[ばべるばいぶる]

真理子の聖書日記


このサイトを作りながら、聖書を読みながら真理子が考えたことです。
真理子修道会の修道女/修道士の方のみ書き込むことができます。

掲示板運営方針(必読)


twilog


検索語 :
検索語[] ヒット数983

[524] Re:入試問題 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/28(月) 09:49:43 ここから閲覧

 さらに言わせてもらえば、今回カンニングをした学生って、ネット社会にあっては優秀な人材なんじゃないかしら。ちゃんと試験時間内に答えを得られているんですから。掲示板に書きこんだからって必ずしも答えが得られるとは限らないし、試験時間内に答えがもらえなきゃ意味がないんだから、すぐに答えの得られそうな掲示板を選んでいるっていうのもネット社会では必要なスキルですよね。
 以前、ある大学の先生のブログで、この歌の歌詞が聞き取れないっていうのがあって、聴いてみたらシューベルトの菩提樹なんですよね。その先生、一応ドイツ畑なんで、菩提樹を知らないっていうのもどうかなって思いますけど、まあ知らないことを知らないと正直に言えるだけましよね。で、歌詞ののっているサイトをリンクしてあげたんですけど……
 数ヶ月たってその先生のブログを見たら、私の書いたリンクが一時的なもので、リンク切れになってて読めなかったらしく、読めない読めないってぼやいてた。やがて別の人が教えてあげたみたいなんですけど、でもね、私は、シューベルト(Schubert)の冬の旅(Winterreise)の5番目の「菩提樹」(Der Lindenbaum)、作詞者はWilhelm Müllerって書いてるのよ。こういうので検索すればすぐに見つかるじゃない? 2ちゃんねるなら「ぐぐれカス」って罵倒されておしまいよ。ネット時代にあってはこういう先生はダメよね。
 明日までに論文を書かなきゃいけないとか、講義の準備をしなきゃいけないとかで、すぐにでも答えがほしいときに、適切な掲示板を選んで質問して答えを得るっていうのは、学問をする上で必要なスキルだと思うんで、だから私は、こんな先生になるくらいなら、今回カンニングをした学生に軍配をあげます。

 大学院の入試だと、辞書持込可、電卓持込可なんていうのもあるんで、いっそ何でも持ち込み可にして、高度な出題をするっていう手だってあります。そして論文を書かせて直後に口頭試問すれば、その学生の総合的な実力がよくわかるんで、今後は入試もそういう方向に進んだほうがいいんじゃないかしら。

[523] 1コリ5-6章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/27(日) 14:52:38 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1co&chapter=5&mode=0
 先週(3-4章)は、「パウロもたまにはいいことを言うわね」とほめたんですけど、ここはまたパウロらしい偏狭な意見を言ってますね。1コリってこういうふうに、いいことを言ったかと思うとひどいことを言うっていう波のくりかえしですね。
 信者の中から悪者を排除しろ(5章)ですって? 罪をさばくのは神様であってあんたじゃないのよ。6章じゃ遊女差別と同性愛差別発言をするし。ま、パウロも時代の子なのよね。
 そんなわけでこういうところは、適当に割り引いて読まねばならないところです。ファンダメンタルなかたがたは、聖書のこういう記述を根拠に、同性愛差別を肯定する人もいるようですけど、そんなことじゃ現代人には通じないです。
 真理子の友達には風俗で働いてる子も数人いますし、同性愛者もいますんで、今日のところは読まなかったことにします。

[522] 入試問題 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/27(日) 14:41:24 ここから閲覧

 2月25-26日に国公立大学前記日程の2次試験。だんなも私も一応国公立大卒業ですから、なんかかつかしいですけど、いまは入試問題漏洩のニュースが報じられてますね。試験中に問題をネットの教えて掲示板に投稿しちゃう。携帯電話が広まって、ネットアクセスができるようになると、いつかはこういうことが起きると思ってましたけど、案の定という感じです。
 でも、言わせていただければ、今回の事態は大学が悪いです。携帯電話の持ち込みを禁止していなかったんですもの。試験監督だってイイカゲンだったに違いありませんわ。
 キリスト教の立場からすれば、人間は罪深いので、ほうっておくとこういう悪いことをしちゃう。だからこそ悪いことをさせないように、管理をしっかりしなきゃいけないんです。「我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ」ですよ。絶対に不正ができないようにしっかり監督しなきゃダメよ。

 ところで、外国語ヲタの私としては、東大の外国語の問題をねらってるんですけどね。東大の外国語は英・独・仏・中のうちから選ぶんですけど(あらかじめ届出たもの。試験場で変更は不可)、問題の一部を、英・独・仏・中・露・西・朝の中から「その場で」変更できるんです。こっちのほうが簡単だと思えばぱっと変更できちゃう。高校生のくせに第二外国語、第三外国語……をやってるこまっしゃくれた語学ヲタを優遇してやろうというわけです。
 ですが、河合塾も駿台も、この部分の問題をネットにあげてないんですね。いわゆる赤本(教学社から出ている過去問題集)には掲載されてますけど、値段が高くて買う気がしないわ。
 ネット時代なんだから大学がちゃんと過去問をアップすればいいと思うんですが……、と思っていたら、東大は過去三年分ちゃんとアップしてますね。
http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/e01_04_j.html
 でも見たら、外国語の問題はすべて非公開。著作権の関係ですって。困ったもんだわ。
 たしかに外国語や国語は問題本文に著作権が残ってる可能性が大なんですが、大学入試問題っていうのは著作権法の特例で、本文の作者に事前のおうかがいをたてる必要はないんです。大学は自由に作問できちゃう。でもそれは入試までの話で、過去問題集として掲載したりするときには、本文の作者の同意が必要。で、2000年ごろから、本文の作者がごねて、赤本などの過去問題集に特定年度の一部分だけ掲載できなくなってしまったケースがちょこちょこ発生してるようです。
 以上、この部分は、予備校の先生をやってただんなからの情報ですけどね。
 まったく著作権って困ったものですわ。

[521] Re:スマートフォン 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/27(日) 12:49:03 ここから閲覧

 AdobeからAndroid用Adobe Readerが昨年5月に出てますね。失礼いたしました。
 IS03の時代は最初からインストールされていなかっただけで、最新機種だと最初からインストールされているらしいです。
 これでスマートフォンでもPDFを見られるようになって便利ですけど、デフォルトの状態では、PDFを見ようとすると、有料アプリのインストール画面になっちゃうんで、知らないで買っちゃう人も多いかも。私もあぶなかったわ。
 電卓にしろパソコンにしろデジタル腕時計にしろ何にしろ、出始めのころってものすごく高価なわりに機能が貧弱で、激安高性能になった後からふりかえると、最初に買った人ってバカだなぁという感じですけど、そういうおバカさんのおかげで製品が進歩するんだから、おバカさんは必要なんですね。
 まだまだスマートフォンって発展途上で、いま買う人は私を含めておバカさんって気もするけど、
まあバカならバカでもいいわ。

[520] 日本語活字ものがたり 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/26(土) 16:17:21 ここから閲覧

