓かんぞうとはくすりとしてやくにたつのです」

そこでトビヤはさかなくと胆汁たんじゅう心臓しんぞう肝臓かんぞうり、いてべ、のこりはしっかりまとめててた。それから二人ふたり一緒いっしょたびつづけ、ついにメデアにちかづいた。

そのとき息子むすこ天使てんしたずねてった。「兄弟きょうだいアザリヤよ、さかな心臓しんぞう肝臓かんぞう胆汁たんじゅうはどんな効能こうのうがあるのですか」

アザリヤはかれった。「さかな心臓しんぞう肝臓かんぞうは、悪魔あくまもしくは悪霊あくれいにつかれている男女だんじょまえでいぶしなさい。そうすればどんな悪霊あくれいもそのひとからはなり、けっしてそのひとにはとりつきません。

胆汁たんじゅうは、しろいしみのできたひとり、しろいしみにいききかけなさい。そうすればはよくなります」

ラファエルは、メデアにはいり、すでにエクバタナにほどちかいところまでやってきたとき

若者わかものった。「兄弟きょうだいトビヤよ」。トビヤはかれった。「なんですか」。ラファエルはかれった。「わたしたちは今晩こんばんラグエルのいえまらねばならない。かれはあなたの親戚しんせきにあたり、かれにはサラというむすめがいます。

かれにはサラ一人ひとりのほかに息子むすこむすめもいません。あなたはどんなひとよりも彼女かのじょちか血縁けつえんなので、彼女かのじょをめとるべきであり、彼女かのじょちち財産ざいさん相続そうぞくする資格しかくがあるのです。このむすめ思慮深しりょぶか勇気ゆうきがあり、とてもうつくしく、父親ちちおやはりっばなひとです」

かれった。「あなたは彼女かのじょをめとるべきです。兄弟きょうだいよ、わたしのうとおりにしなさい。今夜こんやわたしは父親ちちおやに、このむすめをあなたの花嫁はなよめとしてもらうようにはなしましょう。そしてラゲスからもどってきたら彼女かのじょとの結婚式けっこんしきをするのです。あなたがどんなひとよりもこのむすめをめとる資格しかくがあるとれば、ラグエルはけっして彼女かのじょこばんであなたからはなしたり、ほかのおとこ結婚けっこんさせることはできないでしょう。万一まんいちそうしたら、モーセのしょさだめにしたがって死刑しけいにされねばならないからです。ですから兄弟きょうだいよ、わたしのうとおりにしなさい。今夜こんやわたしたちはこのむすめのことについてはなし、彼女かのじょをあなたと婚約こんやくさせるのです。そしてラゲスからもどってきたとき彼女かのじょをめとり、わたしと一緒いっしょ彼女かのじょをあなたのいえれてくのです」。

そのときトビヤはラファエルにこたえてった。「兄弟きょうだいアザリヤよ、わたしのいたところによれば、彼女かのじょはすでに七人しちにんおとことつがせられたが、かれらが彼女かのじょのもとにはいったそのに、新婚しんこん部屋へやぬというふうに、次々つぎつぎんでいったそうではありませんか。悪魔あくまかれらをころしたのだと人々ひとびとっているのをきました。

ですからわたしはおそろしいのです。――悪魔あくま彼女かのじょには危害きがいくわえないが、彼女かのじょちかづくおとこのほうをかならころすそうですから。わたしはちち一人息子ひとりむすこなのですよ――。わたしがんで父母ふぼかなしませ、あげくに生命せいめいがおはかきになってしまわないかと。父母ふぼにはわたし以外いがいほうむるべき息子むすこはないのです」
わたしはたった一人の息子 トビ3:10
するとラファエルはかれった。「ちち家系かけいからつまむかえよ、という父上ちちうえおきてわすれたのですか。兄弟きょうだいよ、わたしのうとおりにしなさい。悪魔あくまのことは心配しんぱいしないで結婚けっこんなさい。彼女かのじょ今夜こんやあなたにあたえられると、わたしはっています。

新婚しんこん部屋へやへはいったときに、さかな肝臓かんぞう一部いちぶ心臓しんぞうとをってこうはいうえきなさい。するとそのにおいがたちのぼります。

悪魔あくまはいぶしされてし、もうけっして彼女かのじょのまわりにはあらわれなくなるでしょう。それからあなたが彼女かのじょ一緒いっしょになろうとするまえにあなたがたは二人ふたりともまずきて、あなたがたのうえあわれみとまもりがありますようにと、てんかみいのもとめなさい。おそれるな、彼女かのじょはじまるまえからあなたのものとさだめられていたのだから。あなたは彼女かのじょすくい、彼女かのじょはあなたとともにくのです。あなたは彼女かのじょによってどもたちをもうけ、そのどもたちはあなたの兄弟きょうだいのようになるでしょう。あれこれ心配しんぱいしないでください」。トビヤはラファエルのことばをき、彼女かのじょちちいえ家系かけいうぞくするおんなであるとくと、彼女かのじょふかあいするようになり、かれこころ彼女かのじょかたむすびつけられた。
娘は妻に定められていた 創24:44

このページのURL
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=tob&chapter=6&mode=0