 ラジオ好きじゃなきゃぜんぜん知らないと思いますけど、NHKラジオ第二放送で「私の日本語辞典」という番組があります。
http://www.nhk.or.jp/r2bunka/nihon/
 月単位でさまざまな形で日本語とかかわっている人をゲストに迎えてお話を聞くというものです。
 今月の小宮山博史さんは活字の話なんですけど、これがものすごく面白かったです。
 聖書にもかかわってくる話です。
 私たちが普通に目にしている明朝体っていうのは、実はヨーロッパで作られたもの。活字を発明したのは中国ですけど、その後中国では活字はあまり用いられず、むしろヨーロッパで活字文化が花開いたんですね。で、ヨーロッパで東洋への関心(東洋学とか、キリスト教の布教とか)が高まるにつれ、漢字の活字がヨーロッパで作られた。特に重要なのが、上海の美華書館という聖書の印刷所で、ばべるばいぶるにあげてあるものではモリソンの聖書がそこで印刷されたものです(ブリッジマンも当初は美華書館ですが、ばべるにあげてあるものは日本で出版された訓点つきのものなので違います)。日本に来た活字はここで使われたものなんです。
 明朝体は直線を基調としているので、楷書より活字化しやすく、漢字になじみのないヨーロッパ人が活字を作るのにラクだったんですね。これしか書体の選択肢がなかったので、日本の活字も必然的に明朝体になった。
 で、明朝体という呼び方をしているのは日本だけなんだそうで、中国では宋体っていうんだそうな。ああ、だからGBコードのフォントの名前がMS Songだったのね。
 明朝体を美しく見せるために目の錯覚を利用してデザインを工夫しているとか、ヨーロッパでは日本の連綿体(続け字)の活字まで苦労して作ってた(たしかにばべるにあげているNブラウンの聖書とかそうですよね)とか、面白い話がいっぱいでした。
 今日が最終回ですけど、聞いてない人は、メールくださればMP3であげますよ。ホントは違法ですけど。
 でも、この人の『日本語活字ものがたり』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4416609027.html
を買って読んだら、ここに書いてあることをしゃべってるようなんで、とりあえずはこれを買ってお読みになることをおすすめします。

[519] マルコ1-2章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/26(土) 11:09:28 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mar&chapter=1&mode=0
 本日から福音書はマルコ福音書が始まります。
 福音書はマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネという順序なので、書かれたのもこの順序だろうと思っている人がけっこう多いようですが、実際にはマルコのほうが先で、マタイとルカがマルコを下敷きにして、別の資料も加えて書いたという関係になっています。
 ですから、学問的な翻訳では、マルコのほうを先にすることもあります。岩波もそう、岩波文庫の塚本訳もそう、田川訳もそうです。
 他人の本を下敷きにして自分の本を書くときは、都合の悪い部分は修正するのが普通ですから、マタイやルカに書かれていることがマルコにあって、微妙な違いがあるというときは、マルコのほうをもとと考えるべきです。
 マタイやルカにくらべて、マルコは非常に素朴です。一種のリアリズムを感じます。
 たとえば今日のマコ1:10で、イエス様が洗礼を受けたときに、聖霊が下ってくるのを「ごらんになった」とあります。この書き方は、実際には下ってこなくても、ご本人にそう見えたのであればウソにはなりません(マタ3:16もそうですけど)。これがルカだと(ルカ3:22)、「聖霊が~下り~声がした」と、客観的にそういうことがあったという話になっています。
 イエス様の誕生物語もなければ、復活だって単に「女たちは、墓がからっぽで、そこにいた天使らしい男に、イエス様が復活したと言われてこわくなって逃げた」だけです(マコ16:4-8)。さすがにこれだけではマズいと思ったのか、マコ16:9-以降に誰かが加筆をしていますけどね。
 そして、素朴というより不思議、読みようによっては不気味なニオイさえするのがマルコです。
 たとえば今日のマコ1:40-42、らい病人をいやしてあげる話。よく翻訳の底本に使われるネストレ・アーラントでは「深く憐れんで」となっているのですが、異本では「怒って」となっており、田川先生はそれを採用しています。らい病人のせりふの「みこころでしたらきよめていただける」っていうのは、遠慮ともとれますが、とりようによっては「あんたなんかにホントに治せるもんかね」みたいな失礼な言い方ですから。イエス様ってけっこう怒りっぽいんですよ。
 こういうものも包み隠さず書いているのがマルコです。
 イエス様の話をみんなが伝えているうち、だんだん尾ひれがつくいっぽうで、まずい話がカットされる。そういうのを一番うけておらず、もともとのイエス様のエピソードに近いものをマルコは伝えているので、異様なところもあるかもしれませんが、しっかり読んで行きましょう。

 マルコが福音書を書いた西暦60年ごろというのは、イエス様の受難があって30年、そろそろ「なまのイエス様を見た」弟子が少なくなりつつあるころです。それでもエルサレムには、なまのイエス様に接した弟子がいて、「お前らそんなこと言ってるけど、イエス様はそうは言わなかったぞ」みたいに権威をもっていたりします。ですからそういうエルサレムの教会への対抗勢力だったマルコが、イエス様のエピソードを伝記風に記し、かつ、弟子たちの怠慢さ(イエス様の教えを弟子は理解しなかったとか、受難前のイエス様の苦しいお祈りの間に弟子は眠りこけていたとか、受難のときに弟子はみんな逃げたとか)を暴露しています。そういう一種の過激さがマルコにはあります。

[518] イザヤ書56-61章、エス・ギ8章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/25(金) 20:22:27 ここから閲覧

●イザヤ書56-61章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=isa&chapter=56&mode=0
 ここから最後までは今までとまた違う、無名の預言者の手による部分です。便宜的に「第三イザヤ」と呼んでいますが、ここがさらにまた複数の作者によると考えられています。
 第二イザヤの時代はバビロン捕囚中でしたが、第三イザヤになるともうバビロン捕囚が終わり、場所もエルサレムに戻って、神殿再建中に書かれたと考えられます。
 バビロン捕囚を経てユダヤ人の生活習慣はユダヤ教という宗教の形に組み上げられました。そのことで、従来の偏狭な考え方がより洗練されました。たとえば56章では、神様のきめた律法を守るものはたとえ異邦人でも宦官でも救われるとありますが、本来は申23:2にあるように、去勢された男子は主の会衆に加わってはならないとされてきました。旧約聖書を見ると、アブラハムの昔からユダヤ教という宗教の形が確立していたような錯覚を覚えますが、実はユダヤ教はこの時代になってやっと確立したのです。
 この部分で第三イザヤは、神様の律法を守ることが大事であり、守らなければたとえ指導者でも罰せられる。今までイスラエルの民が苦難にあってきたのは律法を守らなかったからだ。今こそ散らされたものが帰還して諸国民が帰順するようになる、と希望をといています。

●エス・ギ8章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=esg&chapter=8&mode=0
 ヘブライ語版にはないエステルの祈りです。無断で王に近づくという命がけの行動の直前に、エステルは必死で祈っています。

[517] Re:お色気大賞 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/25(金) 10:00:14 ここから閲覧

 だんなが一週間楽しみにしていたTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」の「お色気大賞特集」は、ニュージーランドの地震のため自粛して延期だそうで、いま非常に残念がっております。
 昨日からとても暖かいので裸族としての私が冬眠から目覚め、家の中での全裸生活を始めましたので、「私の裸でも見て興奮して」と言ってるのですが、見慣れているんでぜんぜん興奮しないそうです。困ったものですわ。
 こんな面白いコーナーは笑福亭鶴光のオールナイトニッポンの「ミッドナイトストーリー」以来だとか。私もぎりぎりリアルタイムでそれ知ってます。小学生のころから深夜放送聞いてましたから。もちろん男女の営みのことなんか小学校2年生のころから知ってましたし。私も「聞いてはいけないものを聞く」スリルを覚えながらふとんの中でラジオにイヤホンつけて聞いてましたわ。
 でも鶴光さんにしても悠里さんにしても男性ですからね。いくら色っぽい声とはいえしょせんは男性の声じゃない? そんなのに興奮するのって聞いたら、そういえばそうだけど、でも女性の声より興奮するんだそうな。それが演技力ってことなのね。歌舞伎の女形がほんものの女性より色っぽいっていうのと同じかしら。
 70年代の深夜放送黄金時代の本が出ました。

セイ!ヤング&オールナイトニッポン70年代深夜放送伝説
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4594063365.html

 だんなが懐かしがっているので注文しちゃいましたわ。

 お色気大賞がとんでしまったので、あとは小島慶子さんのキラ☆キラの下ネタに期待することね。
 だんなをはじめいろんな人に言われるんですが、私のしゃべり方が小島慶子さんそっくりなんだそうです。さぞや小生意気なんでしょうね。
 そういえば下ネタ連発のTOKYO-MX「5時に夢中!」の水曜日木曜日は、都議会中継でとんでしまいました。だんなも私も残念がっております。
 あとは日曜日の「新婚さんいらっしゃい」に期待をかけましょうか。
 でもこうしてみると、昼間から下ネタをいう番組ってちょこちょこありますよね。日本は平和ですわ。もともと日本って性におおらかな文化だから、これが自然なんでしょう。

[516] Re:GIFファイルが表示できない 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/25(金) 03:02:49 ここから閲覧

 GIFファイルの表示に障害が出ると、パソコンを使ってきた人ならすぐにピーンと来ることでしょう。そう、GIFってけっこうお騒がせの画像形式なんです。
 もともとGIFはCompuserveというアメリカのパソコン通信での標準画像フォーマットでした。Compuserveというと、NIFTYを使ってた人はおなじみでしょう。NIFTYってもともとCompuserveの日本版といったところでしたから。
 GIFって画像の大きさのわりにバイト数が小さくなるし、透過表示っていって[481]の楽譜みたいに背景を透明にすることができるのでけっこう重宝します。
 ところがGIFはLZWという圧縮技術を用いていて、これの特許権をもっていたUNISYS社がひところ強硬に権利を主張して、有料の画像ソフトを制作する会社のみならず、フリーソフトの作者や、さらには一般のユーザにまでけっこう高額な使用料を請求する構えだったので、「GIFはおっかない」というのでみんな引いちゃったんですよね。
 画像ソフトで、GIFだけサポートしてないっていうのがちょこちょこあるのは、実はそういう理由です。たとえば真理子が使っているOCRソフト、eTypistもGIFはダメです。
 現在では米国でも日本でもUNISYS社の特許権は消滅したので、GIFを使っても使用料を請求される危険はありませんけど、一度こういうことがあったために、GIFをやめてPNGに乗り換える人が多かったんです。PNGも透過色が使えますから。
 でもPNGってGIFに比べて大きさ(バイト数のほう)が大きくなっちゃう。だいたい2割り増しくらいになっちゃいます。だから真理子はGIFを愛用していたんですけど、Androidでの表示に障害があるなら、もう使えないですね。
 インターネットって無料が原則だったからこれだけ広まったんで、使用料が必要なものなんて誰も使わないです。著作権だの特許権だのを主張するようなものって、結局広まらずに消えていくんですね。だから真理子は一切の著作権を主張しないんです。

[515] ヨブ記21-22章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/24(木) 14:35:53 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=21&mode=0
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=22&mode=0
 例によってリビングバイブルです。リビングバイブルのヨブ記は翻訳がさえてますから。
 切り方がうまくないですけど、ゾバル(ツォファル)に対するヨブの反論が21章。ここまでが論戦の第2ラウンドで、22章からは第3ラウンドになります。
 第3ラウンドになるとさすがに筆者も疲れてきたのか、それぞれの問答が短くなるばかりか、内容的に混乱があり、ぐちゃぐちゃしたところが出て来ますが、今回のところはまだ大丈夫です。
 友人たちの主張とはうらはらに、世の中には悪人が栄えている例が山ほどあるというのがヨブ21:7-13。実際そうですよね。正直ものはバカを見るから、私たち夫婦も不遇なのよね。そんなふうに、どんなにがんばっても報われないとき、こういう言葉は説得力がありますね。

[514] GIFファイルが表示できない 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/24(木) 14:12:47 ここから閲覧

 いろいろネットを検索してるんですけど誰もこのことを話題にしてないわね。
 アンドロイドのブラウザって、GIFファイルが表示できないんじゃないかしら。
 小さいサイズなら大丈夫なんですけど、大きなサイズのGIFだとまったく表示しないでしらんぷり。
 PNGやJPGやTIFFだと大丈夫なのよね。
 うちは、ばべるばいぶるを含め、いろいろな辞書を画像でアップして簡単な検索機能をつけてますけど、たいていGIFファイルだからみんなアウト。
 少しずつPNGなんかに作り変えなきゃね。
 作業自体は簡単なんですけど、量が多いからめんどくさいわ。

[513] 詩編30-32編、エス・ギ7章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/23(水) 10:35:03 ここから閲覧

●詩編30-32編
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=psa&chapter=30&mode=0
 どれも美しい詩ですね。32編は交読文にも入ってます。
 30編の「魂を陰府からひきあげ、墓に下る者のうちから、わたしを生き返らせてくださいました」っていうのは、実際には瀕死の重病から救われたってことでしょうけど、病気に限らず、いろいろなピンチにあって助かったときに読むと実感がわくと思います。

●エス・ギ7章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=esg&chapter=7&mode=0
 前半はヘブライ語版4章で、後半のモルデカイの祈りが付加部分。王妃とはいえ気軽に王のところに行けるわけではなく、呼ばれてもいないのに行ったら死刑すらありうるのですが、民族の危機を救うために命がけで王への直訴をしてほしいと、モルデカイはエステルをうながします。

[512] スマートフォン 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/22(火) 19:27:32 ここから閲覧

 auのスマートフォンIS03を衝動買いしてしまいました。
 最近スマートフォンを持っている人が多いので、WEBサイト運営者として、自分のつくるサイトが人様からどのように見えるのかが気がかりですから。
 今までimodeやezwebで見えなかった画像が見えるようになったのはいいんですけど、PDFは有料アプリをダウンロードしないとダメなのね。PDFなんてどんな環境でも無料で見られるのかと思ったらちゃっかりぼったくりをするのね。
 漢字はUnicodeに入ってるものなら全部OKみたいで、中国語の変な漢字も読めるし、ハングルもOK。でも入力がダメですね。とすると、ハングル入力パッドみたいなものを作ったほうが親切かしら?
 ギリシア語は古典アクセントつきがアウトでヘブライ語やアラビア語は案の定ダメね。

 それより何より、操作がぜんぜんうまくできない。電源を入れたら最初に画面のキーをスライドさせて鍵穴に入れなきゃダメなのね。これがわからなくて15分くらい悩んだわ。
 画面のスクロールの仕方は私の感覚と逆。
 私、ものすごくぶきっちょで、指も男性なみに太い(だからマニキュアの減りが早いのでめったに塗らない)から、変なキー押しちゃってぜんぜんうまく入力できない。慣れるのに時間がかかりそう。

[511] サムエル記上1-5章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/22(火) 13:25:13 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1sa&chapter=1&mode=0
 火曜日に読んでいる旧約聖書・歴史もの(ただしこれはキリスト教側の分類。ユダヤ教では一部を除いて「預言者(預言書)」になります)は、今日からサムエル記です。
 サムエル記は上下2つにわかれます。上下ではなく1・2という言い方もします。また、内容的には次の列王記上下(1・2)と連続しているところから、ギリシア語版(七十人訳)ではまとめて列王記1-4という書名になりました。ラテン語版(ヴルガタ)などでは両方の言い方を併記していることがあります。
 サムエルというのはサムエル記冒頭で生まれる預言者の名前ですが、サムエル記の実際の主人公は彼ではなく、イスラエルの初代王サウル、2代王ダビデの2人です。列王記のほうは次の王ソロモン、その後王国は南北に分裂し、それぞれの王国の最後までを扱います。
 子どもの生めないお母さんハンナのけんめいの祈りが神様にきかれ、生まれたのがサムエル。成長すると祭司エリのもとで祭司職になるのですが、エリの息子たちがいわゆるなまぐさ坊主たち、エリもなんだかんだ言いながら息子たちの不正をやめさせることができない。そのころイスラエルはペリシテと苦戦中で、起死回生をはかって神の契約の箱をかかげて戦うのですが、神様が怒っちゃってるので、エリも息子たちも死んでしまい、契約の箱まで奪われちゃう。ところが契約の箱を置いた町で疫病が発生するので、ペリシテ人たちは箱をもてあましちゃう……というのが5章までの内容です。
 サムエル記も列王記も、申命記的歴史観、つまり、「イスラエルの民が悪いことばかりしていたからイスラエルが弱かったのだ」という歴史観で書かれていますので、実際の歴史記録としては割り引いて読む必要があります。祭司職の不正なんていつの時代にもあることですし、イスラエルが弱かったのは単純に国力が弱かったからですけど、イスラエルの神様は全知全能、全世界を支配する唯一なるお方なのに、なんでイスラエルを守りきれなかったのかという矛盾を「民が罪を犯したから」でうまく説明しちゃうわけです。

[510] 創世記40-43章、エス・ギ6章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/21(月) 10:04:59 ここから閲覧

●創世記40-43章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=gen&chapter=40&mode=0
 無実の罪で獄につながれたヨセフは、同じく獄につながれていた給仕とコックの夢占いをし、給仕に「君が助かったら私を助けてくれ」と願います。ところが給仕はそれを忘れてしまい、2年後にやっと救出されます。もちろんこれは、そうでなきゃ後の話がはじまらないわけで、お約束の展開ですね。で、王の夢を占って飢饉が来るのを予言したヨセフは、全権を委任され、飢饉にそなえて食料を備蓄、実際に飢饉がやってきてもエジプトは大丈夫で、周辺諸国民に穀物を売る余裕すらできました。
 そしてヨセフの兄さんたちも穀物を買いにやってくるのですが、この後の展開は、私が見るに、ヨセフがねちねちと兄さんたちに復讐しているようにしか読めません。そういうことなんですよね?

●エス・ギ6章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=esg&chapter=6&mode=0
 7節まではギリシア語版の付加部分で、新共同訳ではB章となります。つまり、ハマンの作ったおふれの文章がギリシア語版には掲載されているというわけですね。

[509] 林芙美子の浮雲 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/20(日) 14:03:42 ここから閲覧

 最近ほんとうに小説が読めなくなりました。忙しくてせっかちなものだから、ついつい飛ばし読みをしちゃう。そうするともうダメ。小説の世界に入れない。
 そこで「ラジオ文芸館」(NHKラジオ第一 土22:15-22:55)だの「新日曜名作座」(NHKラジオ第一 日22;15-22:45)だの「青春アドベンチャー」(NHK-FM 月-金22:45-23:00)だの「FMシアター」(NHK-FM 土22:00-22:50)だのを楽しみにしてます。朗読だったら飛ばし読みできないし、家事をしながら聴けるから。
 その中で「朗読の時間」(NHKラジオ第二 月-金10:45-11:00)という、番組ホームページすらないうちひしがれた番組で、いまやってる林芙美子『浮雲』にハマってます。
 『浮雲』って、二葉亭四迷の小説以外にもあったのねっていう認識しかありませんでしたけど、これ面白いわ。戦争中の仏印や戦後の東京その他を舞台にした恋愛小説、いえ不倫小説ね。
 登場人物がみんな情慾のかたまりって感じ。
 女主人公・ゆき子はよっぽど女の魅力があるのか、行く先々で男からいたずらされたり誘惑されたり、でもまんざらいやでもなく、だんだんと、男を手玉にとるわ平気で他人の荷物を売り払うわと、戦後をたくましく行きぬいていく。
 男主人公・富岡も、やっぱり行く先々で女を作っちゃう。
 いま、中ほどあたりの伊香保温泉のシーンなんですけど、ゆき子と半ば駆け落ちのような旅をしてくる富岡が、温泉で知り合った女とほとんど浮気寸前まで行っちゃいますからね。すごいわ。
 1951(昭和26)年の作ですから露骨な性描写なんかありませんけど、抑制された表現の一つ一つがとてもなまめかしくて、中途半端なエロ小説やレディコミなんかよりすごいです。仕事をほうりだして聞き入っちゃいます。みんなMP3で録音してますがこれは永久保存ね。
 ついでに原作と、成瀬巳喜男監督の映画のDVDまで買っちゃった。これ、日本映画史上に残る傑作なんですってね。映画は途中まで見ました(朗読が終わったところまで)けど、これもとっても味があっていいわ。白黒だけに余計、戦後の雰囲気が出ています。
 ついでにこんなサイトも紹介いたします。
http://homepage2.nifty.com/cineyoso/ukigumo.htm (キネマ洋装店)

[508] 1コリ3-4章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/20(日) 13:58:41 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=1co&chapter=3&mode=0
 パウロもたまにはいいことを言うのね。アンチ・パウロの私もここは気に入っているところです。
 いっしょうけんめいがんばってるのに人から不当なしうちを受けることって、よくありますよね。そういうときにはここを読んでなぐさめにするんです。
 私も自己分析するにかなりとげとげしい性格で、しょっちゅう人とケンカするんですけど、それは私が肉食系、いえ、肉の人だからなのでしょう。
 それでも私は神様のおぼしめしで、このように聖書サイトを運営したり、だんなと結婚したり、いろいろな仕事をしてきたんです。
 人から故なくいじめられることもあるんですが、これも神の試練と思い、なんら意に介しません。最後にさばいてくれるのは神様です。

[507] マタイ26-28章、エス・ギ5章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/19(土) 11:20:11 ここから閲覧

●マタイ26-28章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=mat&chapter=26&mode=0
 いよいよマタイの大詰。イエス様の受難と復活の場面です。
 非常に劇的な場面で、バッハのマタイ受難曲をはじめいろいろな芸術作品でおなじみですけど、そういうものをみて不用意に扇動されてしまうことのないようにしましょう。くれぐれも、イエス様を十字架につけたユダヤ人は憎らしいなんて思っちゃいけません。イエス様の受難と復活は予定されていたことです。受難がなければキリスト教なんて影も形もないじゃありませんか。受難の場面が悲惨であればあるほど復活が輝かしいものになるのです。

●エス・ギ5章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=isa&chapter=51&mode=0
 ヘブライ語版エステル記の3章になります。王に重用されていたハマンにモルデカイがひざまずくことをしなかったこと、しかもそれが、ユダヤ人の習慣によるものだ(人にひざまずくのは偶像崇拝になるってことなんでしょうか)というので、ハマンはユダヤ人の全滅をはかります。

[506] キリスト教書古書バザール 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/18(金) 14:31:17 ここから閲覧

第39回キリスト教書古書バザール
2月21日(月)12:00-19:30、22日(火)10:00-17:30
日本キリスト教会館・1階ロビー(新宿区西早稲田2-3-18-31)

これけっこう掘り出し物がありますんで、平日昼間でも大丈夫という方はのぞいてみるといいですわよ。

[505] お色気大賞 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/18(金) 14:24:48 ここから閲覧

 今週からシフトの変更でだんなが朝から家でうろうろしているんですが、朝9時ごろ洗い物をしながら私が聞いていたラジオの内容にびっくりしてました。朝からラジオでこんなことやってるのかって。いえ、TBSラジオの「大沢悠里のゆうゆうワイド」の名物コーナー「お色気大賞」(毎週金曜日の9時台と12時台にやってる)のことです。だんなってタクシー運転手のくせにぜんぜんラジオ聞かないんですよ。CDやFMの番組をMP3にしてMP3プレーヤーで聞いてはいるけど、AMをだらだら聞くっていう習慣がないみたい。
 今日の内容は、恐山の大祭に行って死んだお父さんの霊を呼び出してもらって「夫婦和合、仲良く生きろ」とか言われて涙した話がけっこう長々と続いたんで、エッチな話はどうなったんだろうと思ってたら、後半でホントにひさびさに夫婦和合しちゃったという話になりました。もっとも奥さんが抵抗したんでなえちゃってうまくいかなかったらしいですけど。
 リスナーからのこういう投稿をたくみな話術でおもしろおかしく言うんです。下ネタをこれだけさわやかに楽しく話せるっていうのは大沢悠里さんうまいですよね。
 「昼の12時からアンコールで過去の傑作の再放送をするわよ」と言うと、12時になったらラジオの前に立ってしっかり聞いてました。来週金曜日はお色気大賞特集らしく時間帯を拡大してやるみたいで、楽しみにするんだそうです。
 「これ、過去の放送が本やカセットでいくつも出てるし、CDも2枚組で3巻出てるわよ。買う?」と聞いたら、さすがにそこまではいいと言ってましたけどね。
 「ついでに1時からの小島慶子さんのキラキラっていうのも聞いてごらん? たぶん過激な下ネタを言うわよ」と教えてあげました。予想を裏切らず性教育談義から始まってくれましたね。小島慶子さんは年が私と近いし、考え方が似ているんで、ちょくちょく聞いております。ただ、男性はこの人嫌いっていう人が多いかもしれませんわね。
 最近はラジオ聞かない人が多くなったみたいですけど、ぜひラジオのほうも聞いてみてくださいませ。 

[504] イザヤ書51-55章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/18(金) 07:25:32 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=isa&chapter=51&mode=0
 イザヤ書の中で一番有名な部分です。日本基督教団の交読文にも2箇所(53章が39番、55章が40番)とられています。
 通称「苦難の僕」と呼ばれる53章が、昔からイエス様の受難を予言した部分とされています。もちろん本来はそんなことはないでしょう。正直者がバカを見るなんてことはいつの世にもあります。そのような苦労する正直者、しかも他人の罪を背負って犠牲になる人の姿を描いているのでしょう。だから別にイエス様のことだと思う必要はなく、たとえばあなたが、同僚のミスを背負って不利な立場におかれたときに、「自分のことを詠んでるんだな」というなぐさめとして読んだっていいんです。そしてキリスト教徒にとって、他人の罪を背負って犠牲になった人の代表がイエス様なので、イエス様のことをしのびながらここを読んでいるわけです。
 ここで第二イザヤ(41-55章)が終わりになり、次からは実は別の時代の別の作者による部分「第三イザヤ」になります。

[503] 民族という病 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/17(木) 19:57:31 ここから閲覧

 こんなことを書くなんて真理子は左翼かですって? 私、ふだんは人から発言が曾野綾子さんなみに右翼的と言われるんですけど。大学生時代に社会主義国がだだだだっと無くなってしまい、自民党の支配の終わりを経験した真理子には、右だの左だのという構図は意味を成しませんのよ。性と民族と宗教の話をするときは過激なまでにリベラルになってしまうってことです。
 私、民族って究極的には実在しないと思ってます。みんなが民族だと思っているものは、一つの地域文化を共有する人々の集団という程度のものでしかなく、どこまでが一つの民族でありどこからが別の民族かを判断する客観的な根拠はなく、状況によって広がったり狭まったりするふわふわしたものだと思っています。
 それはちょうど、世界にはいくつの言語があるかが誰にもわからない。それは、たとえば広東語を中国語の一方言とみなすか別言語とみなすかという基準がないので誰にも数えられない、というのと同じです。
 ルワンダ紛争のフツ族とツチ族みたいに、外見的にはまるっきり違いのない人たちが、状況によって徹底的に殺し合いをしたりする。
 どこまでが一つの民族かっていうのは宗教みたいなもので、同じような地域文化と同じような価値観を共有できるグループというところ。
 だとすれば、宗教において神仏混淆を主張する真理子は、当然のことながら民族においても混淆しちゃいなさいと思うわけですね。
 いろんな民族どうしで結婚して子どもを作ってどんどん同化しちゃえばいいし、他民族の生活習慣をとりいれたっていい。
 ユダヤ人だからこういう生き方をしなければいけないとか、朝鮮人だからこういう生き方をしなければいけないなんていう考え方を、猛烈に憎むわけです。
 エステル記のところで書いたように、在日が通名を名乗ろうが本名を名乗ろうが自由なんですよ。
 でもこんな当たり前のことが、なかなか理解されない。
 今ではさすがにこんなことないでしょうけど、むかし私が朝鮮語を勉強したときって、日本人が朝鮮人ふうの名前を名乗ることがタブーでした。逆創氏改名みたいで不謹慎だっていうんです。ネットで朝鮮人ふうのハンドルネームを名乗ったら、猛烈にたたかれましたもの。でも外国語の会話練習のときって、JohnとかMaryとか、その言語の名前を名乗ったりしませんか?
 私、韓国で買い物するとき、韓国人っぽい名前を名乗ることがあります。キム・ヨンミとか。私の旧姓はハングルだと5文字になり(ひらがなでも5文字ですけど)、韓国人には絶対に一発で覚えてもらえないんで、レストランを予約するときとか、メガネを作ったり写真をプリントしたりというときは、とりあえず韓国人っぽい名前を言ったりしますもの。KBSの国際放送「ラジオ韓国」の日本語スタッフだって、ラッコさんとかアラレさんとかいうニックネームを名乗ってました。でないと韓国人の名前って日本人にはみんな同じように聞こえて覚えられないから。こんなことだってふつうにやればいいじゃないですか。
 名前に限らず、民族のいろいろな生活習慣を、守りたければ守るし、やめたければやめたっていいんです。
 言葉だって捨てたっていいじゃないですか。
 鈴木孝夫さんの『閉された言語・日本語の世界』の最初のほうに、「日本語を捨てる日本人」ていう、外国で生活している日本人がたやすく日本語を捨ててしまうっていうことを批判した章があります。ポーランド語を命がけで守ったポーランド人にくらべてなんと自国語を粗末に扱っているかという批判ですね。でも、満州語とか、エトルリア語みたいに、なくなっちゃった言語っていっぱいあると思うんですけど。こういう「母語を守らなきゃいけない」みたいな正義のおしつけにも、私はむかむかするんです。

[502] 北方領土・つづき 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/17(木) 18:54:12 ここから閲覧

 解決しないまま70年近くたってしまった今は、ちょっと発想を転換したらどうかしら。
 名を捨てて実をとるんですよ。
 領有権はロシアにあげちゃいなさい。インフラの整備とか多民族の統治とか領土の防衛とかめんどうなことは全部ロシアにさせちゃえばいいんです。そして日本は経済的に進出すればいい。住みたい人は住めばいい。観光したい人はすればいい。
 今のままでは日本人は行きたくても行けないじゃないですか。ロシアのビザを取って行くのはロシアの領土だって認めることになるからダメっていうんで、このままじゃいつまでたっても観光旅行できない。私、腰が曲がらないうちに観光旅行してみたいんですよ。サハリンやウラジオは行ったんだけど、ぜひクナシリ、エトロフにも行ってみたいわ。
 このほうが、元島民だって行きたい時に墓参りできるし、住みたい人は住むことができる。商売したい人は商売すればいいんです。日本の領土にならなければ日本人は住めないなんて心のどこかで思ってるんじゃありませんの? そういう日本人の単一民族国家意識が私には猛烈にうざったい。
 その昔は千島樺太交換条約とかいって、ホントは樺太もほしいんだけど、無理をしないでとりあえず千島だけ確保したみたいなことをしたわけですが、あのころの日本人のほうが今よりはるかにオトナで、生存能力があった気がします。樺太が南半分を含めて全部ロシアだった時代から、日本人は樺太に出稼ぎに行ってたじゃないですか。さっさと北方領土はロシアのものと認めちゃって、名を捨てて実をとって、経済的に支配しちゃえばいいじゃないですか。ハワイみたいに半分日本のものみたいな島にしちゃえばいいんです。あ、でも今の日本の貧しい経済力じゃそれも無理かしらね。しょせん日本は四流国よ。

[501] 北方領土 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/17(木) 13:58:21 ここから閲覧

 エステルの話、在日の話をする前に、忘れないうちに書いておくわ。
 先週2/7が北方領土の日だったんだそうで、2/10の「5時に夢中!」では中瀬ゆかりさんや岩井志麻子さんがコメントしてましたが、「不法な占拠をしているのはロシアなんだからまず返せ」(中瀬)とか「ロシアはあんなに大きな国なのにこんなちっぽけな島にこだわって」(岩井)とか、あきれたコメントでしたね。この二人は頭のいい女だと思っていたのにこんなにバカだとは思いませんでした。
 いや、何がいけないかって、この二人に人間の顔が見えてないのがものすごく腹がたつわけです。週刊新潮なんていう人間が見えないくだらない雑誌を編集してると人間が見えなくなっちゃうのね。それとも週刊新潮はお立場上「北方領土を返せ」と言わなきゃいけないのかしら。
 ベトナム人男性に恋した経験があり今は韓国人と結婚している岩井さんは少しは外国人の顔が見えてるのかと思ったらそうでもないのね。
 普通の日本人で北方領土が戻ってくるなんて思っている人はまずいないと思うし、戻ってきてうれしいと思う人もいないと思いますけど、もしここを読んでいるあなたが「北方領土を返せ」なんて思っているといけないので、念のために書いておくわ。

 北方領土が竹島や尖閣と違うのは、そこに多くの人が住んでいるということ。そして沖縄と違うのは、そこに住んでいる人が日本人ではなく、いま実効支配をしている国の民だということです。
 私が中瀬さんや岩井さんに怒っているのは、いま北方領土に住んでいる人の顔が見えてないことに対してです。
 「北方領土を返せ」? ああそうですか。じゃ、今住んでいる人はどうするんですか。中瀬さん、あなたはどういう顔をして、いま生活をしている人に出て行けと言うんですか?
 「そもそもロシアの占拠が不法だった」ですって? そんな、主権国家どうしの戦争に合法も不法もないじゃありませんか。最終的には強いものが勝つんです。今の世界の国境なんてそうやって決まったんです。そんなこともわからないんですか。
 百歩譲ってロシアの占拠が不法だったとしましょう。不法に占拠して、日本人を不法に追い出した。じゃ、こんどは日本人が不法にロシア人を追い出す番だっていうんですか?
 え、ロシア人は出て行けとまでは言ってないですって? バカ言っちゃいけませんわ。日本に戻ったら、66年前に追い出された日本人がおしかけて、「お前が住んでいるこの土地と家は、むかしうちのおじいちゃんが住んでいた家だ。さっさと出て行け」なんていう話があちこち発生するに決まってるじゃないですか。
 ちょうどイスラエルがやったようなことよね。
 「こんなちっぽけな島にこだわって」ですって? クナシリやエトロフに生まれ育ったロシア人にとっては、そのちっぽけな島こそかけがえのない故郷なんですよ。だだっ広いロシアのどこにも帰るところなんかないんです。
 いま住んでいるロシア人の生活を保障するプランを示すことなく、ただ返せ返せとしか言えないあたりに、日本人の他民族に対する鈍感さを感じます。
 もし北方領土が戻るチャンスがあったとすれば、1990年あたりだったかしら。ソ連崩壊直前、日本はまだバブル景気。そういうときに「日本になったらこんなにいいくらしができますよ。いま住んでるロシア人の生活は保障しますよ」というプランを示せば、まだなんとかなったかもしれない。
 でももう無理ね。日本は景気悪いし、日本に来てるロシア人見てるとお金持ち多いですからね。ロシアのほうがまだ幸せに暮らせるんじゃないかしら。もう日本は三等国よ。就職もなく給料も安い貧しい日本になんかにならないほうがいいわ。
 そして日本はまだ、単一民族国家幻想を抱いてる。さまざまな異民族を統治する技術なんかない。多民族国家ロシアのほうがずっと経験が豊富よ。
 北方領土を返せっていう前にさ、はたして日本がみんなにあこがれてもらえるような国なのかっていうことを振り返るがいいわ。私はこんな貧しい(経済的に貧しいのもさることながら、精神的に、そして国際感覚が貧しい)日本になんのほこりも持てないもの。日本になったら不幸よ。ロシアのままでいなさい。メドベージェフさんがんばってね。絶対に日本に北方領土を返しちゃダメよ。北方領土に住むロシアの人たちの幸せを守ってね。

[500] ヨブ記19-20章、エス・ギ4章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/17(木) 12:19:14 ここから閲覧

●ヨブ記19-20章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=19&mode=0
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=libj&book=job&chapter=20&mode=0
 区切りが悪いですけど、ビルダデへの反論(19章)と、ゾバル(ツォファル)の第二ラウンドの演説。
 例によって、口語訳も新共同訳も新改訳も訳文が面白くないので、リビングバイブルのリンクを書きました。こうやってURLで直接リンクすると、修道会以外の方も見られます。
 要約しちゃうと、私は何も悪くないのに神様からいじめられたというヨブに、罪びとの末路は破滅だと説く友人、という相変わらずの内容です。
 でもヨブは、根底のところで神を信頼しているので、反論は神様への恨みでおわるのではなく、最後は神をたたえて終わります。今までもそういうところがありましたが、今日のところではヨブ19:25-27。「私は知っている。私をあがなう方は生きておられる」というのは、ヨブ記の中でも一番有名なことばです。生きているうちは苦しめられても、死後のさばきでは救われると確信しているのです。

●エス・ギ4章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=esg&chapter=4&mode=0
 ヘブライ語版エステル記の2章とまるっきり同じ。
 アハシュエロス(ギリシア語版ではアルタクセルクセス。ヘブライ語版ではクセルクセス)王の宴会を王妃ワシテ(ワシュティ)がすっぽかした事件のあと、新たに王妃になったのは、エステルという美しいユダヤ人。いとこのモルデカイとともにペルシアの首都スサに住んでいました。
 宦官たちの王の暗殺計画をモルデカイが通報した話は以前出て来ましたね。当ばべるばいぶるの章番号では2章、新共同訳の章番号ではA章です。ギリシア語版エステル記は、ヘブライ語版エステル記だけでは外国人にわかりにくいと思われる部分を付加しているのですが、ここは余計な付加という感じです。ただ、2章(A章)のほうでは、この暗殺計画はモルデカイとぜんぜん関係なく、たまたまモルデカイが耳にしたということでしたが、こちら4章(2章)では、モルデカイの重用がきっかけとなった恨みでこの暗殺計画が生まれたということになってます。
 ところで、エステルとモルデカイがどうしてスサにいたのかというと、前王朝の新バビロニアによるバビロン捕囚でつれてこられ、解放されても戻らずに住み続けたんですね。エステルという名はペルシア語名で、ホントの名前はハダッサ(7節)。そしてユダヤ人であることを隠して生きてきました。このあたり、まるで在日朝鮮人ですね。
 60年も異国にいると、そこに生活の根がおりちゃって、いまさら帰るに帰れない。ユダヤ人だとわかると迫害される可能性もあるし、たとえそれがなくても、異国にいれば自然と異国の習慣で生きるようになり、異国の名前を名乗っちゃうっていうのは、きわめて自然ですからね。だんながよく言ってますけど、渡辺さんとか木村さんとか日本人の名前でタクシーのオーダーが入ったので迎えに行ったら、カタコトの日本語でしゃべる外国人だったなんてことはよくあるそうです。それは別にウソをついてるわけじゃなく、そういう名前で生活してるんでしょうね。電話で外国名を名乗ってもうまく聞き取ってくれないので、日本名を名乗るほうがラクなんです。
 日本名を名乗って生活している在日に「本名を名乗るべきだ」と強要する人っています。しかもそれ在日の地位向上のためだと信じて強要するんですから始末におえませんが、そんなの、本名を名乗ろうが通名を名乗ろうが、その人が便利だと思うほうの名を名乗らせてあげりゃいいと思うんですけどね。
 「エステルってペルシア語名だったの? ユダヤの名前を名乗らないなんて、熱心なユダヤ教徒じゃないのでは?」なんて思った人、あなたもあやういですよ。正義を人に強要するのはやめましょう。
 長くなるのでこの話はあらためてまとめましょうか。

[499] 詩編27-29編 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/16(水) 11:11:06 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=psa&chapter=27&mode=0
 3編とも勇気を与えてくれる祈りの詩。日本基督教団の交読文には27、29編が入っています(8、9)。
 詩編というのは祈りにぴったりのようでいて、現代人の感覚だといまいちなじめない。敵をやっつけてくれみたいな復讐心をあおるものが多いですから。その点、この3編はそういう復讐心が希薄なので、素直に読むことができます。

[498] ルツ記、エス・ギ3章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/15(火) 07:09:52 ここから閲覧

●ルツ記
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=rut&chapter=1&mode=0
 キリスト教側の旧約聖書では士師記の次にルツ記という非常に短い文書が来ます。4章しかないので今日一日で読み終えてしまいます。
 ユダヤ教ではルツ記・雅歌・コヘレト・哀歌・エステル記の5つをメギロート(巻物)と呼び、特定の祭日で読むための本としています。ルツ記が読まれるのは七週祭(シャブオト)という収穫感謝祭、後にキリスト教ではペンテコステになるお祭りですね。今年のペンテコステはすごく遅くて6/12ですが、だいたい5月中旬から6月上旬に来ます。麦の収穫時期がこのころになるんですね。

 私はよく、ユダヤ教を理解するのに「日本がアメリカなりどこなりと戦争をして廃墟になっちゃったとき、アメリカに移民していた日本人社会が、生き残ったオレたちが日本の文化を守ろうじゃないかと、古事記だの万葉集だのの古典や各地の神社に残る祝詞なんかを寄せ集めて聖書を作り、教義と祭祀のシステムを作りあげて日本教という宗教を作っちゃったみたいなものよ」なんて言ってます。イスラエル近辺の地名はいまいちなじみがうすいので、日本になぞらえるとわかりやすいんじゃないでしょうか。
 そういう読み方でいけば、ルツ記は、「東北の飢饉で食い詰めた一家が満州に移住し、中国人の娘を嫁にもらった。戦争でご主人と息子が死に、敗戦後に奥さんが引き揚げるときに、嫁まで一緒について来ちゃった。嫁は日本で鉄くず拾いをしながらなんとか生きていくうち、未婚の若い実業家と知り合い、そいつの工場で働かせてもらううちにお手がついちゃって、見事に社長夫人となり、生んだ子どもが家業をつぎ、孫は政界に出て首相にまでなっちゃった」みたいな話でしょうか。
 そういえば、ワタミの渡辺美樹ってホントに都知事選に出馬するんですね。ぶつぶつ。ま、東京都のことなんかどうでもいいんですけど。
 ルツはモアブ人。モアブ人ってパレスチナの南東、死海の東側にいた民族。その南がエドム人です。モアブ人って何かにつけてイスラエルと対立しますけど、実はダビデのおばあさんはモアブ人であり、イエス様のご先祖にはモアブ人もいたっていう話ですね。
 ナオミ/ナホミって今ではすっかり日本人の名前として定着してますけど、もともと日本にはこんな名前はなく、谷崎潤一郎が『痴人の愛』の主人公の名前をナオミとして以来、この名前がはやったんだということみたいです。
●エス・ギ3章
http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=esg&chapter=3&mode=0
「真理子のおまけ」に対応関係を明記したように、ヘブライ語版エステル記の第1章そのまんまです。アハシュエロス(クセルクセス1世。ギリシア語版のアルタクセルクセスっていうのは間違い)の生意気な王妃ワシテが宴会をすっぽかすという事件を起こします。

[497] 雪の日は早く帰りましょう 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/14(月) 22:13:08 ここから閲覧

 今日はだんながタクシー乗務の日で、ホントなら最低でも終電までは客を乗せて、帰ってくるのは深夜4時くらいのはずなんですが、雪で運転ができなくなったと言って午後10時に戻って来ました。雪国の方はなんと軟弱なとお思いでしょうが、横浜では雪が積もったらみんな運転なんかできないです。「会社がケチだから後輪にしかスタッドレスタイヤをはかせてくれないし、チェーンも積んでない。ちょっと積もっただけでハンドルが言うこときかないよ。いまは総量規制で減車してるから、事故起こしたらもうクビ。どんなに駅にお客さんが並んでても、みんな見捨てて事務所に逃げ帰ってきてるし、『こんなに早く帰ってきやがって、もっと仕事してこい』なんて事務所も絶対に言わない。そもそも無線の仕事を全部断ってる」とかいろいろ言ってます。登山と同じで、引き返す勇気が必要ってことね。
 そんなわけで、東京や横浜では雪の日のタクシーなんてあてになりませんから、雲行きが怪しくなったらさっさと帰ることですよ。みなさん。
 思いもかけずだんなと二人の時間ができたので、これからじっくり楽しもうと思います。掲示板ではエロ話は慎みますので以下省略します。ではみなさん、雪にご注意くださいませ。

[496] 創世記36-39章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/14(月) 06:19:47 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&bible1=link&book=gen&chapter=36&mode=0
 ここから(正確には37章から)ヨセフが物語の中心になります。兄たちからうらまれ、殺されかかり、エジプトに売られても無実の罪で投獄されたり、さんざんですけど、ヨセフも脳天気に夢の話を言ったりするなど、けっこう空気読めないやつですよね。
 ヨセフの話は来週またするとして、今回は物語のわき道としての36章、38章の話を書きましょうか。
 36章、エサウの子孫がエドム人なんですが、エドム人はユダヤ人やアラブ人と同化したので今はいません。パレスチナの南東、死海の東側にモアブ人がいましたが([435])、さらにその南側にいたらしいです。
 で、エサウの息子にエリパズという人がいまして(創36:10)、この名前に聞き及びはありませんか? そう、ヨブ記でヨブと論争する3人の筆頭人物ですね。たしか、テマン人エリパズって言ってましたよね。エリパズの息子にテマン(創36:11)という人物がいるんです。ヨブ記って実はユダヤ社会の話じゃなく、周辺地域の話なんですね。こうやってみると、創世記にときどき挿入される無味乾燥な系図も、いろいろなところで読解に役立つってことですね。
 38章、オナンの話といいタマルの話といい、未成年には刺激が強いかしら? 旧約聖書、とくに創世記は、刺激の強い話が出て来ますので、お子様は不用意に読まないほうがいいかもしれませんわ。実際、昔の厳格なクリスチャンの家では、子どもに聖書を不用意に読ませないところも多かったみたいですよ。
 うちも子どもがほしいのでオナンのような行為は厳禁よ。あ、この掲示板ではエッチな話はつつしまなきゃ。エッチな話を読みたい人は、真理子日曜学校の「真理子の生活と意見」を読んでね。最近またエロ話を追加しちゃいましたわ。
 さて、タマルががんばって生んだ子が双子で、ベレツとゼラ。昔の日本では、双子は先に出てきたほうを弟としたということもあったみたいですが、一応ここでは先に手だけ出したゼラがお兄さん。でも、「ベレツとゼラ」みたいに、二人を呼ぶときには弟のほうを先にいうみたいですね(マタ1:3)。マタイ冒頭のイエス様の長々とした系図に出てくるでしょ? 娼婦のまねごとをしたタマルはイエス様のご先祖なんですよ。イエス様は弟ベレツのほうの系統です。

[495] エス・ギ2章 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/13(日) 13:05:22 ここから閲覧

http://www.babelbible.net/bible/bible.cgi?bible0=col&book=esg&chapter=2&mode=0
 新共同訳ではA章、つまり付加部分の続きです。前回の1章の話をしていなかったので、まとめてしちゃいます。
 時代はペルシア帝国の王アハシュエロスの治世の第2年。
 さて、このアハシュエロスっていったい誰なのかってことですね。
 ペルシアの王様は、クロス(キロス)-カンビセス-ダリオス(ダレイオス)1世-クセルクセス1世-アルタクセルクセス1世……と続きます。
 で、実はアハシュエロスって、クセルクセス1世(前486-465)のヘブライ語表記です。
 ところが、ここからがややこしいんですが、ギリシア人たちはこれを、次のアルタクセルクセス1世のことと誤解しちゃうんですね。アで始まるせいかしら。
 「エステル記・ギリシア語」は、簡単にいえば「ヘブライ語版エステル記」+「ギリシア人向け解説」という構成になっていますが、その解説で間違えちゃしょうがないですね。
 新共同訳のエス・ギはその間違ったギリシア語表記に基づいて「アルタクセルクセス」と訳していますが、真理子のおまけのほうは、クセルクセスと書くのもはばかられるのでアハシュエロスとごまかしました。真理子のおまけの固有名詞表記は、できるかぎり口語訳聖書にあわせるという方針でもありますから。
 もう前々代の初代王クロス(キロス)のときにユダヤ人はバビロン捕囚から解放されますが、60年も異国にいると、そこに生活手段ができてしまって、パレスチナに戻らず、バビロンなりスサなり、ペルシアの版図に残ることを選択したユダヤ人も多いんですね。
 在日韓国人だって、日本に移住したのは植民地時代で、いまさら本国には戻れないんですから、「韓国に帰れ」なんて絶対に言っちゃダメですよ。
 だんなは、私と結婚して今は本籍が現住所の横浜ですけど、もとは北海道。でも北海道には戻る家なんかないです。
 そんなわけで「在ペルシア・ユダヤ人」となった人々の中に、ベニヤミン族に属するモルデカイ、エステルという兄妹がいまして、それがこの話の主人公。
 付加部分A(当ばべるばいぶるでは第1・2章)にはまだエステルが出てきませんが、このモルデカイが不気味な夢を見た話が第1章、そして王の暗殺計画をチクってその功績が記録されたという話が第2章です。この話はその後の伏線になりますので覚えておきましょう。